ここから本文です
きゃみの駅訪問
コンデジ片手に駅巡りしてます。

書庫全体表示

赤湯駅から奥羽本線を下って山形駅まで来ました。
山形駅には昨夏に一度訪れているのである程度勝手は分かってました。昨夏訪問時の様子はコチラを参照>>夜の山形駅
駅ビル内にあるロッテリアで軽く昼食をいただきます。昼過ぎの時間帯で大混雑でしたが、回転が速いのですぐにありつけました。
さて、ここから左沢線に乗り換えるため6番のりばに向かいます。前回見た時に結構混雑するイメージがあったので早めに向かいました。

ホームに降り立つと7番線の向こうにある側線にはいくつかの列車が留置されていました。手前が左沢線運用のキハ101形。奥には仙山線のE721系電車。
イメージ 1

6番のりばにも既にキハ101形が待機していました。2連のうちのキハ101-6に乗車します。車内は全ロングシート、乗客はそこそこといった状態でした。
イメージ 2

列車は山形駅を出発すると仙山線列車と共有する奥羽本線との並行単線を進み、次の北山形駅で左に分かれていきます。この駅が左沢線の正式な起点駅ですね。
列車は平坦で開けた地域を進みます。最上川を越えると寒河江市に入り、まもなくして列車の終点、寒河江駅に到着です。1番線着。
イメージ 3イメージ 4

左沢線はこの先左沢駅まで続いていますが、ここ寒河江駅で折り返す列車も何本か設定されており、今回はそれに当たってしまいました。まあその分訪問駅を稼げたのは嬉しいことでした。

寒河江駅は山形県寒河江市の代表駅で左沢線の中心駅。駅構造はカーブした島式ホーム1面2線です。1番線の外側には側線があり気動車が行き来していました。
イメージ 6

奥には車庫も見られました。左沢線の車両はここを拠点に運用されているようです。
イメージ 7

左沢線には「フルーツライン左沢線」という愛称が付いています。駅には左沢線名物?のフルーツ型の駅名標もありました。さくらんぼを模しているようです。
イメージ 5

駅舎は想像していた以上に立派なものでした。駅が移転した平成14(2002)年2月に建てられた比較的新しい駅舎です。こちらは北東側の正面口。
イメージ 8

こちらは南西側の出入口。
イメージ 10

改札口の様子。当駅は左沢線全駅を管理する直営駅でみどりの窓口もあります。
イメージ 11

左沢方面を橋上駅舎から望む。
イメージ 9

左沢方の踏切から駅全景。
イメージ 12

さて、予定ではこの先左沢駅に行くのに次の列車まで1時間以上の時間があるので、一つ先の西寒河江駅まで歩くことを考えていましたが、調べてみると寒河江の手前にちょっと気になる駅があったのでそちらに列車で向かうことにしました。
当駅発山形行きの列車に乗車します。列車は2番線で出発を待っていました。
イメージ 13

車両は同じくキハ101形の2連、キハ101-13に乗車して少しだけ左沢線を戻ります。

行程:赤湯(439M山形行)山形(1337D寒河江行)寒河江(1340D山形行)羽前長崎

   

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。

    ココポイありがとうございました。

    [ あのね ]

    2018/1/13(土) 午後 8:06

    返信する
  • > あのねさん、こんばんは。
    こちらこそココポイいただきありがとうございました。

    [ きゃみ ]

    2018/1/13(土) 午後 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    寒河江駅構内は側線や車庫があって嬉しいですね♪
    駅舎も新しくてすごい立派です。
    フルーツ型の駅名標は可愛いですね。
    こちらもナイスです(微笑)

    なるさん

    2018/1/18(木) 午前 0:13

    返信する
  • > なるさんさん、こんばんは。
    寒河江駅は想像していた以上に立派な駅舎もあり、駅構内も広くてちょっと驚きました。
    駅名標はサクランボだったんですね(笑 枝の部分に気づかなかったのでよくわからなかったんです。

    [ きゃみ ]

    2018/1/19(金) 午前 0:45

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事