ここから本文です
サロマニスト(夢追人)
長きに渡り、ご愛読を頂きましてありがとうございました❗

書庫全体表示

記事検索
検索

全353ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019大雪山(2)

イメージ 1

今日の1ショットは、日の出頃の黒岳石室キャンプ場から北鎮岳方面のピンク色に染まる雪渓です。


二泊三日の大雪山の行程は忙しいです。朝、4時に起床しおにぎりとラーメンスープの朝食を摂り、撤収作業〜
12時の旭川空港行きバスに乗車するため、4時50分に出発です。

快晴となりましたが、物凄い風が吹き続きます!歩いていると、左手に吹き飛ばされそうなくらいでした。(5:50)
イメージ 2

遠くには更に山々が続く…大雪山のとてつもなく大きな規模が分かります。
イメージ 3


間宮岳をゲット!
イメージ 4


渓流脇にダイレクトに湧き出る中岳温泉を川水で調温し浸かりました♪
さっぱりとして下山できます!(7:02)
イメージ 5

エゾノリュウキンカ
雪解け水が流れる脇に咲いていました。一見、わさびかな?って思ってしまいます。
イメージ 6


昨日見ることが出来なかった旭岳の全貌!
チングルマバージョン!
イメージ 7


ゼッケンバージョン!
イメージ 8

天国にはまだ行ったことはないけど…天国みたい!
イメージ 9


ミヤマリンドウ
イメージ 10


竜胆?桔梗?わからない…
イメージ 11


マルバシモツケ
イメージ 12



地獄谷の噴煙が見えてきました!(9:03)
イメージ 13


はいおしまい!(9:17)
予想以上に雄大で楽しむことが出来ました♪
次回は、縦走を実現できるように準備します!
イメージ 14


エゾコザクラ
イメージ 15


庭園を一回りしてビールを買いに売店に入り戻ったら…旭岳に霧がかかってしまいました。(10:25)
イメージ 16

無事12時の旭川空港方面のバスに乗れました!
イメージ 17

旭川空港で締めのジンギスカンを食す!
イメージ 18



マイルで行ったので7,000円の予算で行けました。
またマイルを貯めて行きたいです!

開くトラックバック(0)

2019大雪山

イメージ 1

今日の1ショットは、大雪山に咲くコマクサです。
7月の下旬に初めて大雪山に行ってきました。
最初の計画は、旭岳〜黒岳〜北海岳〜白雲岳〜忠別岳〜トムラウシ岳〜十勝岳を計画していましたが、ヒサゴ避難小屋が工事中と言うことと、予定が合わなかったことで、お鉢巡りとなりました。
そんな中、大雪山のたくさんの花が咲く中、高山植物の中でも私が最も好きなコマクサに出会えました。


   
 Yahoo!ブログが今年の暮れにサービスが終わってしまうので、更新するのも無駄かな〜って思ってしまうけれども、懲りずに編集しておきます。



たまったマイルで羽田〜旭川の午後便の航空券を予約し、テントと寝袋を背負って初の大雪山チャレンジ!
旭川空港から旭岳ロープウェーまで路線バスで1,000円で移動し、麓のキャンプ場で前泊です。

朝、3時30分に起床して身支度し、始発(6時)のロープウェーで姿見池へ!濃い霧が立ち込めていましたが、昼頃には晴れる予報だったので、期待してスタート!


霧の旭岳のピークハント!(7:52)
イメージ 2

チングルマ
イメージ 3


イワブクロ
イメージ 4

雪渓が溶けて冷たい渓流に変わります!
イメージ 5


ヤッホー♪って感じになってしまいます☆
イメージ 6



キバナシャクナゲ
イメージ 7


エゾノツガザクラ
イメージ 8

今年は、残雪量が多いという…
軽アイゼンを持っていけばよかったです。
イメージ 9


黒岳石室に到着〜(10:57)
イメージ 10


避難小屋ですが、ビールやピンバッチなどが売っています。
イメージ 11


チングルマとヨツバシオガマと石室
イメージ 12


ヨツバシオガマ
イメージ 13

テントを設営し、荷を下ろし身軽になって黒岳頂上をゲット!
イメージ 14

霧が晴れ大雪山の雄大な景色が見えてきました♪
イメージ 15


苔の花…
イメージ 16


桂月岳から北鎮岳方面を望む!
雪渓の量が多いので、北鎮岳へのコースを断念…
イメージ 17


桂月岳をゲット!
イメージ 18


ギンザンマシコ?
イメージ 19


黒岳石室ビール(雪渓ダイレクト冷法)
イメージ 20


風が強く吹くので、テント内で夕食です。換気はちゃんとしましたよ♪
イメージ 21

食後にジョニグロのお湯割りを楽しみました!
イメージ 22


明日も4時起床なので、早めに寝ました!夜空には降り出しそうな満天星や、流れ星、人工衛星までも見ることが出来ました♪
イメージ 23

開くトラックバック(0)

イメージ 1

今日の1ショットは、釧路川源流の川下りです。
サロマ湖100劵Ε襯肇薀泪薀愁鵑陵眛に遊びに行きました。
前日に足を酷使したので、この日はカナディアンカヤックに乗り約2時間で釧路川の大自然を満喫したのです。車に乗り道路から見る景色とは違い、大自然の中をのんびり、ゆったりと流れながら楽しめます。
ご用命は、River and Fieldへ!


