演奏会いいたい砲台

「海外オーケストラ来日公演記録抄」の「いいたい砲台」(ゲストブックにリンク先あり)にある2006年以降に行った演奏会の感想です

全体表示

[ リスト ]

(会場)NHKホール
(座席)3階C1342
(曲目)
ドヴォルザーク:交響曲第7番
ドヴォルザーク:交響曲第8番
 
 
昼過ぎから降り出した雪が、開場前にはもうかなり積もっていた。いつもは外で入場を待っている人たちも、この日はホール側の措置で、中で待つことになった。こういう心遣いはほんとうにありがたい。外で待っていたら倒れる人がでたかもしれないくらい、とにかく風といい雪といい、先週同様キツイ状況となった。
 
中もそんなに人は入っていなかったが、こんな中皇太子様もこのコンサートにご来場されていた。おそらくこんなに空いてるN響のコンサートもはじめてかもしれません。
 
マリナーは以前2011の10月、あの311で多くの演奏家が来日をキャンセルしている最中に来日し、指揮されて以来の来日とのこと。
(※昨年(2013)6月に兵庫芸術文化センター管弦楽団に客演されていました。お詫びして訂正させていただきます。)
 
じつはマリナーを初めてレコードで聴いてから40年ほど経つのに、いまだその公演を一度も聴いたことがなかった。今回は、彼の指揮の師であるモントゥが得意とし、しかもその録音に自らも奏者として参加した可能性が高いドヴォルザークの7番がプログラムにあるだけに楽しみにしていました。
 
マリナーはスクロヴァチェフスキー同様、立ったまま指揮をしていたが、その指揮姿からは老いはあまり感じられず、とても今年(2014)に90歳になるとは思えない矍鑠としたものがあった。
 
そしてその音楽はさらに若々しく、なんか中堅世代の指揮者か堂々とした音楽を展開しているかのような趣があり、正直初めてこの指揮者をレコードで耳にした時とそんなに印象が変わらないものがあった。これはこの日の演奏全体にいえるもので、これには正直驚いた。
 
7番はそんな中、非常にくすんだ色付けが施されたものになっており、モントゥの演奏同様、ドヴォルザークというよりブラームスのそれを聴いているような感じすらした。だが演奏としてはただ渋いだけでなく、ときおりかなりアグレッシブに攻めてくるところもあり、第一楽章終盤や第四楽章前半には、かなり気持ちを前に出し、低音にかなり強い音を要求するなど、なかなか激しい一面をみせていた。
 
ただホールのせいなのか、管楽器の一部がやけに散漫に響いていたところがあり、そこのところが気になった。帰りの電車でも心配していたのだろうか。
 
後半の8番は、曲想のせいか、より伸びやかに大らかな音楽をさらにそこへ盛り込んだ演奏となっていった。これといって個性的な事に走ったりせず、「この曲を聴きたければまずこの演奏から聴きましょう」、というかんじの、じつに真正面から描き切った、ある意味晩年のセルとクリーヴランドのそれと座標が相通じるような見事な演奏だった。
 
そういえば晩年のセルも、老いを感じさせない、若々しさの中に熟成の味わいを込めた演奏を展開していた。セルもロンドン響を何度か指揮していたので、マリナーもそんなセルの下で演奏し、その音楽にいろいろと影響されたのかもしれない…などと思ったりしたようなこれは演奏でした。
 
前半の7番ではちょっとバランス的にも気持ちが前に行ったような部分があったものの、8番ではそういうこともなく、とにかく大いに満喫させられた演奏でした。
 
ところで前半、マリナーが演奏終了後、何回目かに舞台に登場したとき、コンマスの堀さんの手をとりそのまま二人で退場するといった場面がみられました。近くで誰かが「反省会か?」といってたのが何か笑えました。
 
この後、すぐにホールを出て帰途につくのですが、この後いろいろとありましたが、とにかく無事に家にはつきました。本当に雪の日の演奏会はたいへんです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

マリナーは昨年、兵庫芸術文化センター管弦楽団に客演して、モーツァルト、ビゼー、メンデルスゾーンを指揮しました。本当に素晴らしかったです。 削除

2014/2/26(水) 午後 9:00 [ 恐怖のタヌキ野郎 ] 返信する

顔アイコン

昨年来日されていたということで失礼いたしました。曲目はいかにもマリナーの十八番ともいえる曲が並んでいて、さぞやという気がします。特にビゼーは自分が学生時代にLPで愛聴していたのがマリナーの盤だっただけになおさらという気がしました。恐怖のタヌキ野郎 様、コメントありがとうございました。

2014/2/26(水) 午後 9:57 [ ひまや亭 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事