ぼちぼち、いんぐりっしゅ

姉妹サイト「異国人の眼」(http://ameblo.jp/onokorokinzo)もよろしく

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全682ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

https://www.buzzfeed.com/janebradley/scientist-who-helped-connect-litvinenkos-murder-to-the?utm_term=.akpqkY0GJ#.fjWrn0JwW


久しぶりの投稿です。バズフィードの本国版が、リトビネンコ氏の暗殺事件を調査報道しています。複数の記者による取材の結論は、やはりと言うか、黒幕はプーチン大統領だったというもの。


恐らく日本語版でもボッカーンと報じるでしょう。

久しぶりに書いてみますか。スパムTBが多くて嫌なんだけど。

リトビネンコ事件でキーパーソンの1人だったボリス・ベレゾフスキー氏が自宅で亡くなっているのを発見されたそうです。

http://www.reuters.com/article/2013/03/23/us-britain-russia-berezovsky-idUSBRE92M09K20130323

ロイター通信(2013年3月23日午後6時49分投稿)によると、享年67。ロンドン警視庁によると、死因がハッキリせず、捜査に乗り出しているとの事。

個人と親しかった人に言わせると、同氏はチェルシアのサッカークラブ・オーナーであるロマン・アブラモビッチ氏と裁判をしていたそうですが、負けてしまって60億ドル相当を失っていたのだそうです。それやこれやで自殺したか、或いはストレスで心臓発作を起こしたのかもしれないと話しているとの事です。

ちなみに自宅はロンドン西部25マイルの所にあるアスコット。サウナで亡くなっているのをボディーガードの1人が見つけたのですって。

「自宅で亡くなっているのを確認した。彼とは長年の知り合いであり、一緒に長く過ごしもした」("I can confirm he died in his home. I've known him for a long, long time, we have spent a lot of time together,")と友人の1人であり、同じくロシアから亡命してきたアンドレイ・サイドルニコフ氏は話しています。

「1つの時代が終わった。ショックだ」("I am shocked. It is the end of an epoch.")。

今回知ったのですが、この方は元は数学者だったのだそうですって。元々プーチン氏とは親しく、引きもあって事業が成功していたのですが2000年の大統領選挙後にぶつかるようになったのだとか。そして英国に亡命し、以後は最大の敵となってしまいました。

その過程で、大統領の過去の経歴をバラしたり、或いはリトビネンコ氏と知り合いになったりしていた訳です。

大統領側も、ベレゾフスキー氏と英国の亡命者が英露関係を緊張させていると憤り、脱税や汚職の廉で法廷に立たせてやると息巻いていたのですって。

「クレムリンのゴッドファーザー」('godfather of the Kremlin')と敵には評されていたベレゾフスキー氏ですが、昨年アブラモビッチ氏との裁判で敗訴する恥辱を味わっています。

エリザベス・グロスター裁判長は、ベレゾフスキー氏の事を「風采の上がらない、本質的に信頼の置けない証人」("unimpressive and inherently unreliable witness")であり、「裁判にほとんど何も寄与しない」("almost anything to support his case".)とまで言われていました。

ベレゾフスキー氏の知り合いの中には、裁判で敗訴して金を失う事の衝撃が大きかったとしています。1億ドル以上だったとされているからです。

判決は8月に出たのですが、プーチンの差し金だと行ってみたり、公の席に出ない等、落ち込んでいる様子だったのだとか。

ベレゾフスキー氏によると、アブラモビッチ氏はロシア第4の石油会社の株式を激安で売ろうとしていたのだそうです。また、ベレゾフスキー氏の許可なく世界最大のアルミ精錬会社であるRUSALの株式も売ろうとしていたので、60億ドル近い額の賠償を求めていたのだそうです。

しかし、法廷では全て主張が退けられました。

金で困り始めていたのか、同氏はアンディ・ウォーホールの描いたレーニンの肖像画をオークションにかけていたりしました。

その上、2011年には全夫人のガリーナ氏と離婚しています。慰謝料は1億ドル以上だったのだそうです。

「私が聴いた限りでは。心臓発作との事だ」("My sources say it was heart failure,")と話すのは、ロシアのエコー・モスキー・ラジオの編集長を務めるアレクセイ・ベンディキトフ氏。敗訴後に欝病になり、イスラエルで治療も受けていたのだそうです、

「欝病と年齢から来る健康問題が原因していたのではないか。ボリス・アブラモビッチ氏は手強かった。ファイターだし、アクティブなライフスタイルでもあった。それが不幸にも命取りになったようだね」("I think it was probably his health, including depression, and his age. Boris Abramovich never took it easy - he was a fighter, he led an active lifestyle, and unfortunately he has left life in this way.")。

私生活では美女とコニャックに目がなかったそうです。

フランスの核廃棄物処理施設で爆発があり、1人が死亡した模様です。ガーディアンが報じています(Monday 12 September 2011 13.12 BST)。

http://www.guardian.co.uk/world/2011/sep/12/french-nuclear-plant-rocked-explosion


爆発があったのはマーコロー(Marcoule)という核廃棄物処理施設。フランス南部にあるそうです。MOX燃料を製造しているところだそうですが、ここで爆発があり、1人が死亡、4人が負傷したそうです。

ちなみに、製造されたMOX燃料はフランスの原子力企業、アレヴァが一部を使用しています。

地元 Midi Libre紙が報じた所では、午前11時45分に爆発がありました。負傷者の中には重傷の人もいるそうです。

同紙によると、亡くなられた人は男性の作業員で「炭化した状態」になっていたのだそうですが、死因が放射線漏れかどうか、証拠は何も無いそうです。

フランス原子力当局の広報担当者は「今のところ新たに話す事は何も無い」との事です。

フランスの原子力安全当局は声明を発表し、この中で爆発は解けた金属廃棄物処理オーブンの中で起き「大変微弱な」レベルの放射線漏れがあったそうです。

欧州エコロジー党のセシル・ダフロット幹事長は「リアルタイム」で「透明性ある」情報を流すよう、ツイッターで呼びかけています。

消防当局が発電所の周囲に非常線を張っているそうです。爆発はセントラコ・センターという所で発生しています。ここはフランスの電力大手EDFの姉妹会社であるソコデイ(Socodei)が受け持っています。

ちなみに現場は地中海の近くだそうです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりに書きます。中国で原潜事故があった模様ですね。

http://translate.google.co.jp/translate?js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&sl=zh-CN&tl=en&u=http%3A%2F%2Fboxun.com%2Fnews%2Fgb%2Fchina%2F2011%2F07%2F201107300021.shtml

Boxun Beijing July 30, 2011 starting - to support this article the author / reporter

事故があったのは大連。新鋭の原子炉で放射性物質が漏れているそうです。大連の海軍兵学校によると、7月29日朝、停泊中の原潜から突然放射性物質が漏洩しました。当時、中国側の電気エンジニアらが乗り組んでいましたが、事故は本当に唐突に起きた後の事です。現在事故原因を調査中です。海軍では現場を封鎖し、新たな放射線漏れを防ごうとしています。

開く コメント(0)

●ウッズ、被災者に300万ドル支援表明
(災害=http://blogs.yahoo.co.jp/onokorokinzo/49793593.html
 姉妹サイト「異国人の眼」(http://ameblo.jp/onokorokinzo)もよろしく。
 記事に感想の無いコメントは削除します。ご了承下さい。スパムトラックバックはその都度警察庁のサイバー犯罪部門に通報します。ご覚悟を。リンクのお願いはゲストブックにお書き下さい。

全682ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事