「観るだけ美術部」部長のブログ

■「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

★イチオシ★

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

★★重要なお知らせ★★ vol.4

 「観るだけ美術部」部員の皆さまをはじめ、このブログを応援してくれている皆さま、ご無沙汰しております。ブログ更新アプリの提供を始めるとした5月9日を過ぎても、一向にアプリの提供が行われないYahoo!に不信感を通り越して失望感、嫌悪感まで抱いています。ユーザーを軽視したYahoo!の姿勢は、全くもって信用できません。皆さまは、いかがでしょうか。
 移行アプリが提供される時期を見計らってにはなりますが、「観るだけ美術部」部長のブログは「はてなブログ」に移行することに決めました。移行は7月になってからなので、それまではYahoo!ブログに所属することにはなります。皆さんの移行先も決まりましたら、お知らせください。まずは、お知らせまで。

開く コメント(1)[NEW]

 「観るだけ美術部」部員の皆さま、また、いつも「観るだけ美術部」を応援していただいている皆さま、いつもありがとうございます。すでにご存じかとは思いますが、「観るだけ美術部」がその主たる活動場所としてきた「Yahooブログ」が、2019年12月に完全閉鎖となることがわかりました。「観るだけ美術部」は2010年の開設以来9年目、訪問者は(累計)25万人にも及ぶブログに成長させていただきました。当然、その中で様々な皆さまと交流を持つことが多くありました。
 「観るだけ美術部」は、「部員」と呼ばれる「お友だち」登録の方々のほか、ファン登録、お気に入り登録、ブログリンク登録、ナイスを押してくださった皆さん、コメントをいただいた皆さんなど、一見さんだけではない多くの皆さまと繋がってきたのが自慢でした。しかし、今回の「Yahooブログ」の発表が粛々と進めば、8月にはコメントができなくなり、12月には完全閉鎖、となるようです。これまで関係を築いてきた皆さんとは、部長と異なる他ブログに移行される方も多いでしょうから、これまでの関係は強制的に消えると考えられます。断腸の思いです。
 そこで、お願いです。部長は5月からブログの移行を考えていますが、引き続き「観るだけ美術部」との繋がりを大事に思っていただけている方がおられましたら、5月のブログ移行までに、コメント欄にその旨を残していただけないでしょうか。移行後は、Yahooブログには記事は完全に消えますし、コメントも不可となるので、連絡手段が無くなってしまいます。移行後に、ブログに繋がっていたいと思っていても、繋がる手段がありません。5月までに、コメント欄などを通して、意思表示をしていただけますよう、お願いします。

※なお、現時点での情報になりますが、部長は「ライブドアブログ」への移行を考えています。

開く コメント(8)

★★重要なお知らせ★★

 「観るだけ美術部」部員の皆さま、また、「観るだけ美術部」を応援してくださった皆さま。いつもありがとうございます。「観るだけ美術部」部長です。

 本日は、「観るだけ美術部」にとって重要なお知らせがあって、記事をUPさせていただきました。皆さま、ご存知かとは思いますが、「観るだけ美術部」が主たる活動場所としていたYahoo!ブログが、2019年12月で終了することになりました。それにともなって「観るだけ美術部」も、立ち退きを迫られ、別の場所に引っ越しせざるを得ない状況になりました。従いまして、今後の部活動は流動的になることが予想されます。

 ブログは、どこかのブログ運営会社の下で再開することになるとは思いますが、過去の記事や画像はどこまで残るか不透明ですし、過去のコメントなどは残らないそうです。Yahoo!ブログを通じての部員同士のつながりも無くなります。「観るだけ美術部」が今後、どんな形で続けられるのか、まったく見通しが持てません。取りあえず、いまはYahoo!ブログの今後の発表を待ち、正式の発表が出そろった時点で、今後の活動の判断をしなければならない状況です。

 皆さまに置かれましては、このような状況をお含みいただきまして、ブログに参加していただければと思います。よろしくお願いします。

(追記)
 今回のYahoo!ブログの閉鎖で、これまで部員として繋がっていた皆さまと、連絡が付かなくなってしまいます。Yahoo!ブログは、2019年8月に記事の投稿、コメントができなくなるとのことですので、ブログを引っ越す場合は、2019年5月までには、どちらのブログに引っ越されたかお知らせください。8月以降になると追跡が難しくなり、部員登録を抹消せざるを得なくなります。よろしくお願いします。

開く コメント(4)

 「観るだけ美術部」部長のブログに、いつもお越しいただきまして、ありがとうございます。きょうは、このブログに掲載してきた「画像」について、書かせていただきます。
 
 ご存知の通り、このブログでは、作品の画像をこれまで多く載せてきました。そのことについて、指摘を受けたことは、これまで1件もありませんが、作品の画像は著作権に関わる重要な問題であることは明白です。このブログは、開設当初に比べ、観ていただいている方も多くなり、「個人的に楽しむ」という範疇を越えつつあるのではないかと、最近になって思うようになって来ました。そこで、画像掲載に関わるガイドラインを独自に決めていこうと思うようになりました。
 
 これからは
① ブログ運営者(「部長」)が実際に撮影した画像については掲載できるとする。
② 公立美術館、また私立美術館であっても公共的な要素を多く持った美術館で開催されている美術展においては、その画像は公共的なものという判断のもと、チラシやポスター、公式ブログ、公式ホームページなどに掲載されている作品の画像に限って、掲載できるとする。
③ 風景や建物などの画像については、北海道や市町村、あるいは市町村観光協会など、公共的な団体においては、その画像は公共的なものという判断のもと、公式ブログ、公式ホームページなどに掲載されている画像に限って、掲載できるものとする。また、営利を目的とした会社であっても、その性質が公共性を強く持っている会社(例えばJRなど)などは、これに準じるものとし、画像を掲載できるものとする
④ 百貨店の画廊などで開催されている美術展の画像については、百貨店が営利を目的とした存在でもあることを考慮し、チラシ、ポスター、公式ブログ、公式ホームページからの画像は、原則、掲載しない(例外もある。これは、百貨店が比較的公共性を持つ存在と考える立場もあるためである。ここでは「原則」掲載しないとしたが、これについては公共性を重視し、展覧会の規模や性格によっては、掲載することもあるということを了承していただきたい。なお、そのような場合は、必ず「お断り」の文章を添えるものとする)。
⑤ 個人的なブログ、ホームページからの画像は、今後転載しない。
⑥ 営利を目的とした要素の強いブログ、ホームページからの画像は、今後転載しない。
⑦ そのほかの事例については、その都度判断する。
 
 と、していきたいと思っております。画像を楽しみに、このブログに来てくれていた皆さんには、たいへん申しわけなく思っております。今後、このような原則に従ってブログを運営していくことに、ご理解ください。
 
 なお、文章のみの案内については、これからもさまざまな美術展について、紹介記事をUPしていこうと思っています。
 
 また、これまで掲載してきた画像については、上記の基準に沿い、③④⑤(場合によっては⑥も)の場合は、順次削除していこうと思っております。しかし、これまでの掲載画像は、2000枚を越える膨大な数ということもあり、削除などには数ヶ月という時間が掛かるかと思います。これについても、ご理解をお願いします。
 
 
                                            2011.11.3.「観るだけ美術部」部長
 
¤ˤۤó\֥�¼ Èþ½ѥ֥� ³¡¯²è¤Ø(ʸ»ú¤򥯥ê\å¯)

開く コメント(10)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事