ここから本文です
きゃみの駅訪問
コンデジ片手に駅巡りしてます。

書庫全体表示

さてこの日は新潟駅からもう少し乗り鉄します。白新線電車で新発田駅まで向かうことにします。出発は新潟駅の東の端っこ8番線からでした。クモハE128-17に乗車します。
イメージ 1

白新線では外は真っ暗で車窓は望めませんでした。白新線にも足跡を残そうとどこか途中の駅で下車しようとも思いましたが、めぼしい駅はなくそのままスルーして終点の新発田駅に到着です。とりあえずは今回3路線目の白新線を踏破しました。

列車は切欠き0番線に到着です。
イメージ 2イメージ 3

新発田駅は新潟県新発田市の代表駅で、本駅の所属線である羽越本線と白新線の2路線が乗り入れています。国鉄時代にはここから東赤谷まで赤谷線というローカル線が延びていました。東赤谷駅は国鉄唯一のスイッチバックの終着駅で、乗車してみたかった路線でしたが叶わず、1984年に廃止されました。それから30年以上たって初めて新発田駅に降り立つことになりました。。

駅構造は、単式ホーム1面1線(1番線)とその新潟寄りに設けられた切り欠き式ホーム1線(0番線)、そして島式ホーム1面2線(2・3番線)の計2面4線です。ホーム間は地下道で結ばれています。このうち切欠き0番線には当駅始発の白新線列車が入線します。
イメージ 4

改札口の様子。こちらは西口になります。広い改札口でSuicaが利用可能です。みどりの窓口のある終日駅員配置駅です。この右側奥に密閉型の待合室、その手前にデイリーヤマザキがあります。
イメージ 5
東口には改札はなく、一旦正面側の西口をでてから自由通路を利用する必要があります。

駅舎は昭和47(1972)年12月の改築ですが、その後平成25(2013)年11月にリニューアルされたばかりの建物です。黒い瓦となまこ壁の和風の外観で、新発田城をイメージしているそうです。
イメージ 6

時刻は20時を回りました。駅ナカのデイリーヤマザキで夜食と翌日の朝食を買い込んでこの日のお宿に向かいます。
宿は駅から数分のビジネスホテルです。しばらくうだうだしてましたが、23時過ぎには就寝しました。
イメージ 7

翌朝5時ごろ起きると外は雨模様でした。まあ、寒いことは寒かったのですが雪が降るほどの寒さではなかったです。

さてさて、ここからは新津発酒田行きの列車に乗車します。酒田行きにもキハ110系が運用されているんですね。1番線から2連のうちのキハ110-212に乗車しました。
イメージ 8

行程:新潟(675M新発田行)新発田[泊](823D酒田行)坂町

    

この記事に

  • こんばんは。

    私が2月に羽越本線乗り鉄した際には、特急いなほでスルーしたのですが、週末パスらしく普通列車での踏破だったのですね。

    日本海ビューは如何だったでしょうか?

    [ yocci ]

    2017/12/28(木) 午後 7:33

    返信する
  • > yocciさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    実は酒田行きの列車に乗ったことには乗ったのですが、ずっと手前の坂町で下車して米坂線の山のほうに行ってきました(^^ゞ
    今回は日本海は見られずじまいでした・・・
    いつか羽越本線も踏破して日本海ビューしたいですね。

    [ きゃみ ]

    2017/12/28(木) 午後 9:39

    返信する
  • こんばんは。

    私も、赤谷線は乗れませんでした。
    廃止日が北海道の一次廃止路線の大量廃止日の1984年3月末で、北海道に行っちゃいましたから。

    その赤谷線跡は、飯豊山系の杁差岳に登る前日に立ち寄ったのですが、段のついた砂地で、見た目はダム建設現場の資材置き場のようでした。

    なぜ東赤谷に立ち寄ったかというと、杁差岳より東赤谷へ下山する登山道があってその偵察を兼ねて・・です。 でもこの登山道、長くキツすぎて通る登山者がおらず廃道となったようです。

    長いのはそのはず、この登山道は東赤谷から山奥の赤谷鉱山へのトロッコ道の跡なんですよ。 ちょっと入ってみたけと、トロッコの跡や鉱山発電所の送電ケーブル施設の残骸などがあって、廃線探索マニアには興味をそそる所でしたよ。

    [ 風来梨 ]

    2017/12/28(木) 午後 10:17

    返信する
  • > 風来梨さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    1984年といえば多くのローカル線が廃止された年ですね。北海道に行きたい気持ちわかります。

    赤谷線、行ってみたかったですね。スイッチバックして終着駅に入線するなんて面白そうですもんね。
    廃線跡は今はサイクリングロードになっているようです。現役線踏破が落ち着いたら一度行ってみて、スイッチバックの跡などがどうなっているか見てみたいです。

    また、東赤谷が飯豊山系の山への入口だったことやトロッコについては初めて知りました。日鉄鉱業赤谷鉱業所専用鉄道というのがあったそうです。昭和31年に廃止。当時は客車も走っていて、飯豊山登山客も乗車できたとのことです。

    [ きゃみ ]

    2017/12/29(金) 午後 6:56

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    切り欠き式ホームの0番線は嬉しいですね♪
    リニューアルされた駅舎がしゃれてますね。
    白新線の踏破にナイスです(微笑)

    なるさん

    2017/12/31(日) 午後 10:22

    返信する
  • > なるさんさん、こんばんは。
    「切欠き」と「0番線」というキーワードは駅構造好きの私にとっては格好の撮影対象です(笑)
    白新線は日が暮れた後の訪問で今回はスルーしてしまいましたが、またいつか途中の駅に下車して足跡を残しておきたいですね。

    [ きゃみ ]

    2018/1/1(月) 午前 2:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事