のんびり温泉館

最近、テレビを見なくなってきたせいか、今年は 琴「春の海」を聞いていない

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

         (↑ これは、現在ある姿ではありません)

今日は 「暖まって行きませんか」ではありません。
悲しいお知らせです。

私の 栃木県鬼怒川温泉で唯一愛していた
「星のや旅館」の露天風呂が、露天風呂がぁぁぁぁぁぁぁ

なぜかは しかとわかりません。(大体想像つくけど)
お湯を止めてしまったのです。

色々言われてきた鬼怒川の中で、とってもいいお湯だったのになぁ。

どうして お湯のいい 素敵な混浴露天風呂って
こうなくなっていくんだろう。

     悲しい・・・・・・

閉じる コメント(4)

顔アイコン

時代の流れでしょう。客が押し寄せることも理由のひとつでしょうか。その土地に住んでいる者にとって「わざわざ○○から来たのよ:(来てやったのよ)」とかいう会話を聞くと、虚しさを感じます。

2007/6/23(土) 午前 9:08 fuk**osuwa*i

悲しい・・・・・
とってもいい温泉なのに残念な結果に
そういう話耳にします

2007/6/23(土) 午後 9:28 [ よつば ]

顔アイコン

fuku3さん。逆に お客が来なくなったことが大きな理由と思われます。団体客を受け入れてきた温泉街に団体がいなくなること・・・温泉に対するお客のニーズが変わってきたのですね。源泉そのものはいいだけに(;_;)。
一方、お湯を戴く方の傍若無人ぶりも目につきます。遠い距離を時間とお金を掛けた「わざわざ」とは「あなたの勝手」。黙って入ればいいのに・・とは「私の勝手」でしょうか。

2007/6/24(日) 午前 1:33 湯守♪

顔アイコン

よつばさん。「経営」ですから部外者の私には何にもいえないのですが、逆に部外の私達だからこそ いいお湯を選んで 旅館を選んで良いお湯を残したいと思います(とはいえ、選ぶほど宿に泊まれない庶民の悲しさ・・・・・)

2007/6/24(日) 午前 1:36 湯守♪


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事