小野寺光一国際評論家の「政治経済の真実」ブログ

わかりやすい!面白い!得をする!小野寺光一ブログ!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

この記事について

<政治団体は、法律上、代表の名前でしか不動産登録できない>

○ 政治団体や政治資金管理団体(小沢氏の陸山会)は、法律的には、
権利能力のない団体である。
○ そのため、陸山会という名前で、このマンションを所有していると
いう「所有権」を
登記できない。(法律上)

○同様に、政治団体の名義では、お金を借りられない。

○つまり現行政治資金規正法等では、マンションなどを所有する場合は、
その代表者名義で登記することになる。

<政治団体所有であるが、実務上、個人名義で登記することに決められている>
つまり、個人資産ではないけれど、個人名義で登記しなくてはいけないというわ
けだ。

<たとえ話>
たとえ話でいえば、テニス部の代表でたとえてみたい。

あなたは部長である。

部員から、会費を集めている。テニス部としての資金を

銀行に預けたり、借りなくてはいけない場合、
「テニス部」名義だけでは銀行口座も
開けない。三菱銀行にいって、テニス部で口座を開こうと思っても、開けない。

代表のあなたの名前で、開くことになる。

テニス部として部室(=マンション)をもった。
これは、みんながテニスをする目的で使うものだ。

しかし、その部室(=マンション)はテニス部(=睦山会)のものだとして学校
に登録(登記)しておかなくてはいけない。

その場合、規則上、「テニス部」(=睦山会)ではなく部長のあなたの名前
で登録しておいてくださいというようになっているというわけだ。
単にそれだけである。

<団体のものを個人名義で登録(登記)しなければいけない点を知っていて悪用
した
悪質な記事>

ところが、この記事では、その個人名義で登録(登記)しなければいけない点を
うまく使って、でっちあげられている。

<テニス部所有のものに名義を代わりに登録していると、隠し資産呼ばわり>

つまりテニス部(陸山会)所有のものを、あなたが部長として名義を登録して
いるわけだが、
それを、大々的に、「○○君の「隠し資産」を暴く!」調査報道スクープ!と
学級新聞(週刊現代)に書かれる。

記事に書かれたこと「なぜこれほど多くの部室(マンション)を買ったのだろう
か?」
→ 実際には、事務所、秘書の宿舎、資料の保管場所などに使っているとのこと
である。そして、国際交流の財団に貸し出している。
国際交流の留学生をマンションに宿泊させてあげることもあるとのことであった

ジョン万次郎の会(国際交流の財団)
http://www.manjiro.or.jp/menu.htm

「登録簿(=登記簿)によると、○○君(=小沢氏)がこの部室(=マンション

の一室を購入したのは、01年のこと。
なぜ○○君(=小沢氏)は、このような手狭な部室を買ったのだろうか?
しかもこの部室は、○○君(=小沢氏)名義であるのにもかかわらず、
○○君(=小沢氏)が学校に提出した「個人の資産報告書」に記載されていない
のだ。

<でっちあげの記事>
→これは、テニス部(=政治資金団体)が、もっている部室(=マンション)を
登録する際に、テニス部(=政治資金団体)の所有であるにもかかわらず、
登録(=登記)上は、その代表部長(=小沢氏)の名前で登録(=登記)
しなくてはならないことを

知っていて、「個人資産として記載していないのはおかしい」と言っている、
でっちあげの記事である。

こんなでたらめの記事を書けと指示して、情けないと思わないのか?
ゴーストライターの亡国のイージ○は?
以下、引き続く。

この部室は、○○君の隠し資産と疑われても仕方ないのではないか?
資産形成が目的ではないのか と書いてある。
驚くべきことだが、調査の結果、判明したのは、テニス部(陸山会)の所有とさ
れる資産は、登記簿上、すべて○○君(小沢氏)の名義だったのだ。

