おおきなき交流広場 〜言の葉(ことのは)〜

おおきなきHPにもお越しください。プロフィールからどうぞ。

全体表示

[ リスト ]

報告1〜4はこちらをご覧ください



マジカルトイボックス第40回イベント参加報告5
「マイトビー(視線入力型意思伝達装置)

山ねこ工作室のブログでも、先日、イベント報告がありました。
その中で、「おおきなき交流広場」のことも紹介してくださり、
うれしかったたですし、山ねこさんとマジカルトイボックスで
出会えたことに感謝しました。



おおきなきでは、OAK(オーク)というキネクト(センサー)
使った入力方法や、マイトビーという視線入力型意思伝達装置を
使って、お子さんの世界を広げていけないかという試みをしている。


このような体に触れる必要がなく、一切の力を必要としない
スイッチを、「非接触型スイッチ」というくくりで、
私は捉えている。もちろん、視線もそうだが、身体の一部が
かすかでもいいので「動く」ことは必要である。


お子さんに出会い「非接触型スイッチ」を使うに至るまでには、
いくつかの「接触型スイッチ」の使用を検討してみている。
身体のどこの部位でもいいから意識的に動かせる場所を探し、
わずかの力でもいいからON・OFFできるお子さんに合う
スイッチを試した上で、「非接触型スイッチ」のほうがいい
という判断をしている。


入力方法の選択の過程では、障がいの重いお子さんの場合、
お子さんがやってみたいことを「より楽に」体に負担が
かからないでできるということは、とても重要なことだと
思っている。好きなことをやるにしても、時間がかかり
疲れがたまっていく方法だと、健康状態に影響が出たり
意欲を低下させたりすることにつながってしまうからである。


「接触型スイッチ」でも、少しの時間なら大丈夫とか、
待つことでスイッチを押せる場合もあるということを生かす
ということもあるが、「生活を豊かにする」ためには
「より自由に使える」ことが大事になってくる。


マジカルトイボックスのイベントでは、毎年、マイトビーが
展示されていたけれども、高価なため現実的には使えないという
判断をし、私は、遠くから眺めるだけだった。数年前までの私は
そうだった。
そのマイトビーを使えるようになったことは、夢の中のできごと
のような気がする。
でも、これを使って一人でも二人でもお子さんが目を輝かせ
自分の世界を広げることができたとしたら、そして、
特に障がいが進行していくようなことがあるならば、
できるだけ早く、選択肢のひとつとして考えられる環境を
整えたいと思うようになっていった。


イメージ 1
マイトビーC15Eye (株)クレアクトのHPより



参加報告6へつづく

執筆者:事務局A



マイトビーの実践報告はこちらをご覧ください



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事