ここから本文です
自由気ままにBトレ生活(更新終了)
一部の不要記事を除き残してあります、何かの参考になれば…(管理人より)

書庫全体表示

■完成





どうにか完成しました
記載を忘れていたのですが、
この編成は1997年9月までのK10編成(マイクロエース製品と同等)としています。
…ただ、後述しますがクハ481-34の資料に誤りがあった可能性があり、
現在調査中ですので今回紹介する仕様とは少し変わる可能性があります。

1号車 クハ481-34(初期型) 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
編成内に入るクハのうち上野方面のクハです。
スカート周り、手すりの加工に力を入れています。
目立つPラインは切除しました

先程少し書いた資料の誤りについて、
ボンネット部分のTマークがついていなかった可能性があり、現在調べています。
私の方でも調べていますが、正確なものでないと判断できない部分なので
どなたか知っている方が居ましたら情報提供していただけると助かりますm(_ _)m


2号車 モハ484-77(初期型) 
イメージ 4

イメージ 5
過去に製品で出た車両は側面に初期型と後期型の区別がありませんでした 
製品との差を表現する上ではかなり重要な車両です。 
クーラーは実車に合わせ銀で塗装
若干屋根の塗料の漏れが激しいので後日修正予定

3号車 モハ485-77 
イメージ 6

イメージ 7
モハ484-77とペアを組む電動車。 
編成内の後期型金型ベースの車両は非常口があるタイプの側面なので
すべて埋めてあります。
こちらもクーラーは銀に

4号車 サハ481-307 
イメージ 8

イメージ 9
編成内に変化を与えてくれるサロ格下げ改造のサハ。 
窓配置と屋根の部品配置の関係上、
アンテナを設置できなかったのが心残りですが…

5号車 モハ484-309 
イメージ 10

イメージ 11
先ほどのモハユニットは初期型でしたが、このモハユニットは後期型 
編成内で唯一モーターを組み込んであります

6号車 モハ485-207 
イメージ 12

イメージ 13
初期型ユニットとは違い後期型はそれぞれ別の番号
複数バンダイ製造されているので当たり前なのかもしれませんが…
特にこれ!といった変化はないです

ちなみのこのユニットは過去記事で国鉄色にしていました。
↓参考リンク

最後
7号車 クハ481-311 
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
仙台・平方面のクハ 
製品で出た電気釜タイプのクハは
Tマークが付いているのでそれの切除をしてあります。 
-34と同じくスカート周りの加工に力を入れています 
こちらもスペースの都合、アンテナを設置できませんでした…
あ、ヘッドマークは準備中です(汗



長編成(?)での電車の製作は実に1年半ぶりでした
(最後に作ったの長編成物はE233系7000番台)
それと同時に、完全加工品での特急編成はこれが初になりました!
さらに、初めての全色調色はかなり大きいと思っています。

これを完成させられたおかげでモチベーションも上がってきました、
一度手を止めている車両の製作に戻るとします…!
少し〆が悪いですが、ここで終わりとさせていただきます(笑)



この記事に

  • 顔アイコン

    完成おめでとうございます。ひたち色先頭車は末期には全車両Tマークがなかったようですが、塗装変更直後は付いていたのでは?と思います。300番台と同時期だったかはどうなんですかね〜

    [ tkinfo ]

    2015/6/9(火) 午後 11:53

    返信する
  • 顔アイコン

    tkinfoさん
    ありがとうございます〜

    Tマークの件<そうなんですか〜
    実際、調査時にマークが付いている車両と付いていない車両が出てきて
    混乱していました。
    情報有り難うございます、もっと検索かけて情報詰めてみます〜

    [ 更新終了 ]

    2015/6/10(水) 午後 10:32

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事