→これはねじまげて事実を書いてある典型である。
まさしく、最悪の種類のでっちあげの記事だとわかる。



<念のため登記の定義>
ちなみに、登記とは、私法(=個人の権利・義務など私人間の生活上の法律関係
を規律する法の総称。民法・商法など。)上の
権利に関する一定の事項を第三者に示すため、登記簿に記載すること。権利の保
護、取引の安全のために行われる。

<根も葉もない記事>
とにかく このばかばかしい記事は、
でたらめもいいところである。

しかも強引に、「実は誰よりも自民党的だ」
とか「田中角栄氏の手法を継承した」としか思えないとか
信濃川河川敷の土地取引をめぐる田中氏の疑惑まで出している。

<信濃川河川敷の土地取引は無実>
これは実際には、無実であった。韓国の諜報機関のKCIAの資料をもとに
週刊文春に田中角栄金脈研究などを書いていた立花隆が問題にしたのが
きっかけであったが、実際には、「田中角栄無実」であったという有名な
でっちあげねつぞう事件である。
参考ホームページ
<信濃川河川敷について>
http://www.yokosuka.jp/knt/tpc/a/tpc-a0101.htm
われわれは以前、この韓国のスパイの手先だった
立花隆の言うことの方を信じてしまったのだ。

<立花隆写真>
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%CE%A9%B2%D6%CE%B4&n=5&b=7&c=image&d=1&to=9&rh=20&
その結果が、今の大不況であり、誇りを失ったこの日本である。

<田中角栄写真>
http://www.lares.dti.ne.jp/~ymksan/feature_08.html
この写真を見比べて、明らかに、田中角栄氏は
日本をもっとよくしたかった人物だったことが伝わってくる。
立花隆は、現在「東大生は馬鹿になったか」
などというどうでもよい本を書いている。

どちらの人間が我々の人生にとって良いのだろうか?
私は、田中角栄の方がはるかに立花隆より良かったと思う。
同様に以下の事実を見比べてみていただきたい。

<小沢氏の写真>
http://ozawa-ichiro.jp/index.php


<小泉政治団体について>

http://wwwc.dcns.ne.jp/~rieu/koizumi.html

(参考)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-04-01/12_0101.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-04-10/07_0301.html
http://www.rondan.co.jp/html/kisha/0303/030304-7.html



まさに選択の時である。
事前に言っておくが、この政権に対して、
「目障りだ」と思われた場合は、
1マスコミに必ずねつぞうされた記事が出る。

2東京地検特捜部が、冤罪やでっちあげで逮捕しようと動く
という点である。(過去に鈴木宗男氏や佐藤優氏がやられた。)


つまりわれわれは、
東京地検特捜部にも、電話をして、「苦情」を入れていったほう
がいいということだ。

もとより、東京地検は、相手が「首相の側近だから」といって、勝手に、
その指示を受けたりしてはいけないのである。

<側近は選ばれてない>
なぜかというと、この側近というのは、一切国民の誰からも
選ばれていない。

したがって、側近が、首相の言葉だと偽って、
自分の意思を通すように言ってくる指示を本来聞くなんてことは、
国民に対する背任行為である。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!4月13日創刊以来、

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

亡国のイージ○から小沢一郎氏へのブラックプロパガンダ

<亡国のイージ○からブラックプロパガンダ攻撃!>
遂に亡国のイージ○動く。週刊現代に、小沢一郎氏のブラックプロパガンダを
乗せる
ことを実行する。

<事前に察知して報道していた記事>
これを事前に報じていた記事があった。
つまり、自民党が動いていたということを報じていたのだ。
皮肉なことに、今回出た週刊現代と同じ出版社の出す、
日刊ゲンダイにのっていたのだ。

これは日刊ゲンダイの記事である。<>書きは小野寺。

○自民党がシャカリキ、小沢一郎のあら探し [日刊ゲンダイ]
 http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/story.html?q=20gendainet02026343&cat=30

自民党がシャカリキ、小沢一郎のあら探し (ゲンダイネット)

