聖イグナチオ教会 オルガンと祈り

パイプオルガンの響きとともに安らぎのひとときを・・・

ご案内

すべて表示

第44回オルガンと祈り 《ダビデとゴリアテの戦い――音楽でつづる聖書物語》

イメージ 1

しばらく間が空いてしまいました。
5か月半ぶり、今年度初のオルガンと祈りは夏休みスペシャル!!
ご家族やお友達と一緒にぜひイグナチオ教会へ足を運んでください。

旧約聖書の「ダビデとゴリアテの戦い」は
羊飼いの少年ダビデが巨人ゴリアテを相手に戦って勝つ
という物語です。
これを、バッハの先輩にあたるクーナウが音楽に仕立てた聖書ソナタを
藤本四郎さんの絵本をもとにつづっていきます。

ゴリアテの怖ろしい姿や、神様に助けを求めるイスラエル軍の祈り
ダビデの若々しさ、ゴリアテが倒れる衝撃と
クモの子を散らすように逃げまどうペリシテ軍
などなど、、、
当時の人々が音楽を聴いて聖書の話を思い起こし味わったのと同じように
ただ楽しむだけでなく、神様を信頼する糧となりますように

また珍しいカッコウオルガンも登場します。
大オルガンと一緒にどんな音楽になるか…どうぞお楽しみに!!

2018年7月27日(金)19:00
聖イグナチオ教会主聖堂
オルガン:浅井寛子(当教会オルガニスト)
【曲目】
J. クーナウ:聖書ソナタ第1番「ダビデとゴリアテの戦い」
浅井寛子:カッコウオルガンのための協奏曲
バッハ:小フーガ ト短調
聖歌「ごらんよ空の鳥」「御手のなかで」
ほか

オルガン維持のための自由献金をお願いしています。


.


みんなの更新記事