ここから本文です
ooyubari9201のblog
更新頻度が落ちていますが、よろしく!
  • 書庫三菱大夕張鉄道

    すべて表示

    イメージ1 小学校の郷土学習に使用された副読本「わたしたちの夕張」。 初版は昭和34年3月ですが、自分が使用したのは昭和39年5月改訂版。 「夕張市のようす」では『-清水沢-ちょうどその時、古い形をしたきゃく車が入ってきました。「どこへいく汽車なの」と正男君がききますと、「大夕張てつ道だ。鹿島へ行く汽車だよ。鹿島にも三菱鉱業という大きな炭鉱があって石炭をほっている』」とあります。 この時点で「古い形」と評された客車。当時はトラス棒の付いたボーギ客車に加えて、2軸客車も現役。旧南大夕張駅に保存されている客車も、今では「文化財」級の価値があります。 写真は郷土読本と、 師走の清水沢駅 1960.12.31 安藤文雄氏撮影

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 1975(昭和50)年に廃止となった夕張鉄道は全盛期には延長53.2kmの路線を誇り、その車両や資料は夕張市・栗山町・長沼町・南幌町等沿線各地に保存されている。なかでも充 ...すべて表示すべて表示

    • 夕張鉄道は石炭と、炭鉱の生産資材輸送のため1926(大正15)年に開業した。 1970(昭和45)年頃には既に炭鉱合理化が進んでいたが、北炭平和炭鉱の石炭輸送を中心に21 ...すべて表示すべて表示

    • 夕鉄バス・南部線廃止

      2017/10/1(日) 午後 8:45

      平成29(2017)年9月30日で廃止となった夕張鉄道の新さっぽろ・南部線。大夕張・南部方面への時刻表(清水沢発着・1963年)で 路線の変遷をたどってみます。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事