クリーニング白新舎の染み抜き/クリーニング実績紹介

とことん「キレイ」にこだわった、染み抜きとクリーニングの作業事例をご紹介いたします。

機械油の染み抜き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今日の染み抜き事例は スキージャケットの背中に付着したリフトの油(たぶんグリス?)のシミ。

ドライクリーニングができる品であれば 超簡単な染み抜きなのですが、

今回の品は ドライクリーニング × 

水洗いのみができる品。

イメージ 1

そこで、 まずは 前染み抜きで 油のシミを除去。

ここまでは 順調 なのでしたが・・・

裏地に染み抜き溶剤の 「わどり」ができてしまいました。

揮発性の高い溶剤でも わどってしまうのでから 

やっぱり ドライクリーニングは無理なのは当然かなと感じました。

このまま 水洗いをしても この「わどり」は消えないと思い

「わどり」をキレイにぼかして除去してから水洗い。

お客様からご要望の撒水加工を施しています。

スキー場に行って リフトに乗ると 

背もたれの部分に 上部にある滑車から落ちた油が付着したりしていて

気が付かないうちに付着している時がありますから

お帰りになったら ウエア全体を確認なさっていただきたいと思います。

あと、濡れたウエアを丸めて収納していて 色が流れた事例もありますので

できるだけ 早めに乾くような 対応をしていただければいいのかなと 思います。

ありがとうございました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

==============================
落ちないとあきらめていたシミ......そのほとんどが本当は落ちるシミです。
アナタの 気持ちまで 晴れ晴れする クリーニングを いたします。

こだわりのクリーニングと染み抜き
クリーニング 白新舎
〒996−0026 山形県新庄市大町21−21 筍娃横械魁檻横押檻娃坑沓
URL: http://www.hakusinsya.com 
Eメール cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
==============================

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

今日の画像は、子供さんのベンチコート。

サッカーをしているので その時に着用しているものだそうです。

この季節、とても寒く、手放せないアイテムですね。

私も正月にランバードのベンチコート(ダウン入り)を購入しましたが

やっぱり、ベンチコートは 暖かいなと つくづく感じました。

すぐにでも仕上げて差し上げたいと、速攻で処理しました。

子供なんで どこで 何を付けたか さっぱり解りません? と言っていたお母さん。

大丈夫ですよ。 ご覧のとおり、キレイに なりました。

またこのベンチコートを着て、練習・試合にがんばってほしいですね。

当店も、クリーニングでバックアップ&応援していきます。  がんばれ〜!最上の子供たち!


HPアドレス http://www/hakusinsya.com

メール   cl_hakusinsya@yahoo.co.jp

感激のしみ抜き&こだわりのクリーニングプロショップ 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

一回書いたのに、どういう訳か消えてしまった。

もうショック、こんな時間なのに。

また書くのは、つらい・・・。

ので手短に。

御新規のお客様が、買って間もないコムさイズムのダウンをもってご来店下さいました。

車のドアに挟んでしまい、油よごれと 傷がついています。

この傷が広がらないように注意しながら、前しみ抜き後に

ソフトにWクリーニングしました。

当店のダウンクリーニングの着心地は、

お客様から、袖に手を通すだけで、着心地の違いが解ると大好評なんですよ。

今回の品も、ふかふか スベスベ に仕上がりました。

傷も広がらず、シミもきっちり落ちました。


HPアドレス http.//www.hakusinsya.com

感激のしみ抜き&こだわりのクリーニングプロショップ 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

機械油の汚れ

今日は機械油が付いてしまったパンツをご紹介します。

イメージ 1

イメージ 2

機械油と言っても、車に挟んだか何かで汚れてしまったものを

家庭洗濯してみたが取れなかったので・・・、結構いい値段で購入したので何とかなりませんか?

との依頼です。

この汚れを家庭洗濯で落とすのはかなりきついと思います。

なぜ〜!って水と油は混ざりませんよね。反発しあって汚れを落とせないんです。

油を落とす、凄く力のある界面活性剤があればいけるかも知れませんが。

水性の汚れには水、油性の汚れには油。これは汚れを落とす基本です。

イメージ 3

今回のシミ汚れ、ご覧の通りキレイになりました。

こんな時は、何もいじらないでお持ちになっていただいた方が

キレイになりやすいですヨ。


HPアドレス http://www.hakusinsya.com

感激のしみ抜き&こだわりのクリーニングプロショップ 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事