<自民党が小沢氏のあらさがし。国民のためになる政治の実力では勝てないため


 自民党が小沢一郎・民主党代表のあら探しをやっている。代表就任早々の4月

千葉7区補選で自民党に競り勝ち、今週からは早くも来年夏の参院選に向けて
全国行脚を始めているから戦々恐々。
そこでウイークポイントはないのかと必死なのである。

<小沢氏の健康問題であらさがし。国民のためになる政治の実力では小沢氏に勝
てないため>
 まず小沢の健康問題。
補選敗北で恥をかかされた武部幹事長は、事あるごとに
「健康を理由に国会本会議を欠席するのは議会軽視だ。
出席しても10分で退席して理髪店に行っていた」と攻撃しているから、
よほどアタマにきているらしい。

「心臓の持病がどの程度か懸命に調べています。海外で定期的に
ペースメーカーを入れ替えているという情報もありますが、最近は外遊がない。
本当のところは分からないのです」(自民党関係者)

<小沢氏の政策についても勉強したが、新著が出るので、がっかり。国民のため
になる政治の実力では勝てないため>

 小沢の政策についても検証中だ。
10年以上前に出版され、最近復刊された小沢の著書
「日本改造計画」を読んだ幹部は「この改革は全部、小泉首相が実現している。
小沢はもう終わってるんだ」と強気だったが、
小沢が「新・日本改造計画」を執筆中だと分かって、がっかりしているという。

<スキャンダル探しにやっきに。日本人のためになる政治の実力では勝てないた
め>

 そして最後がスキャンダルだ。
小沢の政治団体「陸山会」が地元と都内に
10戸のマンションを所有していることから、
不透明なカネの流れがあるはずと調査中だという。

<すべて政治資金報告書に記載されているので、隠し財産ではないので、がっか
り。
国民のためになる政治の実力では小沢氏に勝てないため>

もっとも、これらのマンションは
政治資金報告書にすべて記載されていて、とりたてて新ネタではない。

<政治団体名では登記できないので、小沢名義になっているが、これも本当は正

な手続きであるため、攻撃材料にならない。> 

「地元事務所や秘書の宿舎、資料保管場所などに使われているマンションは、
政治団体名で登記することができないので小沢名義になっている。
小沢が銀行から融資を受けて購入し政治団体に貸し付け、
返済は政治団体から小沢を通じて銀行に返す。これも報告書に
書いてあり、他の政治家も同じパターンです」(事情通)
 今のところ、これという攻撃材料が見つからない自民党だが
、なんとしても小沢に足払いを掛けたいらしい。
【2006年5月17日掲載記事】 (日刊ゲンダイ)

と、5月17日にニッカンゲンダイに記事になっていた。

<この日刊ゲンダイの記事の重要なポイント>
この記事では、

○政治団体名では不動産は、登録できないので、小沢氏名義になっているが、
当然個人資産(小沢氏のもの)ではない。

地元事務所や、秘書の宿舎、資料保管場所にマンションが使われているようだ。
(つまり政治活動に使われている)と書いてある。

<亡国のイージ○自民党帝国の逆襲!>
しかし、これがなんと、自民党はあきらめずに、週刊現代に、
記事となって出た。
まさに亡国のイージ○自民党帝国の逆襲である。

エンパイアストライクスバック!

亡国のイージ○・ジャバザハットの逆襲!

http://www.starwars.jp/character/jabba1.html

日本の亡国総理大臣はこちら
http://www.imel1.kuis.kyoto-u.ac.jp/education/dip/pic_send/mandrill.png

<お約束のブラックPR>
本日発売の週刊現代、「調査報道スクープ!小沢一郎の隠し資産を暴く」
である。
まさに自民党の「お約束」のような芸当である。

<長谷川学というフリージャーナリストの記事>

そして、この内容が、長谷川学というジャーナリストが書いたこと
になっている。

この長谷川学は、フリーのジャーナリストである。

<フリージャーナリストとはどこからも金をもらえる存在>
ふと気づいたが、
フリーであるということは、どこから金をもらってもいいということでもある。
もちろん、週刊現代から原稿料としてお金をもらってもいいし、

