クリーニング白新舎の染み抜き/クリーニング実績紹介

とことん「キレイ」にこだわった、染み抜きとクリーニングの作業事例をご紹介いたします。

猫のおしっこ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

先週の土曜の夜、ブログに記事を投稿しようと思っていたら 急に腹痛がやってきて(最近疲れ気味)

いてもたってもいられず 胃薬を飲んで 寝てしまいました。

今朝もなんとなく 調子が上がらず 困ったな〜 なんて思いながら仕事を 始めましたが

仕事をしているうちに 完璧に復帰しました。仕事をしていると 具合が直ってしまうほど

クリーニングが好きなんだな〜 って 勝手に思い上がっている次第です。

さて 投稿できなかった理由はもうひとつありまして

変わったクリーニングの作業を幾つか同時にやっていました。

その中のひとつは クリーニングというよりは もう工作といった方があっているような作業で

使用している材料も 建築関係の資材だったり。

そのうち うまくいったら ブログに 投稿したいと思います。




今日のしみ抜きは・・・ シミと言っても見えません。 猫にオシッコをされてしまったダウンジャケットのクリーニングと 脱臭・消臭加工です。

品物はkappa 素材は ポリウレタン 裏地の背中部分に 猫のオシッコが。

お持ちになったお客様は ご新規の方で 妹様からのご紹介です。

当店に出す前に 地元のチェーン店に出したそうですが、 メモと一緒に 返品されてしまったそうで

当店にお持ちになった訳です。

そのメモがこちら。

イメージ 2


全くの ど素人の見立てです。

確かに ケアラベルの表示は ドライ石油系 水洗い×です。

でも プロの方なら 今回のような ポリウレタンコーティング品の場合 ケアラベル通りには 洗いません。

ドライで洗うと コーティングが 長持ちしないのです。

ところが メモには 「水洗いできない品物です」と。 私から見ると 水洗いがベストな方法です。
「もしかしたら ダウン・フェザーが 縮んでいるかも知れないので 責任が持てません。だから返品。

なんじゃそりゃ! っていう感じです。

まっ、しょうがないですよね。 知識の無いど素人のパートサンが クリーニング作業をしているんですから。 

ちゃんとしようよ っていっても たぶん無理でしょう。

当店では 水洗いをして 弱乾燥。 その後に オゾンシャワーを3時間ほど噴霧して

脱臭消臭加工をして 猫のオシッコの臭いを除去。

また乾燥し、念のため もう一度 オゾンを2時間ほど噴霧して 作業終了です。

数人で 臭いを嗅いで見ましたが、 猫のオシッコの臭いが付いていたものとは 

誰一人 わかりませんでした。 (完璧に猫のオシッコの臭い 取れています)

イメージ 1


HP URL:http://www/hakusinsya.com
E-mail:cl_hakusinsya@yahoo.co.jp
クリーニング 白新舎

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事