大阪わらじの会(旧ブログ)

http://osakawaraji.jpn.org/ に引っ越しました。

全体表示

[ リスト ]

2014年5月3日
【エリア】
栗平川
【メンバー】わらじ探検隊(3名)


栗平川本流の水無谷は、以前、魚の谷を遡行した際に、たおやかな流れを目にして以来、気になっていた。その後、台風の大被害を受けて様相が変わったと聞いていたが、どうなったのか?沢初めに行ってみることにした。

 

前夜に旭の川ダムで前夜泊。釈迦が岳登山口に下山用の車をデポして、栗平川へ。途中で通行止めになっていたので、そこから林道を歩く。栗平川川沿いに林道がついていて、以前、魚の谷に来た時、こんな林道あったかな?川こんなに小さいの?と疑問を浮かべながら歩いていく。小一時間ほど歩いて行くと、なんかむかしのSF映画に出てくるような、巨大な人工的な山が現れる。日が照って暑いこともあって、海外の高山帯にでもいるような雰囲気。ラクダが歩いていても違和感無さそう。ただ、山が重機で固められていて、映画のセット感を漂わせている。

イメージ 1

この先はどうなっているのか?噂の土砂ダムとやらがあるのかな?高巻き簡単かな?とか言いながら、山を登っていくが、傾斜が急だし、荷物も重いし、ものすごく疲れた。最高点で休憩した後、先を見に行く。すると、なんと、みずうみ〜!これ渡るのは、ハクチョウ号が必要なのでは、、、

イメージ 2

イメージ 7

ここまで、スケールが大きいとは。なんか監視カメラまでついている。

イメージ 3

そうはいっても、ここまで来たのだからとりあえず偵察に。左岸を見に行くと、なんか行けそう。土砂ダム建設後の初遡行を目指し、ザック担いで左岸トラバース開始。

イメージ 4

けもの道みたいな踏み跡も出てきて、これなんとかなるんでは?と思ったころに、行く手を阻む崖が。。。さすがに、遠泳をする気もしないので断念。

イメージ 5

大人しく引き返して、車止めへ戻る。傍にあった廃屋を見に行くと、裏手に魚の谷の標識が。なんと、車止めの向いの支流が以前遡行した魚の谷で、林道沿いの川が、たおやかな流れを目にした水無谷とは、、、激変した光景に改めて驚く。ということは、土砂ダムの場所は、湖の向こうに二股が見えたので、クイゼ谷出合いのすぐ下流ということが判明した。こうなるとクイゼ谷は入渓困難な幻の谷になってしまったのか。水無谷も下流から入るのは無理そう。ゴムボートでも担いでチャレンジするしかないのか?

 

仕方がないので、下流の河原で、昼寝した後、山中で食べる予定の餃子を作って、焚き火宴会。
イメージ 6


翌日は、釈迦が岳登山で、もやもやした気分を解消して下山

【投稿者:  禰庵 (ねあん)】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事