ここから本文です
朝来市大蔵地域自治協議会のブログ
活動状況をブログでお伝えしています。皆さん、のぞいてみてください。

書庫全体表示

7月に植え付け、9月に土寄せ作業を行った岩津ねぎも、
その後大きく成長し、いよいよ収穫の時期となりました。

昨年は、雪の降る寒い中での収穫作業でしたが、
今年はとてもよいお天気に恵まれました。

説明を聞いてから、作業に入ります。
シャベルで根元を掘り起こし、抜いていくのですが、
青い葉っぱの部分を引っ張って抜いたために、ブツッと切れてしまい、
抜かれたねぎがかわいそうな姿になっているものもあったりして…

収穫したねぎは、近くの用水路で洗います。
冷たい水の中での作業でしたが、みんな頑張っていました。

イメージ 1

イメージ 2

外での作業を終えた後は、岩津ねぎを使ったクッキングです。
手洗い、身支度をきちんとして、ねぎをたくさん使った「ねぎ焼き」を
作ります。

今年は使う野菜はねぎのみ、あとは天かす、干しエビ、刻みチーズ、
ちくわ、ウィンナーを用意しました。

一人ひとり器に生地を入れて、自分の好きな具材を入れます。
ねぎは必ず入れましょう!!
よく混ぜたら、大人の人に手伝ってもらいながら焼いていきます。
太めのねぎは、そのまま焼きねぎに。

イメージ 3

イメージ 4

おいしそうな匂いが、部屋中に広がってきました。
さあ、いただきましょう!

イメージ 5

イメージ 6

焼きねぎには、なかなか子供たちの手が伸びず、「おいしいから食べてごらん。」
とすすめてみると、ようやく口にしてみて「おいしい」という子も。
少し火が通ることで、とても甘くなりおいしいので、ぜひ食べてもらいたいですね。


岩津ねぎの栽培体験を、3回にわたって行いました。
こういった経験を通して、食材への感謝、作ってくれた人たちへの感謝の気持ちが
持てるようになれば、と思います。


大蔵地域自治協議会のHPへ戻る→http://ookura-jichikyo.com

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事