ここから本文です

書庫全体表示

今回は先週末に出かけてきた東武亀戸線の乗り潰し記録です。
先々週末に久々に日帰りの駅巡りに出かけてきました。ターゲットは東武佐野線と小泉線。自宅から手頃な距離でもあり、昔ながらの木造駅舎が残ってる駅があるのを知って見に行ってきました。それがきっかけで東武線の身近の支線に興味を持つことに。一番近いところの支線が亀戸線でした。

東武亀戸線の開業はなんと1904(明治37)年なんだそうです。当時は蒸気運転で亀戸から両国橋(現在の両国)まで乗り入れて直通運転していたそうです。貨物列車も走っていたそうで、結構由緒ある路線なんですね。今の様子からは想像もつきませんでした。

さて、今回は亀戸までサイクリングしてきました。
亀戸線の途中駅は3駅あります。まずは曳舟駅の隣にある小村井駅へ。
イメージ 3
イメージ 4

相対式ホーム2面2線の構造です。出口は亀戸方にあり、そばには明治通りが線路を横切っておりすぐに踏切になっています。亀戸線は大部分が地上を走っているため、踏切が結構あります。

亀戸線にはリバイバルカラーの8000系2連電車が走っていました。ちなみに車両運用は大師線と共通化されています。大師線についてはコチラ>> 大師線ではオレンジに黄色帯を見かけました。
イメージ 1
イメージ 2

小村井駅から線路沿いに通っている丸八通りを南下するとすぐに東あづま駅が見つかります。
イメージ 5
イメージ 6

こちらも地上相対式ホーム2面2線で亀戸方に構内踏切と駅舎があります。駅舎は丸八通り沿いにありますが、すぐ横を別の道路が線路を横切っているので通常踏切と構内踏切がすぐ近くにあります。

更に丸八通りを南下すると亀戸水神駅がありますが、この駅は通りから奥まったところにあるので位置がちょっとわかりにくかったです。
イメージ 7
イメージ 8

地上相対式ホーム2面2線、構内踏切や駅舎は曳舟方にあります。亀戸水神が近くにあるのかと思っていましたが場所がよくわからなかったです。どうやら亀戸駅のほうが近いらしいです。

ちょうど曳舟行きの列車がそばの踏切を通過していきました。
イメージ 9

亀戸水神駅からは西に向きを変えてJR総武線と並走する形になると亀戸線起点の亀戸駅に到着します。

こちら亀戸東口。駅の南東側にある出入口ですがJR側にしか入れないようです。
イメージ 10

駅をぐるっと回って北東側にある北口へ。
こちらが表玄関のようで「アトレ亀戸」の駅ビルになっています。
イメージ 11
イメージ 12

ここから自転車を置いて東武亀戸線に乗車することにします。
駅ビルに入ると正面にはJRの改札口があります。東武の改札は駅ビルの東側にあって、左折してビル内を少し歩くと見えてきます。
イメージ 13
イメージ 14

改札口から撮影↓
東武の駅構造は地上島式ホーム1面2線。亀戸駅が地上駅だったとは知りませんでした。
イメージ 15

ホームで暫く待っていると列車がやってきました。東武標準色の2連電車が1番線に到着です。休日は先ほどのリバイバルとの2本で行ったり来たりの運用をしているようです。
イメージ 16
イメージ 17

この列車がすぐに折り返しで曳舟に向かいます。車両はクハ8670+モハ8570。乗車時間わずか8分の亀戸線に乗車します。

行程:小村井(🚲)東あづま(🚲)亀戸水神(🚲)亀戸(A38曳舟行)曳舟

 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事