または某政党からももらってもいいはずだ。別に悪いことではない。

フリーのジャーナリストなのだから。
ちなみに田原総一郎もフリージャーナリストだし、
西澤孝氏もフリージャーナリストである。

<高速道路を販売する販売代理店(お得意先はユダヤ外資オンリー)の作家>

もちろん猪瀬直樹もフリージャーナリストである。
別に週刊文春から原稿料をもらってもいいし、
ユダヤ外資から金をスイス金融機関に振り込ませてもいいわけだ。
高速道路販売代理店として。

<週刊現代の新編集長>

そして、この週刊現代の編集長だが、編集人は、加藤晴之(かとうはるゆき)氏
である。今年になって3月にあった人事異動で新たに、編集長になった人物であ
る。

以前、週刊現代の編集長をやっていた、気鋭の出樋一親(だすべ かずちか)氏
は交代してしまっている。フライデーの編集長になっている。

どうも、4月から週刊現代の編集方針が没個性的になったように感じたのは
そのせいか?

(参考)出樋氏インタビュー
2月16日インタビュー一線ジャーナリストに聞く、ライブドア事件
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1714548/detail

開く コメント(0)

イメージ 1

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある
「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606

http://blogs.yahoo.co.jp/onoderakouichi/35755009.html

<日本道路公団民営化とは外資に株式という経営権を売り飛ばすことが目的>

日本道路公団の民営化とは、
国民をだまして高速道路網を外資に売り飛ばすことが目的のものであった。
亡国のイージ○とイノセのお財布を景気回復させることが目的である。

<小泉内閣は、側近のコミッション目当て>

この小泉内閣は、その全てにおいて、国家資産をユダヤ外資に売却して
政権にいる人間(亡国のイージ○、イノセ、等)がコミッションをスイス金融機関に
振り込ませ、もらうこと
が目的である。

このことを隠蔽するためにどうしたか?

<マスコミを手中に>
まず、マスコミを手中におさめた。森の時から、小泉に変わって
政策的には同じようなことをやっているにもかかわらず、
マスコミからの人気は絶大であった。

<マスコミの幹部に影響>
これはなぜなのか調べてみたが、高い確率で、
マスコミの幹部に、賄賂がわたっているらしいという感触を得ている。

<機密費59億円>
というのも、総理大臣の職になると、機密費として
なんと59億円も年間で使えるのだ。
もちろん、税金です。
機密費には領収書などいらない。

北朝鮮に5億円も持っていく人間が、マスコミ操作のためにいかに考えるか?
とい
うことである。

<ネット上で暴露されていた文書>
というのも私は、ずっと前になるが、インターネット上で、この政権が、
テレビで出てくる政治評論家に対していくらお金を与えるかを書いた
妙な書類がネット上で暴露されていたのを覚えている。

ずらっと政治評論家が並び、一回100万円で2回渡す政治評論家、
ニュース司会者、
これが6名ほど、
一回50万円で、年に2回渡す政治評論家などの名前がずらっと並べてあった。

この50万円のほうは、15名ほどいたように記憶している。

その下には、一回に20万円の人たちのリストもあった。
これは、数は、20名以上いた。

そのときにみた政治評論家の名前は、親小泉として現在有名な人達が多く含まれていた。

<真偽を検証してみたいがすでに削除されているらしく見当たらない>
これの真偽を検証してみたいと思ってネット検索してみてもすでに削除されている
らしく
どこにも見当たらない。誰かこういう情報を見た人がいれば私に知らせていただき
たい。

<明らかにおかしいマスコミ>
私は当時(今から3年前ぐらいである)は、まだ、このようにメールマガジンなど
出していなかった。
ただ、これだけでたらめな政治をやっているのに、なぜ、どのテレビ局も新聞社も
雑誌社も批判しないのか?と不思議に思っていた。

