全体表示

[ リスト ]

発達障害

発達障がいや身体障がいという表記はあまり好まない
実際に不便を感じてしまうのはその通りで
視力障害の私はコンタクトなしでは運転どころか
その辺を歩くことさえままならない
生活に不便をかけるから障害である
害があるから除く努力をするのだし
支援が必要だから支援法があるのだ

最近は日本のドラマの質の低下がひどく
海外ドラマを見ることが多い

海外というよりアメリカドラマというのが正しい

死体と銃撃と血の海の繰り返しだ

日本語版と文字放送の両方がある
見比べると日本の声優のすごさが分かる
その人の人間性や言わんとしていることが
何倍にもなって伝わってくる

大草原の小さな家も久々に放送している
昔はどんなにか楽しみにしていた
今はほとんど見ない

アメリカの映画やドラマで変わったのは
出演者だ
昔はアングロサクソン系の白人中心だ

今は10人の主要登場者が居たとすれば
三人は黒人系、二人はアジア系
二人はヒスパニック(イタリア・メキシコ・スペイン系)
アイルランド・その他のヨーロッパ系と
インド・パキスタン系になるだろうか
アングロサクソン系=イギリス系は少数だ

他にもやたらとホモやゲイのカップルが目立つ

少ないのはイスラム教徒のような気がする

同じように、変わった人物の起用が多い
『発達障がいの天才外科医』なども始まった

発達障がいの天才や特殊技能者
そうしたものが数多く採用されている

日本社会や会社のように
礼儀正しい方にはまったあいさつができ
(気軽な挨拶は海外のほうが良くするが)
上下関係や対外的な気配りができないと
疎外される社会とは違うのだろうか????
とドラマに疑問に思うことが多い

アメリカでもいじめのひどさはものすごい
日本でも愛子様のいじめがひどかったのは
まぎれもない事実だと聞かされた
(週刊誌やワイドショーからの情報ではない)
アメリカやヨーロッパはひどいはずだ


人種やジェンダーの少数派に対する
差別や偏見や誤解を取り除くために
これらは意図的に作られたのかもしれない

理解しなきゃいけないと思っても
目の前にするとどうすれば良いか分からない

昔、身長190cm、体重120㎏くらいの
それこそ真っ黒な黒人が近寄ってきた
ベルギーのルカクみたいな感じだ
今ならルカクやシカゴファイヤーの大隊長
そうした人を思い浮かべるだけだが
当時は身構えてしまった

道順を説明しバスに乗せて
Nice to meet you と握手をしたのだが
グローブみたいに大きくて
何ともびっくりしたのを覚えている

日本ではこうしたドラマは
うまく作れないだろうな
ガリレオ?金田一探偵?
裸の大将?
いやいやまだまだだろうな

昔話の初期の説話は
短い話で教訓を伝えた

今昔物語などのように
軽妙なな語り口で
発達障がいをうまく伝えられる
そうしたドラマができればいい


感覚も思考も記憶も同じなのだが
コミュニケーションや理解に差異がある
それだけだが難しいだろうな

どこも違わなくても平気で人をいじめる
そうした人間が沢山いるからな






この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事