ここから本文です
げんじいのブログ
ご訪問ありがとうございます。

書庫全体表示



  津島街道から養老三滝への道の続きです。

 元正天皇行幸遺跡の前⑳から養老の滝を目指します。
イメージ 3



 遺跡の前の交差点(五差路)から養老の滝へ向かう道はは石畑方面からの滝道で、千歳楼の前を通り養老神社、万代橋を通るルートで元正天皇が行幸の時通られたのはこの道といわれています。

 養老改元1300年祭のイベントとして行われた行幸再現行列もここを出発点として同じルートを歩きました。

 ↓千歳楼(2014年、国登録有形文化財に指定)
   元正天皇の養老行幸から千年あまり経った1764年創業の老舗  
  旅館で、「千歳楼(せんざいろう)」と名付けられました。
イメージ 1
 
イメージ 4

 ↓ 千歳楼の前庭の不老ヶ池
  この池には絶滅危惧IA類に選定されているハリヨがいます。
  湧水などのきれいな水にしか棲まないハリヨ はトゲウオ科の小魚で、滋賀県北東部と岐阜県西南濃地方にのみ分布している希少魚 です。
 また、この池はホタルでも知られています。
イメージ 2

 ↓ 千歳楼の前に鳥居があります。
   ここから先は養老神社への参道ということになります。
イメージ 6


↓ 唐谷橋
  千歳楼の前から100mほど先に唐谷橋があります。
  唐谷は明治初期にマッチが普及するまでは火打石の採取場所 
 で、養老名物の火打石の出荷で活況を呈していたようです。
  その名残は下流の火打橋の名前だけです。
イメージ 5


唐谷橋から菊水泉の間に紅葉の絶景ポイントがあります。
イメージ 7

イメージ 8



--- つづく ---


»¢ùÊ⡦»¢ùºö\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à

岐阜県情報ブログランキング参加用リンク一覧



この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事