テレビ局のプロデユーサーは天皇のような存在であるとよく業界では言われる。

<我々が敗北してきた相手はテレビ局のプロデユーサーである>
私はふと思ったが、われわれは、よくこの小泉政権では敗北してきた。
何に敗北したのかというと、それは、小泉以外に、うそをたれ流すマスコミで
あった。
具体的に言えば、テレビ局である。

<共謀罪の恐ろしさ>
あなたがたは今回の共謀罪騒動を見て恐ろしいと思っただろう。
我々はあれほど重要な法案を何も知らないうちに強行採決されそうに
なっていたのだ。いまだに、自民党は19日の強行採決を目指しているという。

<マスコミへの抗議>
マスコミは当初、まったくといっていいほど報じなかった。
しかし我々の草の根的な行動でテレビ局がようやく報じるように変化した。

これはおそらく、最初は、そのテレビ局や新聞社の幹部、プロデユーサーに亡国の
首相官邸から連絡があり、「あの共謀剤については取り上げるな」と圧力があった
だろうことは推察できる。

<金を日ごろからもらっているから、借りがあるため、断れないのか?>
なぜ、こんな「政権に都合のよい」方向にする指示に、テレビ業界幹部が
協力する
のかは、それは、すでに金を日ごろからもらってしまっているのではないか?
ということだ。

政治部記者が、高級スーツの仕立券を政権側からもらうというのは、半ば公然とし
た事実である。

私たちは、よく公務員の話や、その他、大企業との癒着として、政治、財界、官僚の
癒着が、諸悪の根源だという論説を、報道ステーションや、サンデープロジェクトで
聞かされる。

<マスコミと外資と森派の癒着>
しかし、私の目から見て、もっとも問題なのは、マスコミと亡国のイージ○、ユダヤ
外資との癒着である。

ちなみに森元首相は現在、六本木ヒルズに住んでいる。外資と密談の会議でも
開きたいからだろうか?
(首相を引退したときに六本木ヒルズに引越しをしている)

<テレビ局幹部への疑問>
公務員の人達は、法律によって、賄賂をもらうのは禁止されている。
ところが、テレビ局プロデユーサー等は、いくらもらっても、何の処罰もないはず
である。

<テレビの後押しで、高速道路の圧倒的に国民に不利な法案が可決>
猪瀬は、道路公団の無駄遣いを唱えて、国民に圧倒的に不利な結果にしかならない
法案、高速道路を外資に売却法案を唱えた。

<近藤氏の表現>
そして近藤総裁はこう いっている。

私たちは、民営化の三つの目的「確実な債務返済」「効率的な道路建設」「お客様
サービスの向上」を、透明で健全な経営と徹底したコスト意識で必ず実現します。

<責任者の言う言葉が実態と違うという不可解さ>
→この言葉は実はかなり実態と違うのだ。もっとも猪瀬が言っていた言葉をそのまま
近藤氏が引用しているだけだが。

道路公団では、毎年、一兆円の黒字であり、その一兆円分を債務返済にまわしていた。
すでに返済期限の来た道路債券は返済し、余ったものは現金としてあった。
「確実な債務返済」はすでに行っていた。むしろ、株式会社化したことで
金利というリスクは増大したため、不安定になったといえる。

わかりにくいのは、一兆円を債務返済にまわして、かつ道路債券を一兆円ほど
発行することである。これは全国の高速道路を1本として考えるためであった。
これで新規高速道路建設は全国ネットワーク化できるはずだった。

別に何の問題もなく。つまり新規高速道路を建設しても一斉無料開放ができるし
渋滞も解消されるという夢のプランであった。

<田中角栄氏が残していた日本人へのプレゼントを亡国のイージ○とイノセの金儲け
のために失う>

ネットワーク化されることで通行量は増えて、
どんどん債務は減り、通行量は増大して、一斉無料開放は
でき、連休のときにも渋滞にならない、そして全国どこからでも
一時間以内に
高速道路に乗れる、そんなことができていたはずだった。

