音桟のブログー父親を楽しもう。

いろんな気づきが得られれば。。。どんなことでもいいので、コメントいただけたら嬉しいです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

和歌山のみさき公園で、イルカとのふれあいをしてきました。
最初はステージで、イルカと握手したり、キスしてもらったりしたあと、プールに入って、イルカのひれにつかまって泳いだりおなかに乗って泳いだり。
いきものってすごい。

猛暑日、見学者(=私)は暑かったですが、きっとプールの中で気持ちよかったと思います。

カワウソとのふれあいもありました。

園内のプールは私も入って、スライダーを楽しみました。
が、最初の直線スライダーで、水着のお尻のところが破れてしまって穴が…。
何とかごまかしながら、浮き輪やボートに乗って滑るスライダーだけ楽しみました。私だけ。

流水プールは温泉のように暖かくなっていました…。

プール以外、動物園や乗り物は閑散としていました。だろうね。

開く コメント(0)

津島神社へ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

愛知県津島市、津島神社に参拝しました。
名鉄バスセンターからバスで津島駅へ、駅からあるいて10分弱。
堂々たる津島神社はありました。
平日の日中とあって、参拝者はわずかでしたが。
天王川公園に迂回して駅に戻りました。

市のHPには、
>建速須佐之男命と大穴牟遅命を御祭神とし、
>1450余年の歴史を誇る天王さまの総本社です。
とあり、
>江戸時代には、「津島参らにゃ片参り」と言われ、お伊勢参りの折りに
>津島神社に参拝することがならわしとされていました。
そうです。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

なばなの里ウインターイルミネーションに行ってきました。

湾岸長島で高速を降りて、スパーランドの駐車場に、無料で入れます。そして、無料のシャトルバス。いずれも、待ち時間なく入れました。

明るいうちは水仙、ベゴニア、桜を楽しみ、夕食のためレストランへ。こちらが長蛇の列。日が暮れてだんだん寒くなる中、1時間近く待ちました。これは仕方ありません。

夕食が終わったころ、あたりは真っ暗になってイルミネーションが点灯。レストランを出たら、人ごみにまぎれて、流れに乗って進む。そして、まぶしい光のトンネル。係員が、写真は出口付近で!と言っていましたが、本当に、後半になると、人がまばらな瞬間が一瞬現れるようになってきました。ゆっくりと歩かないといけないので、結構ゆっくり楽しめました。光のトンネル、桜のトンネル、大自然、水の上の光、といった(名前は違っていたと思います)、たくさんのイルミネーションを堪能して、流れに乗って出口へ。出口を出ると、トイレもそれほど混雑していません。

そして、ぞろぞろとシャトルバス乗り場へ。こちらでもほとんど待つことなく、また、バスは渋滞に巻き込まれることなくスパーランド駐車場に到着。たぶん、長い間開催している間に、改善や工夫を重ねて、今のカタチになったのでしょうが、混雑していてもストレスが少ないのは、本当によくできていると思います。

イルミネーションと言えば冬、というイメージがありますが、これからは昼間のお花の季節に突入です!

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

福井北ICよりすぐのところに、安田かまぼこ道場はあります。

かまぼこつくりコースは3つあります。
Aコース:魚そうめん、蒲の穂
Bコース:魚そうめん、蒲の穂、かまぼこ
Cコース:魚そうめん、蒲の穂、かまぼこ、揚げ物
を作ります。
蒲の穂は、ちくわです。揚げ物はさつま揚げにゴボウなどの具がまざったもの。

私は家族4人でBコースを体験してきました。

まずはかまぼこつくり。四角いすり身を、包丁で板に押し付ける。あとは、
形を整えるだけ。あっという間です。

次に蒲の穂。竹の棒に、薄いすり身を巻きつけるだけ。といっても、なかなか
巻きつきません。簡単そうに見えるのですが…。

かまぼこは蒸して焼く、蒲の穂は焼くだけです。

そして、魚そうめん。これは、竹の筒からところてんのように押し出してそのまま
お湯に。すぐ上げて、その場で食べます。これがまたおいしい。

そうしている間に、ちくわの焼くおいしいにおいが…。

ここまで45分程度。そのあとビデオを見たり(堀ちえみが若い!)、お店を見て試食
を楽しみ、かまぼこ・蒲の穂が出来上がりました。ホカホカの状態です。

これでBコースは終了です。参加人数にもよりますが、70分くらいでした。

予約制で、ある程度の人数が集まらないと開催しないようですが、すでに、小グループ
の予約が入っている場合は、追加で参加できるようです。

とても簡単でおいしくできるので、お勧めですが、一つだけ注意点。家族全員で作ると、
特にB,Cコースは、大きめの蒲鉾が人数分出来上がります。食べ切れるだけにするか、
誰かにあげるとか、そうしないと、毎日かまぼこが食卓に上ることになります。生、
焼き、揚げ、料理に入れる等、料理を工夫すれば飽きないでしょうが。

私は、1個は実家に、1個は妻の友達の間で分けて食べて、それでも、3日目も食卓に
かまぼこが上っています。

詳しくはこちらから
http://www.yasuda-kamaboko.com/dojo.html

開く コメント(2)

桶狭間古戦場

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

桶狭間古戦場にも行ってきました。

こちらは、栄から市バス高速1系統に乗っていきます。この系統は、名古屋高速を走ります。その区間を乗る場合10円プラスになります。

桶狭間寺前というバス停で下車。乗る前は、「おけはざまじ・まえ」と思っていたのですが、調べてもそんなお寺はないのです。実際に乗ると、放送では、「おけはざま・てらまえ」だったのです。

バスを降りると、長福寺へ。ここで、座り込んで写真を撮っていたおじいさんがいたので、あいさつをしたら、ずーっと、ガイドして回ってくれました。

桶狭間古戦場公園は最近できたとか、神明社のお賽銭箱の秘密、住宅地の中にあって見つけにくい七つ塚のこと、いろいろ教えてくれました。最後に、家に寄って、昔の田んぼばかりだったころの写真をくれて、握手をして別れました。

帰りは、有松小学校から高速1系統のバスに乗車。さっき乗ったバスの折り返しでした。

開く コメント(0)

全159ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事