2019サロマン計画は、木曜日に余裕を持って北海道入りしました。
毎年お世話になっている「かがり屋」さんに宿泊し、廃線後のサイクリングロードで早朝ジョグをして最終調整していました。
イメージ 2

3,4,5、6月に完走が出来るよう練習を積んでいたので、直前になり焦らないよう疲れを取りました。
イメージ 3



カレイの煮つけ!
イメージ 4


ホタテの貝柱の刺身!
イメージ 5

昼食には、カシワ蕎麦を作ってもらいました。
イメージ 6


キンキの煮つけは、とろ〜っとして美味しかった!
イメージ 7

風景写真など楽しみながら、レーススタートまでのんびりとして体調を整えることが出来ました。
イメージ 8


レース当日は、スタート直前までの雨がやみサロマらしい心地よいオホーツクの風がコース上を撫でました。
イメージ 9


今回は、20回目のサロマと言うことで、「確実に完走をする!」と言うことをスローガンに慎重にペース配分を考え淡々と走りました。
イメージ 10


ワッカでは、ひざの筋肉が痙攣しそうだったので、歩いてしまいましたが、心地よい風と原生花園の素晴らしい景色を堪能できました。
イメージ 11

歩きを交えながらも確実にゴールへと向かうために時には屈伸をしながらラストの19劼鮃圓ます。
イメージ 12



折り返しの「例の橋」から常呂町方面を望む!
う〜ん、気持ちいい!最高〜♪
イメージ 13


はい、ゴール☆
昨年の記録を22分短縮できました。
イメージ 14

編集長のうめこさんから頂いたプレートで記念撮影☆彡
20回連続を達成することが出来ました。嬉しい!
レース後に缶ビールで乾杯、帰りのバスでも乾杯、
イメージ 15


宿について風呂上りに宴会!幹事部屋でも乾杯!
イメージ 16

夜中の2時30分に目が覚めて朝の4時まで乾杯!
イメージ 17

でもちゃんと朝の6時に起床して記念撮影をしましたよ!
イメージ 18



さあ、早朝の釧路川源流で遊ぶぞ〜おー!
イメージ 19


人工物がない湿原の中をゆっくりとカナディアンカヤックは進んでいきます。
イメージ 20



メンバーは大喜び!何ってったって足を使わないところが良いね!
イメージ 21

大自然の中でティータイム♪
予約はこちらです!リバー&フィールド
イメージ 22



思いっきり遊んだ後は、プリンスホテルのバイキングランチ!
もちろん乾杯付き♪
イメージ 23


川湯で足湯!脚の疲労をじっくりと摂りました。ここでも乾杯!
イメージ 24


締めは、大好きな美幌峠から屈斜路湖を望む!
イメージ 25



もちろん、女満別空港のレストランでも乾杯!
サロマ完走が、嬉しすぎてたくさん呑んでしまいました。


※このブログもサービス終了と言うことで、最後の投稿になると思います。。
振り返れば、2005年から14年間も膨大な量の記録を綴ってきましたが、それが無くなってしまうのが惜しい気がします。しかし、投稿してきたことによって、顔も知らない友達たちより応援や励まし、ありがたい言葉を頂き、走り続けるエネルギーを頂きました。これからは、記録する場所を変えていきますが、このヤフーのブログに心から感謝しています。

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

2019サロマへ!

イメージ 1

今日の1ショットは、SEIKOのファーストダイバーレプリカです。
大きさと程よい重さ、何より文字盤のセピアっぽい色が結構気に入っています。
レトロな外見だけれども、スペックは今のダイバーのモデルの物です。


さて、いよいよサロマへ向かう日が近づいてきました。
体や脚の仕上がりは、どうかな?

2016年から練習量、体重やBMIなどを記録しています。
下のグラフがそれ…
イメージ 2

昨年に限り「毎日10劼領習を」という感じでしたが
今年は、今までと同じ、20劼魎靄椶箸靴仁習に戻しています。
しかし、練習距離が若干少なめかな〜
10劼涼擦の習だと長い距離の脚作りに弱い感じでした。
年間練習量が同じでも内容が違うと結果に影響が出るのですね。


BMIは2016年のレベルまで戻し、体脂肪率もかなり落とすことが出来ました。
しかし、年齢が増えた分、走りにキレがなくなった感じです。
年間練習量については、平年並みの約2200劼任垢、距離の山を年明けに持ってきています。また、年末から3月ごろまで藤野〜高尾山口の強化トレも実施しました。

データで分析しながら今年のサロマの予測を楽しんでいます。
さて、今年はどんなサロマになることやら…

ブログは今年で終わってしまいますが、どうぞ最後まで見てくださいね!
しかし、今までの山業やリゾランの旅データが失われてしまうのは惜しい…

開くトラックバック(0)

全353ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事