そしてもっとも大事なことは
景気回復のために新規高速道路建設が大規模にできていたはずだった。


<株式化して経営権を細分化して外資に売り飛ばすことが目的の民営化>
猪瀬の主張は、東名や名神の利益で得たお金を関東やその他の地域の高速道路
建設に渡さず、利益は全て外資株主への配当金にするということである。

<一斉無料開放はもうないし値上だけ>
当たり前だが、株式公開すれば、もう株主のものになるため
絶対に一斉無料開放などするわけない。むしろ、値上げをしていくのだ。
なぜかというと、株式会社の最大の目的は利益を得ることであるから。

諸外国の例では、公的機関を民営化した場合、ほとんど全て3倍から5倍の値段に
はねあがっている。

<これから一生、渋滞にはまる連休が待っている>
かくして、日本人は、無料開放も全国ネットワークも無くしてしまった。
しかも一生、連休中は超渋滞でろくに遊びにもいけない高速道路である。
なるべく株主に配当金を増やすため、新たな高速道路はなるべく建設しないから、
ずっと渋滞である。

<石川五右衛門考案の郵便貯金泥棒法案秘話>

郵政民営化もそうだ。話題の「自民党は殺された」堀内光雄著

にこうある。この本は郵政民営化という350兆円泥棒について
裏情報を
徹底して書いてある。今まで公開していなかった情報も多く含まれていて
面白い。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898310923/qid%3D1147889640/250-6646244-0509823
<郵政民営化法案の欠陥を知りすぎてしまった議員たち>
147ページ「城内実は、小泉のお膝元 森派に属しながら
自民党で真っ先に青票(反対)を投じた。

刺客 片山さつきを差し向けられ、あえなく議席を失った。
敗因を問われてこう答えた。「法案を勉強しすぎたせいです」
http://www.kiuchiminoru.com/blog/


<まじめに勉強すると決して賛成できない「泥棒法案」だった>
村井議員もまた「自民党議員の中で一番勉強した」と述べている。
つまりはマジメに勉強すればするほど、欠陥法案と知れる。とても賛成はできな
い。

<小泉首相@馬鹿ロボットに質問すると、読んでない>
首相に質問した。

「この法案、厚さ6センチもありますよね。総理これを読まれましたか?
「いや、読んでおりません」
「読んでない?」
(中略)

<法案の悪質さに反対すると、悪玉扱い。まるで国会議員版共謀罪のようなもの>

おあとは丸なげだ。法律は細目をもって構成される。
細目をまじめに勉強したものが「抵抗勢力・守旧派」呼ばわりされてひたすら
悪玉とされた。

<法案に反対していた理由は、日本人の資産を泥棒される不安があるから>
なぜ法案に反対なのか?
新聞のアンケートに彼ら造反議員の多くが答えた。
「日本人の資産が乗っ取られるリスクがあるから」
マジメに心配したものが悪玉とされ、その多くが選挙戦で討ち死にした。
話がさかさまだ。

また、86ページには、
「一番気になるのはアメリカの要望が、提出されている法案と
符号している上に修正をガンとして受け付けないことである。
たとえば320兆円の大切な国民の資産を米国資本に乗っ取られないために
会社の定款(ていかん:設立の基礎となる合意)に防衛策を入れる修正案を
考えたが、
小泉首相、(※亡国のイージ○含む)竹中大臣が最後までこれを拒絶したと言われ
ている。
聞いているとアメリカ政府のいうとおりにしましたよ。どうぞ乗っ取ってください
と言っているに等しい。(※小野寺注 そして海外銀行口座にコミッションを振り
込んでくださいということか)

というわけだ。私が結構、一年くらい前に書いている「真相」が、最近になって
暴露されてきている。
さらにスピードを速めていきたい。

2ちゃんねる
小泉関連スレッド
http://find.2ch.net/?BBS=ALL&TYPE=TITLE&ENCODING=SJIS&STR=%8F%AC%90%F2&COUNT=50

開く コメント(1)

イメージ 1

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある
「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606


http://asyura2.com/0601/war80/msg/708.html


きくちゆみさんの911事件レポートが、初めて、テレビに取り上げられました!

