音相ということばの世界

音相とは、ことばの意味とイメージの関係を科学的な根拠によって明らかにしたものです。音相は木通隆行氏の造語

研究所概要

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

■研究所概要

【設立】     平成242
業務内容】  ことばの音が伝えるイメージの分析、評価、およびことばに関する各種相談業務等
【代表者】   木通(きどおし)隆行
【所在地】   〒239-0841 横須賀市野比3-9-3
【地図】
イメージ 1
 
 
 
【お問い合わせ】
お問い合わせにつきましては、まずは下記メールアドレスにご連絡ください。
 
【ブログ】 
 
 
 
 
 
 
 
 木通 ( きどおし )隆行 ( たかゆき )(略歴)               
 日本電信電話公社広報課で長年ラジオ放送用コピーの制作を担当。聴覚媒体と取組む中で、意味と語音の表情の関係に着目し音相理論の開発に入る(1952年ごろ)。日本電信電話公社委託学生として東京大学経済学部に在学(1954年〜)。その後、中央電気通信学園大学部部長、東京中央電報局長などを経て、1979年公社を退職、(社団法人)電気通信協会理事、(株)NTTアド、ネーミング制作室長、平成1990年、音相システム研究所を設立。現在に至る
 
 

1、著作等
『日本語の音相』(2004年、小学館スクウェア社刊)、『ネーミングの極意』(2004年、ちくま新書、筑摩書房)。『言葉の音の表情に関する提言』(1996年)。『ヒット商品の開発とその戦略』(1991年、工業技術会刊、共著)。『音相』(1990 年、プレジデント社刊)。『これからのPR文章』(1965年、東京出版センター刊)等。 この間19911月以後20025月まで12年間、日経産産業新聞「ネーミングNOW」欄を担当。月刊誌「中央公論」「正論」、「宣伝会議」、「プレジデント」、「日経ビジネス」、「日経セレクト・プロダクツ」、NHK機関誌「I-MEDIA」誌、「産業広告」、「日経アントロポス」、「日経広告手帖」その他、中央各新聞紙、月刊、週刊雑誌等に記事を掲載。
 
 
2、ソフト開発
  19945月、音相分析ソフト「セプタ−スラッシュ」を、20035月「オンソニックvo12005 8月「オンソニックⅡ」を開発。
 
 
3、制作に関与したネーミング                          
  (商品名)「ビア吟生、殻やぶり」(ビール、サントリー )。「キリンシャウト」(キリンビール)。「白州」(ウイスキ−、サントリ−)、「ハウデイー」、「パッセ」(電話機、NTT )、「クオリス」(高級下着、ワコール)。「リベルタO2」(化粧品、日本酸素 )、「かのか」「玄海」(焼酎、協和発酵)「白州」(ウイスキ−、サントリ−)、「寿」(〃)「キ−ルロワイヤル」(〃)、「スジャ−タ・ホイップ(森永乳業)、「スコッティ−」(ティッシュペ−パ−、クレシア)、フリ−ダ(自動車、マツダ)、ランティス(〃)、「植物物語(花王)「ジェンヌ」(〃)、「エッセンシャル」(〃)、「ステ−シア」(〃)、「ADVAN」、「GRANDPRIX」(横浜ゴム)その他……
  (社名)「協和エクシオ」(旧協和電設 )。「勧角証券」(旧勧業角丸証券)。「日本メックス」(旧日本総合メインテナンス)。「クレシア」(旧山陽スコット )。「東京国際フォ−ラム」のホ−ル名。「とうそうしん」(東京総合信用)。「ニコス」(日本信用販売)。「首都高」(首都高速道路公団)。「アズビル山武」。
 
 
 
講演またはコンサルテーションを行った企業等   
 
 新聞社
(株)朝日新聞社、(株)毎日新聞社、(株)読売新聞、(株)日本経済新聞社、(株)日経産業新聞社、産経新聞、ジャパンタイムス、中日新聞社、神戸新聞社、電波新聞社、日本農業新聞社、(株)日経流通新聞社、日刊工業新聞社、聖教新聞社、交通新聞社、(株)スポーツニッポン新聞、(株)日刊スポーツ新聞社、夕刊フジ
 
テレビ、ラジオ
NHK、テレビ朝日(株)、日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ東京(株)、読売テレビ(大阪)、日本文化放送、中部日本放送(株)、FM東京、RKB
放送、SBCラジオ(長野)、中日放送、日本短波放送、(株)東京放送、茨城放送
 
出版社、雑誌社
文芸春秋社、中央公論社、(株)小学館、(株)講談社、(株)集英社、筑摩書房、プレジデント社、(株)実業の日本、ビッグトゥモロー、(株)日刊現代、(株)宣伝会議、日経ホーム出版社、(株)トーハン、(株)宝島社、光文社、(株)婦人生活社、(株)主婦の友社、(株)福武書店、(株)ベンチャーリンク、(株)扶桑社、(株)青春出版社、NTT出版(株)
 
広告業、通信業
(株)電通、(株)マッキャンエリクソン博報堂、アサツーDK ()、第一企画、中央宣興(株)、(株)大広、(株)読売広告社、東急エージーエンシー、(株)ミックブレインセンター、(株)コミュニケーション・デザイニング、(株)NTTアド、ネオ企画、(株)電通PRセンター、(株)朝日広告社、(株)マーケティング・リサーチ、販売実務協会、(株)日本デザインセンター、(株)ジザイズ、ニフティー、ドコモ、ビッグローブ、インフォネット、JR東日本(株)、(株)ダイス、(株)アドバンスト・メディア、(株)ユニビジョン
 
官公庁 公益法人
日本商工会議所、(財)中部生産性本部、(社)日本経営協会、(社)東京商工会議所、(社)、広島商工会議所、立川青年会議所、(社)神戸商工会議所、国際ローターリークラブ、東京中央ロータリークラブ、日本科学技術協会、工業技術会、川口市、NHK情報ネットワーク、日本産業広告協会、日本能率協会、横須賀市、総合教育企画(株)、(社)ニュービジネス協議会、中部マーケティング協会、自動車用品工業会、(社)日本包装技術協会、(社)日本洋菓子協会連合会、日本醸造協会、
 
学校、研究機関
国立国語研究所、三菱総合研究所、カラーデザイン研究所、筑波大学、日経広告研究所、協和埼玉総合研究所、技術情報センター
 
 一般企業
NTT東日本、NTT西日本、JR東日本、日本JT、日立製作所、(株)ワコール、武田薬品(株)、伊藤忠、シチズン時計、森永乳業(株)、東洋紡績(株)、協和エクシオ(株)キリンビール、大日本印刷、資生堂、カネボウ(株)、カネボウ化粧品、帝人(株)、協和発酵(株)、凸版印刷(株)、リクルート、(株)日立エアコン、日本ポラロイド(株)、横浜ゴム(株)、トヨタフォークリフト(株)、トヨタ販売(株)、トヨタ部品(株)、豊田紡織(株)、日本航業(株)、国際航業(株)、アメリカンホーム保険会社、(株)アイプラネット、山武、東京ガスエネルギー、吉田工業(株)、三井海上火災保険(株)、大成建設(株)、NTT都市開発

 
 音相理論は、木通隆行が研究したものです。
 これについては一切の責任を負いません。
 
                                    

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事