全体表示

[ リスト ]

箱根芦之湯温泉 きのくにや

箱根の芦之湯にある温泉旅館

2008.05.16入湯


イメージ 1 イメージ 2
箱根で硫黄の香りが強い温泉は、この芦の湯だと教えてもらい仙石原温泉の帰りに寄ってみました。入浴料が1000円とは少し高いなと思いながら。しかし、後から判ったのは、HPをプリントすれば200円割引いてもらえたのだ。残念。

イメージ 3

日帰り入浴客には2種の温泉が用意されていて、その内の一つがこちら貴賓殿。
中には、内湯の黄金の湯と露天風呂の山嵐の湯がある。

イメージ 4

こちらは、黄金の湯で白濁で硫黄の香りがするが、強いという程ではない。
湯口が5つあり、左から底無しの湯、十三番の湯、達磨の湯、仙液の湯、黄金の湯と書かれている。底無しの湯と仙液の湯は湯が出ていない。

十三番の湯は、泉温は低く、硫黄の臭いが強く、PHは6.68。
達磨の湯は、泉温が高く、無味無臭。
黄金の湯は、泉温は低く、僅かに硫黄臭がする。

全体の泉温は42.2℃、PH7.02(実測値)
もう少し硫黄臭が強い方が好みだが、まあ許せる範囲かな。

イメージ 5

露天の山嵐の湯は、無色透明・無味無臭であっさりとした湯。眺めが良いのが良いかな。
泉温は44.1℃  PH8.02(実測値)

イメージ 6

もう一つの湯である、湯香殿の入り口

イメージ 7

内湯は、少し白濁しているが僅かに硫黄の香りがする。黒い湯ノ花が浮いている。

イメージ 8

湯香殿の芦ノ湖周遊風呂だが、無色透明・無味無臭であっさりとした湯。

イメージ 9

こちらは、神遊風呂。ぬる湯で硫黄の香りが強くて気持ちが良かった。

全体の印象としては、接客が良くないし宿泊してまでも湯を楽しむという感じの旅館では無かった
ですね。

泉質については、様々な源泉を引湯している為、複雑で書く事が出来ませんでした。
表はあるのですが、それでも複雑で・・。
必要な方は、旅館のHPで。箱根にごり湯の会の会員旅館との事。



住所      神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯8番地 
温泉地名    芦之湯温泉 
利用施設名称 きのくにや
源泉名     芦之湯温泉

加水      無し
加温      有り
殺菌剤     有り
入浴剤     無し
循環装置    有り
源泉率     不明
好感度     ☆☆☆(黄金の湯と神遊の湯のみ)  
外来入浴     12:30から16:00  
料金       1000円
備品      石けん・シャンプー有り 
定休日      不明
電話       0460-83-7045
HP          http://hakone-kinokuniya.co.jp/index.html

閉じる コメント(2)

HPがあるところはチェックして行った方がいいですよね!
白濁した硫黄の香りの湯を独占(●^o^●)
最高ですね!!

2008/6/11(水) 午前 6:06 ヒロ

アバター

ヒロさんへ
そうなんですよ。事前にしっかりと調べておけば、こんな事にはならなかったと反省してます・・(^_^;)。この湯も源泉掛け流し100%であったら☆は4つか5つだったと思います。

2008/6/11(水) 午前 9:05 温泉


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事