ここから本文です
朝来市大蔵地域自治協議会のブログ
活動状況をブログでお伝えしています。皆さん、のぞいてみてください。

書庫全体表示

幻の高瀬城を歩く


雑木林の尾根道----幻の高瀬城を歩く
交流と魅力づくり部会/里山を歩く会
 
1118日(日)、前日からの雨をものともせず11人の山好きが集まりました。
今日は、宮田・高瀬から岡・芳賀野にかけて広い範囲の尾根筋に築かれた
南北朝〜戦国期の山城「高瀬城址」を訪ねます。
 
イメージ 1
 
 
8時半、大蔵市民センター集合。
予備学習の後、9時出発。
高瀬の三柱神社から山に入ります。
尾根の堀割りの道を進みます。
左右の崖の上には曲輪(くるわ:防御等のため兵士が集結できるよう削平された区画)が配置されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
主稜線に出ると高瀬側斜面の黄葉がきれいです。
ときおり陽が射してきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
コナラやクヌギ、カシなど、伐採されなくなったので
大木に育っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 5
 
 
 
 
馬の背状に両岸が切り落とされた土橋を進みます。これも防御施設です。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
右側、宮田の深谷から、左側、法道寺の吉竹へ越す標高
265mの峠です。地図をのぞいて確認します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お昼前に登頂!
梨ヶ岳290mの山頂は、幅510m、延長120mの削平地が、二本の堀切で三区画に
区分されています。高瀬城の主郭です。
山頂を吹き抜ける風は、もはや冬の風!お昼をすませ、早々に下山にかかります。
1時間ほどで麓の東谷へ下りました。
 
イメージ 7
 
 
 
 東谷の「大田(おおだ)」と呼ばれる水田跡の石垣です。とても田んぼの石垣というようなものではありません。上の平地は、元は屋敷だったのでしょう。高瀬城主の居館だったかもしれません。
 
 
 
 
 
 これはすごいですね。
元はこの東谷一帯に設置されていたのでしょう。五輪塔や宝篋印塔の残欠、
地蔵さまや阿弥陀さまの板碑(いたび)が大量に集めてあります。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、大蔵小学校発祥の地―見妙庵(けんみょうあん)跡―を見学し、午後2時、
全員元気で市民センターに帰り着きました。
 
時雨にけぶる雑木林と数々の歴史遺産に、心満たされた高瀬城址の山行でした。
 
                         (撮影/文:交流と魅力づくり部会 斉藤)
 
大蔵地域自治協議会のHPへ戻る→http://ookura-jichikyo.com
 
 
 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事