中京テレビ『お助けマンマミーア!』という
テレビです。
放映後の911事件アンケート ⇒ 陰謀だった可能性有りに、67%(牧村しのぶのブロ
グ)
以下は漫画家牧村しのぶさんのブログより転載します。
■陰謀説67% 12:09
http://d.hatena.ne.jp/pinsuke/20060513

中京テレビ『お助けマンマミーア!』の911アンケートは
現在陰謀説67%になっています
私は番組を見ていませんが、出演したきくちゆみさんのブログに
レポートがあります
要望など送り、もっと真剣にメディアに取り組んでもらうべきだと思います
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2006/05/blog-post_114744718645183628.html
衆院を通過した入国管理法改正案では、外国人テロリスト、犯罪者対策として
日本に入国する外国人の指紋による認証を求め
登録された情報は法務省、警察、財務省のデータベースと共有され、
しかもその歯止め策については明記されていません
その指紋認証システムは米国のコンサルティング会社が請け負っています
http://www.jimbo.tv/videonews/000262.php
完全な米国傘下のテロリスト対策ですが、911が米政府の関与した謀略だとしたら
今後同様のテロを実行する組織的犯罪集団に無防備で何の自衛になるでしょう?
米国民に見放され、支持率29%の大統領は苦し紛れか
弟も大統領にする気だと言っています
http://megalodon.jp/?url=http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/kokusai/20060511/20060511i214-yol.html&date=20060513130214
あのDNAこそ入国拒否できませんかね

以下はきくちゆみさんのブログから転載。
アメリカは確実に変わってきています。大手メディアがどんなにだんまりを決め込
んでも、みんな政府の矛盾や国内外の政策の行き過ぎに気づいてきたから。6月に
はシカゴやロスでの大規模な911真相追及シンポジウムがあります。アメリカで
火がつけば、日本にもいつかは飛び火するでしょう。

そこで、この番組を観た方にお願い。中京テレビ『お助け マンマミーア!』にぜひ
「よかった」とか「続きをやって」とか、何でもいいので一言お伝えくださいね。

また、以下のホームページで、911事件は陰謀か?、アメリカがイラクを攻撃し
たのは正しかったか?、などアンケートもやっていますので、ぜひお答えください。
>http://www.ctv.co.jp/mamma/vote/script/select5.php3

以下は小野寺光一
中京テレビ
お助けまんまみーあ
http://www.ctv.co.jp/mamma/
9.11テロ事件
CNNテレビで俳優のチャーリーシーンが「9.11テロ事件」はアメリカの自作自演だ
ったと発言しましたが、
アナタは「9.11テロ事件」陰謀説を
信じる信じない

http://www.ctv.co.jp/mamma/vote/script/select1.php3




国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!4月13日創刊以来、
約13ヶ月余りで読者数2361名突破!
記録破りのNO.1超高度経済成長メールマガジン。
マスコミ関係者、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・ユダヤ外資の真相を明らかにする。

開く コメント(2)

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある
「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606

実はネット規制法案と共謀罪はセット!ちなみに、人権擁護法案も、
ネット規制要員を大量に使い、ネット監視することが目的。
すべては、亡国のイージ○の言論弾圧のため。

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1142133504/

ネット規制法案スレッド
人権擁護法案をスムーズに通すべく、売国勢力が動きはじめています。
テレビなどの報道では全くと言っていいほど扱われていませんが、
ネット規制法案と共謀罪とがセットで、国会に提出されています。

