クリーニング白新舎の染み抜き/クリーニング実績紹介

とことん「キレイ」にこだわった、染み抜きとクリーニングの作業事例をご紹介いたします。

汗抜きウォッシュ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今日のクリーニング&染み抜き事例は 黒と白の切り替え素材の夏物ワンピース。


地元のクリーニング店に出したけど 脇の下にある汗の輪どりのシミが落ちてこなかったそうです。


新しく購入して 一回程度しか着用していないので 何とか落としたいと


電話でご相談を頂き 宅配便でお預かりしました。



ケアラベルは ドライ○ 水洗い×です。

素材は   綿50% レーヨン45%  ポリウレタン 5%  です。



きっと、 初めに出したクリーニング店では 


表示どおり ドライクリーニングをしたのでしょう。


表示どおり処理すれば リスクも無く  ひょっとして 何かトラブルがあっても 


自分のお店では 表示どおり処理したから 責任は無いと言えるでしょうから。


でも今回のような 汗のシミは  ドライクリーニングでは 全くと言って良いほど落ちません。


汗のシミは 水洗いで 落ちるのです。


今回の品。 色が流れる可能性がないか まずテストを実施。

結果は  色は 流れないと判断。


とりあえず ドライクリーニングをしてから


脇の下だけを 


特殊な 染み抜き装置で 部分的に 水洗い。


この作業で ほぼ 汗のシミは抜けて 輪どりも なくなりました。


でも、やはり水で全体を洗い スッキリさせたいと思い


ウエットクリーニングを。(念のため色止めの洗剤を使用)


裾の白い生地部分にあった 黄ばみや汚れも染み抜きしました。


Before
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
After
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



======================================
落ちないとあきらめていたシミ......そのほとんどが本当は落ちるシミです。
アナタの 気持ちまで 晴れ晴れする クリーニングを いたします。

こだわりのクリーニングと染み抜き
クリーニング 白新舎
〒996−0026 山形県新庄市大町21−21 筺。娃横械魁檻横押檻娃坑沓
URL: http://www.hakusinsya.com 
Eメール cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
======================================

この記事に

開く コメント(0)

今日の事例は シルク100%のドレス。色はブラックです。

昨日掲載したドレス(古いワインの染みぬき)と同じ依頼主のお客様。

一緒に 東京から宅配便で お預かりした品です。

ご依頼の内容は 東京のクリーニング店でドライクリーニングはしたそうですが

汗の臭いが気になるので。とのこと。

当店からご連絡差し上げた内容は

ドライクリーニングと言っても お店によって かなり洗浄に差があることと 汗が残っていて

臭いが発生している可能性があるので きちんと 水を使用して 汗抜きをしましょう ということ。

そして、もし 汗抜きをしても 臭いが残っている時は オゾンシャワーを使用して 脱臭加工をしましょうと提案をいたしました。

 

お店によってドライクリーニングの洗浄に差がある。 え〜っつ ウッソー と思う方もいらっしゃるでしょう。

でも 本当なんです。

ドライクリーニングに使用する溶剤の管理って 実はとても シビアで 手間のかかるもので

当店では すごく気を使っています。

ドライクリーニングに関しては すべてを 私自身が こだわりをもって 管理しているので

洗浄性能を維持できています。

スタッフの誰かや パートさんに お任せでは ちょっと維持していくのは大変でしょう。

例えると こだわりのラーメン屋さんが スープを作るのは 絶対に自分でしているというのと

同じように思います。

ですから 洗浄性能に 大きな差が発生するんです。

いつも きちんと管理された溶剤で洗うのと だいたいこの程度でいいんじゃないという管理内容では

洗浄性能が 同じな訳は 絶対にあり得ません。結果は決まっていますよね。


汗の臭いがする。 汗はドライクリーニングでは 全くと言っていいほど 落ちません。

汗は きちんと水で洗って 初めて落ちるんです。

今回のドレス。素材はシルク100%。それもブラックです。

普通に考えると 水洗いなんて とんでもないこと。失敗するリスクがすごく高いのです。

ですから ドライクリーニングだけで 納めてしまいたくなるわけです。

どこのクリーニング店だって 失敗はしたくないですし、仮に失敗した時に弁償の話になったら

大赤字だ!信用がなくなる。悪い噂が流れる と考え、そうならないように 予防線を張っています。

その予防線はというと・・・リスキーな仕事はしないで お断り という事です。 

仕事をしなければ 失敗はないわけですから。

当店では しっかり 浴中で水を使用して洗っています。

今回の品だって 特殊な方法で きちんと水洗いをして 汗を抜いています。

水洗いをし 乾燥後に 臭いを確認したところ 洗浄前とは違った臭いがしました。

たぶん 汗の臭いが取れて 隠れていた臭いが目立ってきたようです。

そこで オゾンシャワーを使用して 脱臭加工を行い 臭いを除去しています。

良く品物を確認すると 脇の下が わずかですが擦れて脱色していましたので

染色補正もおこないました。

昨日のドレス同様 キレイに仕上がっています。

イメージ 1

参考価格
クリーニング代 2030円
染み抜き代    800円
脱臭加工と染色補正はサービス
――――――――――――――
合計      2830円

URL:http://www.hakusinsya.com
E-mail: cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
クリーニング白新舎 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日の画像は、ケアラベルの通りのサマーニットです。

Vゾーンに一箇所だけシミがあります。

このシミは食べこぼしの黄変シミで、簡単なしみ抜き(部分漂白)で落ちましたが、

なんか全体的に色がくすんで見えるのです。

たぶん夏物なので、収納前のクリーニングだと思い

このまま納品すると、後々シミの浮き上がり等の変色が起こる可能性があると判断、

ケアラベルでは、水洗い×ですが、汗抜きウォッシュを行いました。

この品の依頼主のお客様は、数十年来のお得意様ですので、お客様のお望みは大体心得ています。

なので、特に素材的なリスクもないので、汗抜きウォッシュをしますか?なんて確認しませんし、汗抜き料金も頂きます。

でも本来は、

お客様から見て、どうして欲しいのか?、

処理する側から見て、どうしたほうが良いのか? 

で、今回はどうするのがお互いの中でベストなのか?

を、お話して、お仕事をさせていただくのがお互いにとって一番良いと思います。

今回のニット、汗抜きウォッシュ前に採寸をしてから処理しました。

くすみも取れて、アミノトリートメント加工も施し、とっても良い仕上がり具合です。


HPアドレス http://www.hakusinsya.com

感激のしみ抜き&こだわりのクリーニングプロショップ 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事