ここから本文です
サロマニスト(夢追人)
長きに渡り、ご愛読を頂きましてありがとうございました❗

書庫全体表示

奄美大島最高峰湯湾岳

イメージ 1

今日の1ショットは、奄美大島の最高峰「湯湾岳」登山道にデンと生えていた迫力のある熱帯っぽい樹木です。最高峰と言っても694mですが…おまけに登山口から頂上まで40分くらいで登れてしまいます。しかし、下から登るとなるとかなり険しい登山道になるのではないかな?ハブがいることを考えると安全なコースです。


徳之進から奄美大島までプロペラ機で渡ります。
上空から見ると山岳地帯の割合が多いことがよくわかります。
イメージ 2


レンタカーを借り、スーパーで食料とお酒を購入し、奄美体験交流館内にあるお風呂へ入りました。この日の天気は不安定なため、テント泊を取りやめ、登山口で車中泊です。購入した中に牛乳パックと思って購入した「みき」と言う飲料品…甘酒とも違う、すし飯のような香り?不思議な飲料品でした。疲れた体に効果的な飲み物だと感じました。
イメージ 3



写真は朝の様子ですが、20時頃の様子は月明かりがあったものの、誰もいない山の上とあって薄気味悪かったです。しかも、強風と小雨が車を叩きつけて揺れがあるほどでした。
イメージ 4


鳥居をくぐり登山開始です。(7:42)
イメージ 5


登山道ははっきりと見えるものの、昨年の台風の影響で倒れたと思われる木が所々に点在していました。
イメージ 6



頂上に近づくと木道が整備されています。(8:08)
イメージ 7


頂上と思われる印に到着〜♪(8:13)
イメージ 8

奄美大島の最高峰、湯湾岳をゲット!
イメージ 9



石柱に刻印された文字は解読できませんでした。
イメージ 10


頂上下にある祠の右側から頂上へ行く登山道があります。
イメージ 11


雨の日は、この道が沢になるのでしょうね。
イメージ 12


登山口の反対側の展望台からの景観です。こちらの方が遥かに良い眺めでした。
イメージ 13


天気も回復してきましたよ♪
イメージ 14


緋寒桜は、五分咲きと言ったところかな?
イメージ 15



さて、次の目的地の田中一村記念美術館へ!
イメージ 16

日本のゴーギャンとも言われる作風!
本物の迫力ある絵画を堪能してきました。
イメージ 17


作品に影響を受け、似せて写真を撮ってみました。
イメージ 18


どうかな?
イメージ 19


これは?
イメージ 20



お、いい感じかな?
イメージ 21

3泊4日の急ぎでアドベンチャーを楽しんで来ましたが、次回来るときはもっとゆっくり見て回りたい島々であると感じました。
イメージ 22



湯湾岳のコース図です。
イメージ 23

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事