その内容は...
・令状なしで日常的な盗聴・検閲を行うことが可能。

・犯罪に用いられた疑いのあるコンピュータに接続されたコンピュータを
差し押えることが可能。そのコンピュータがネットに接続されていれば
すべてのネットに接続されたコンピュータが対象になる。

・「違法な」ファイル(ウィルス、ポルノ等)を持っているだけで罪に問える。
Windows PCではウィルスに感染していることは珍しくないので、誰でも「犯罪者」
に仕立て上げられる可能性がある。

この法案が成立すれば政府は意のままに盗聴・検閲を行い、意のままに人を
「犯罪者」に仕立て上げ弾圧することが可能になります。

政府・与党は今月中に成立させようと躍起になっています。

人権擁護法反対派のみなさん、こちらの法案も阻止するために力を貸してください。
ご協力をお願いします。

法律案要綱
http://www.moj.go.jp/HOUAN/KEIHO5/refer01.html

関連サイト
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-10/2005081012faq_0.html
http://www.asyura2.com/0505/senkyo10/msg/381.html
http://kyobo.syuriken.jp/
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/kyobo-zai.htm

ネット規制法案反対スレッド
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5312/1142085474/

おまけ
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1142100921/

外国企業の政治献金を解禁するな!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1139751092/
現行法は政党や政治家が外国勢力から影響を受けることを排除するため、
外国人や外国法人に加え「外国人や外国法人などが主たる構成員である団体」
からの
政治献金を禁止。
日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060209AT1E0400608022006.html

しかし、実際にユダヤ外資からお金をもらい、売国ビジネスにご熱心な、
「亡国のイージ○」は、ついに開き直り。「外資から金もらうのを合法にしよう」
と堂々たる売国奴ぶり、いとおかし。
「売国奴としては、余人を持って替えがたし」と、とても重宝される亡国のイージ○。

これが小泉デタラメ政治5年間の成果/自殺者激増…
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1109222765/
庶民の暮らしはまさに生き地獄。

小泉総理と、亡国のイージ○にささげる歌。
「あなたがわたしにくれたもの」byジッタリンジンの名曲から

あなたがわたしにくれたもの、戦後最高の自殺者数、

あなたがわたしにくれたもの、過去最低の出生数。

あなたがわたしにくれたもの、純一郎の写真集

あなたがわたしにくれたもの、サラリーマン小遣い最低額。

あなたがわたしにくれたもの 感動した!という絶叫。

あなたがわたしにくれたもの、庶民の暮らしの生き地獄

あなたがわたしにくれたもの 不況になるとうれしそうな笑顔

あなたがわたしにくれたもの 夢も希望もない未来。

あなたがわたしにくれたもの インチキで塗り固めたGDP

あなたがわたしにくれたもの 3倍値上げの首都高速。

あなたがわたしにくれたもの すごいでっかいポスター

あなたがわたしにくれたもの 大損させられたライブドア株

あなたがわたしにくれたもの 金正日の笑顔。

あなたがわたしにくれたもの 上場廃止の西武鉄道。

あなたがわたしにくれたもの 北朝鮮の大量まつたけ

あなたがわたしにくれたもの しょーぐん様との握手

あなたがわたしにくれたもの 郵便貯金泥棒の外資

あなたがわたしにくれたもの しかめっつらの猪瀬くん

あなたがわたしにくれたもの 住民税払わない竹中くん

あなたがわたしにくれたもの リタリン漬けの小泉くん

あなたがわたしにくれたもの クレデイスイス好きのイージ○君

大好きだったけど、全ては、イージ○のコミッションのためだったなんて

大好きだったけど 全ては、イージ○の金儲けのためだったなんて

バイバイしてあげるわ 

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
わかりやすい!面白い!得をする!4月13日創刊以来、
約11ヶ月余りで読者数2332名突破!
記録破りのNO.1超高度経済成長メールマガジン。
マスコミ関係者、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・ユダヤ外資の真相を明らかにする。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事