ここから本文です
サロマニスト(夢追人)
長きに渡り、ご愛読を頂きましてありがとうございました❗

書庫新着!

すべて表示

イメージ 1

今日の1ショットは、釧路川源流の川下りです。
サロマ湖100劵Ε襯肇薀泪薀愁鵑陵眛に遊びに行きました。
前日に足を酷使したので、この日はカナディアンカヤックに乗り約2時間で釧路川の大自然を満喫したのです。車に乗り道路から見る景色とは違い、大自然の中をのんびり、ゆったりと流れながら楽しめます。
ご用命は、River and Fieldへ!


2019サロマン計画は、木曜日に余裕を持って北海道入りしました。
毎年お世話になっている「かがり屋」さんに宿泊し、廃線後のサイクリングロードで早朝ジョグをして最終調整していました。
イメージ 2

3,4,5、6月に完走が出来るよう練習を積んでいたので、直前になり焦らないよう疲れを取りました。
イメージ 3



カレイの煮つけ!
イメージ 4


ホタテの貝柱の刺身!
イメージ 5

昼食には、カシワ蕎麦を作ってもらいました。
イメージ 6


キンキの煮つけは、とろ〜っとして美味しかった!
イメージ 7

風景写真など楽しみながら、レーススタートまでのんびりとして体調を整えることが出来ました。
イメージ 8


レース当日は、スタート直前までの雨がやみサロマらしい心地よいオホーツクの風がコース上を撫でました。
イメージ 9


今回は、20回目のサロマと言うことで、「確実に完走をする!」と言うことをスローガンに慎重にペース配分を考え淡々と走りました。
イメージ 10


ワッカでは、ひざの筋肉が痙攣しそうだったので、歩いてしまいましたが、心地よい風と原生花園の素晴らしい景色を堪能できました。
イメージ 11

歩きを交えながらも確実にゴールへと向かうために時には屈伸をしながらラストの19劼鮃圓ます。
イメージ 12



折り返しの「例の橋」から常呂町方面を望む!
う〜ん、気持ちいい!最高〜♪
イメージ 13


はい、ゴール☆
昨年の記録を22分短縮できました。
イメージ 14

編集長のうめこさんから頂いたプレートで記念撮影☆彡
20回連続を達成することが出来ました。嬉しい!
レース後に缶ビールで乾杯、帰りのバスでも乾杯、
イメージ 15


宿について風呂上りに宴会!幹事部屋でも乾杯!
イメージ 16

夜中の2時30分に目が覚めて朝の4時まで乾杯!
イメージ 17

でもちゃんと朝の6時に起床して記念撮影をしましたよ!
イメージ 18



さあ、早朝の釧路川源流で遊ぶぞ〜おー!
イメージ 19


人工物がない湿原の中をゆっくりとカナディアンカヤックは進んでいきます。
イメージ 20



メンバーは大喜び!何ってったって足を使わないところが良いね!
イメージ 21

大自然の中でティータイム♪
予約はこちらです!リバー&フィールド
イメージ 22



思いっきり遊んだ後は、プリンスホテルのバイキングランチ!
もちろん乾杯付き♪
イメージ 23


川湯で足湯!脚の疲労をじっくりと摂りました。ここでも乾杯!
イメージ 24


締めは、大好きな美幌峠から屈斜路湖を望む!
イメージ 25



もちろん、女満別空港のレストランでも乾杯!
サロマ完走が、嬉しすぎてたくさん呑んでしまいました。


※このブログもサービス終了と言うことで、最後の投稿になると思います。。
振り返れば、2005年から14年間も膨大な量の記録を綴ってきましたが、それが無くなってしまうのが惜しい気がします。しかし、投稿してきたことによって、顔も知らない友達たちより応援や励まし、ありがたい言葉を頂き、走り続けるエネルギーを頂きました。これからは、記録する場所を変えていきますが、このヤフーのブログに心から感謝しています。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 2019サロマ湖100劵螢競襯

    2019/7/1(月) 午前 4:26

    20回連続完走を達成出来ました❗

  • 奄美大島最高峰湯湾岳

    2019/1/28(月) 午後 5:52

    今日の1ショットは、奄美大島の最高峰「湯湾岳」登山道にデンと生えていた迫力のある熱帯っぽい樹木です。最高峰と言っても694mですが…おまけに登山口から頂上まで40分くらいで登れてしまいます。しかし、下から登るとなるとかなり険しい登山道になるのではないかな?ハブがいることを考えると安全なコースです。 徳之進から奄美大島までプロペラ機で渡ります。 ...すべて表示すべて表示

  • 今日の1ショットは、喜念浜海岸から拝んだ朝日です。 昨日の犬の門蓋から見た夕日が地球を一周して反対側から登ってきました。 地球が丸いことと、太陽の周りを周っていることが感じられました。 朝焼け・・・ 今日の天気は、下り坂になりそうな気配です。 喜念浜キャンプ場に宿泊しようと思ったら、営業をしていなかったようで、仕方なく空いているところへテ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事