ここから本文です
水中写真家・大方洋二の魚って不思議!
ブログリニューアルしました!
歌舞伎役者には「隈取り」という化粧法がある。役柄の性格や表情を強調するため、絵の具で顔を彩ること。


「怒り」を表す(?)シチセンベラ                                                         

イメージ 1

魚にもそのような化粧法?をしたのでは、というものがかなりいるので集めてみた。












アオスジテンジクダイ

イメージ 2

目から口に伸びるシャープな青い線が特徴のアオスジテンジクダイ。歌舞伎というよりインディアンに近いかもしれない。











オトメベラ
イメージ 3

顔が派手なのはベラ類に多い。特にオトメベラは、最も歌舞伎役者の顔に近いといっていいだろう。










クマドリ                                                          

イメージ 4

隈取りが由来と思われる魚もいる。ズバリ、クマドリだ。しかし意外なほどおとなしめの顔をしている。ちなみに顔に縞模様がないこの個体はオスで、メスの顔には縞模様がある。










クマドリカエルアンコウ
イメージ 5

クマドリカエルアンコウも隈取りが由来なのだろう。顔に赤茶色の模様があり、いかにもそれっぽい。










モンツキカエルウオ

イメージ 6

モンツキカエルウオの化粧は微笑ましいので、悪役でも怒りでもない。今でいうサービス業の顔だろうか。



書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事