ここから本文です
朝来市大蔵地域自治協議会のブログ
活動状況をブログでお伝えしています。皆さん、のぞいてみてください。

書庫全体表示

7月14日、寺谷の小山優さんの畑をお借りして、岩津ねぎの植え付け体験を行いました。
初めに公民館で、寺谷での野菜の栽培のことや、岩津ねぎの栽培方法について説明していただきました。

梅雨空が広がり小雨の降る中、畑までみんなで歩いて向かいました。
畑に到着し、作業を始めるころには、雨もやんで日が差していました。

まず、畑に作られた畝(うね)に波板を立てかけます。その波にそって苗を植え付けていきます。

イメージ 1

根元に土をかぶせてから波板を起こして、板の裏側からも土をよせていきます。苗が垂直に立つ状態になったら、波板を引き抜きます。この方法だと、等間隔に、きれいに植え付けることができます。

イメージ 2

みんなで協力して、きれいに植えることができました。

イメージ 3

イメージ 4

公民館まで、畑に植えられている色々な野菜を観察しながら、ゆっくり歩いて帰りました。

これは、落花生です。黄色いかわいらしい花が咲いています。

イメージ 5

枝豆も美味しそうに実っていました。

イメージ 6

他にも、トマトやきゅうり、とうもろこし、オクラ、かぼちゃなどなど、たくさんの野菜を見ることができました。

秋になったら、ねぎ畑の「土寄せ」という作業をします。それまでの間、あの小さな苗がどんなふうに大きくなっていくか見に行ってみてください。楽しみですね。

小山さんにはお世話になりました。ありがとうございました。また、秋まで、苗のお世話をよろしくお願いします。


大蔵地域自治協議会のHPへ戻る→http://ookura-jichikyo.com/

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事