ここから本文です
水中写真家・大方洋二の魚って不思議!
ブログリニューアルしました!
イソバナの仲間(イソバナ科)はイソバナ、オオイソバナ、リュウキュウイソバナなどが主。イソバナは高さが15cm程度で温帯域に適応しているのに対し、他の2種は高さ50cmを超える大型種で、琉球列島などの亜熱帯・熱帯域に分布する。


イソバナとハリセンボン('01年、奄美)
イメージ 1
2000年ごろにハリセンボンが異常発生したことがある。徐々に少なくなっていったが、残りの個体がテーブル状サンゴの下やイソバナをよりどころにしていた。









イソバナとユウゼン('11年)
イメージ 2
八丈島のポイントにもところどころイソバナが見られる。シラコダイやユウゼンなどがやってきて、ポリプをつつくことがある。










フエヤッコダイとイソバナ('11年)                                             
イメージ 3
慶良間にはイソバナが群生しているところが多い。イソバナと魚を一緒に撮るには運も必要だが、ポリプを好むミゾレチョウやフエヤッコダイなら比較的簡単。









イソバナの林とユカタハタ('09年)
イメージ 4
インド洋東部のアンダマン海にスミラン諸島というダイビングエリアがある。クルーズで巡るのが一般的。どのポイントもウミトサカやイソバナが群生していて、きれいな写真が撮れる。このときはポリプが開いていたので、少し白っぽく写っている。







タテジマキンチャクダイ('11年、座間味)
イメージ 5
イソバナのそばに来るのはポリプ食の魚がほとんど。その他の魚は海底のエサを探しながらなので、いい位置には入らない。このタテジマキンチャクダイも下のほうを通ったが、ギリギリセーフという位置に納まった。




書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事