クリーニング白新舎の染み抜き/クリーニング実績紹介

とことん「キレイ」にこだわった、染み抜きとクリーニングの作業事例をご紹介いたします。

皮革・毛皮製品

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

今日は、ピッグスキン(豚革)のスエードのクリーニング事例をご紹介します。

ケアラベルはこちらです。

イメージ 1

あちらこちらに白く斑点のようになってしまっています。カビっぽいですね。

イメージ 2

イメージ 3

そこで、洗浄前処理を行い、

当店オリジナル配合の洗浄剤を使用して業務用洗濯機で短時間の水洗い(丸洗い)

タンブリングをして(乾燥機で温度をかけずにまわし シワを取り除く)

自然乾燥。

乾いたら 再度乾燥機でほぐして(温度はかけない)

仕上げ工程を行い 作業終了となりました。

結果はこんな感じ。

イメージ 4

イメージ 5

キレイになりましたね♪

ありがとうございました。


==============================
落ちないとあきらめていたシミ......そのほとんどが本当は落ちるシミです。
アナタの 気持ちまで 晴れ晴れする クリーニングを いたします。

こだわりのクリーニングと染み抜き
クリーニング 白新舎
〒996−0026 山形県新庄市大町21−21 筍娃横械魁檻横押檻娃坑沓
URL: http://www.hakusinsya.com 
Eメール cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
==============================

この記事に

開く コメント(2)

特殊な布団をお預かりしました。

某有名メーカーの布団です。

購入してから20年位、一度も洗った事がないそうです。

初めてのクリーニング。

素材はムートン。裏面はキルティングのパット。素材は化繊です。

ファスナーがあって、中にきっとウレタンのパットが入るんでしょう。

お預かりした時は 入っていませんでした。

ムートンの毛はつぶれて、汚れで全体的にくすんでいますし

猫と一緒に寝ているそうで 猫の毛が入り込んでいます。

お客様には 古いので ひょっとすると 毛皮が裂けてしまう可能性があることなどのリスクをご説明。

ご了解の上 クリーニングをいたしました。

皮革製品ですから 無理は利きません。

初めに大型の乾燥機に入れて、熱を掛けずに タンブリング。

毛の間に入っている埃等を取り除いてから

大きな自動洗濯機に入れて、完全手動で、皮革製品を洗う薬剤を使用して

短時間で洗浄しました。

自然乾燥をしてから また乾燥機に入れて、常温タンブリングでほぐして

毛並みを整えて 作業終了です。

お客様も大変なお喜びようで、こちらもうれしくなりました。

Before
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


After
イメージ 4

イメージ 5

クリーニング白新舎http://www.hakusinsya.com Eメール cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
 

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。白新舎 小野です。

昨日に引き続きムートンの敷物です。

今日は洗浄作業からの掲載です。


業務用の大型洗濯機(22Kです)に水を張り、
当店オリジナルブレンドの 皮革洗い用の薬剤を入れ 水溶液を作ります。

イメージ 1


ムートンの敷物を入れて 洗浄します。短時間洗浄です

イメージ 2

イメージ 3


しぼり終わったところ

イメージ 4


乾燥機に入れて ほぐします。(いっしょにタオルケットを2枚入れて 表面の水分を取ります。熱は使いません。常温です。)

イメージ 5

イメージ 6


竿に干して 自然乾燥します。

イメージ 7


乾いたら もう一度 乾燥機で 十分にほぐして 毛並みを整えて 作業終了です。

参考価格 
クリーニング代  21,000円

URL:http://www.hakusinsya.com
E-mail: cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
クリーニング 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。 白新舎 小野です。

今日は 二帖サイズのムートン敷物を クリーニングしました。

画像をいっぱい撮りましたので シリーズで掲載したいと思います。


この品は4月にお預かりしたもの。お客様から、「ゆっくりでいいですよ」と言われ 

仕事が忙しい時期でしたので、本当にゆっくりになってしまい やっと今日から作業を開始です。

お客様から品物についてお聞きすると

おばあちゃんの形見だそうで、10年位経つもので 一度も洗っていないそうです。


作業手順の画像を撮りましたので 画像にコメントを入れながら進めていきますね。

今日は 洗浄前までの処理内容です。

まずは全体像です。

イメージ 1


裏返しにすると中央にファスナーがあります。(中に薄いスポンジの詰め物があります)

イメージ 2


ファスナーを開けると(スポンジが劣化してボロボロです)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


そこで 固まりになっているスポンジカスを手で取り除き、品物を裏返しにして 乾燥機に入れて細かいスポンジのカスを取り除きます。
当店には 乾燥機が3台ありますが、使用した機械は 20年前に中古で導入したもの
とても古い機械ですが こういう時には こんな機械が一番重宝します。
乾燥機は 名の通り乾かすための装置ですが、クリーニング店では ほこりを取り除いたりする時にも使用するんですよ。あと ほぐす作業にも使用しますね。

イメージ 6


細かいスポンジカスを取り除くと 機械下部にあるフィルターに カスがいっぱい 付いています。

イメージ 7


カスを取り除いた 敷物です(もちろん裏返しの状態です。最後に掃除機をかけています)

イメージ 8

イメージ 9

さて、明日は洗浄の画像を掲載します。おたのしみに♪

URL:http://www.hakusinsya.com
E-mail:cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
クリーニング白新舎

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

皮革のレディーススーツをお預かりしました。

ご覧の通り、カビています。

カビの臭いも、かなりキツイでした。

自社処理(水洗い)で洗浄しました。

皮革衣料、 これからの時期着用しようと思って出してみたら、カビている!なんて事は

結構ありがちなパターンです。

革はタンパク質のかたまりですから、カビて当然なくらいです。

収納の仕方が良くないと、やはりカビやすいですし。

気になった方。直ぐにでも確認してみてください。大丈夫ですか?

もしカビがあったら、あるいはカビの臭いがしたら、直ぐにお持ちになってください。

今から活躍するアイテム。自社処理ですから、日数もそんなにかからず(10日程度)でできますから。

お待ちしております。


HPアドレス http://www.hakusinsya.com

感激のしみ抜き&こだわりのクリーニングプロショップ 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事