足利流浪:*:゜☆:*:゜☆:*:゜

テレビ情報は鵜呑みにせず、今一度、頭の中で整理しましょう。転載フリー。

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
 
東日本大震災を引き起こした震源断層を掘削し、海底地盤の変化を調べる国際共同計画が、日本の海洋研究開発機構などの参加で来春にも実施される見通しになった。
 地震直後の摩擦熱が残る海溝型地震の断層を掘削する世界初の試みで、マグニチュード9・0という巨大地震の解明につながる成果が期待される

なんか、すっとぼけたこと言ってるけど。
 
2011/7/18(月) 午前 2:38の私の記事より↓
もうひとつおまけに、東日本大震災の時にいろいろ疑われていた地球深部探査船「ちきゅう」が、6/13〜7/3まで検査及び補修後の試験航海の名目で横浜港から駿河湾あたりをうろついていたのも気になりますね。
あ、それと、この「ちきゅう」を運用している独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の理事長さん、科学技術庁事務次官を経て日本原子力研究所に天下ってます。この顔、よく覚えておきましょう。
イメージ 1
 
科学技術庁の親分〜原子力の親分になったお方が
穴掘り名人のドンになってるわけです。
 
アメリカがデフォルトするかどうかで騒いでるさなか8月1日の駿河湾地震の前、
6/13〜7/3に駿河湾辺りをウロウロしてたらしいじゃないですか?
ちなみに、人工地震という言葉技術も、56年前に既にあります
 
イメージ 2
1955年9月21日 読売新聞14版 朝刊7面より
 
イメージ 4
1955年9月21日 朝日新聞12版 夕刊3面より
 
イメージ 3
1955年9月21日 朝日新聞12版 朝刊7面より
 
イメージ 5
1955年9月23日 朝日新聞12版 朝刊3面より
 
 
最近の新聞じゃ、人工地震って言葉ぜんぜん使わないようですけど何ででしょうね。
3.11が人工地震であったにせよ、なかったにせよ、検証くらいしてもいいんじゃない?
新聞社さんは頭脳集団なんだろうからさ。
 
 
以下、リチャード・コシミズ氏の記事転載
 



終戦直前、半田の中島飛行機工場を襲った大地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ散布。

●20110810 封印された大震災〜愛知・半田
http://www.dailymotion.com/video/xkgfxg_20110810-yyyyyyyy-yy-yy_

情報感謝。NHKが著作権を振りかざして削除する前に、みなさんダウンロードを!そして....そのあとは皆さんにお任せ。

初っ端に出てくる地震波形が....「最初から激しいP波」じゃないですか、まったく。



そして、「地震の次はなにを....」は20分20秒くらいから。



津波の被害に触れていないのが気になりました。半田は、三河湾の内部なので被害がなかったということか?この類の終戦前後の大地震は4回あり、大きな津波被害も報告されています。さて、この大地震、「東南海地震」と呼ばれています。



東南海地震wikipedia
「東南海地震(とうなんかいじしん)は、紀伊半島沖から遠州灘にかけての海域(南海トラフの東側)で周期的に発生する海溝型地震。規模は毎回 M 8.0 前後に達する巨大地震で、約100年から150年周期で発生している。東南海大地震(とうなんかいだいじしん)とも呼称される。」

NHKは、「東南海地震がくるぞ〜」という意味で不安を煽る目的で、311テロリストの要望に応じてこの番組を流したのか?そんな中でも、真実を伝えようとした人たちがいたのか?

いずれにせよ、重要な情報です。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

日本の船を使って穴を掘ったとしたら、当然のことながら日本に奴らの言うことを聞く国賊が居るってことでしょう!

2011/8/14(日) 午前 1:09 [ - ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事