全体表示

[ リスト ]



4月からの二か月半あまり精神的な安らぎを求めてクラッシックを聞き始めて,クラッシックにどっぷりはまってしまいました。

はまりついでに先日クラッシックコンサートなるものに初めて足を運んでみました。入場料金はA席で5,500円(ちなみにS席は6,500円)と思ったより高いものだな〜と感じてしまったのは私だけだったのでしょうか・・・

そのコンサートである女性ピアニストH・Yさんと出会いました。彼女は今春,東京音楽大学大学院を卒業したばかりの24才の女性です。彼女は4歳から,かの有名なピアニスト中村紘子さんに師事していて、最近のピアノコンクールでは連戦連勝で,優勝し続けている新進気鋭のピアニストです。彼女のピアノ演奏は本当に素晴らしいものでした。5曲余りを披露して下さいましたが、どれもこれも素晴らしい出来で、感動の連続でした。

聞いた曲目は


.戞璽函璽凜Д鵝.團▲痢Ε愁淵紳茖姑屐.話残 Op.13 「悲愴」第2楽章
▲癲璽張▲襯 ピアノ協奏曲20番 ニ短調 K466 第一楽章 ・ 第二楽章 ・ 第三楽章 
ショパン エチュード12の練習曲 Op.10 第4曲

彼女の演奏を聴いて、いっぺんに「悲愴」やモーツアルトの ピアノ協奏曲20番が好きになってしまいました。

また、ショパン エチュード12の練習曲 Op.10 第4曲はドラマ「のだめ」でも主人公:野田めぐみが演奏していましたから有名な曲で、私もかねがね好きな曲の一つでしたので,アンコールに答えてこの曲を披露して下さったことには大変感謝しております。

しかし,プロ1年目にしてこれほどまでとは・・驚きの一語に尽きます。これまでの彼女の努力が窺い知れるというものです。私は音楽に関しては,ど素人もいいところですので,5つもの長い曲を楽譜も見ずに一つの音も外さずに,感情を込めてピアノを弾く彼女の姿にうっとりしてしまいました。すごい人がいるものですね〜〜(@_@)ということでH・Yさんの大ファンになってしまったZXでした。

数学なんかは考える学問ですので,H・Yさんのピアノみたいなわけにはいきませんが,あそこまでに至る努力は見習いたいな〜と感じ,本当に勉強になった一日でした。

閉じる コメント(16)

「音楽は心の栄養」ピアノソロは私も好きです。
ピアニストの流れる様な指先の動きを見てると「スゴイナー」と思います。

2008/6/13(金) 午前 5:47 ☆ SH2 ☆ 返信する

顔アイコン

★SH2さん★
本当に音楽は心の栄養ですよね。
体の栄養はバランスのとれた食事。心の栄養は音楽。
頭の栄養は読書かな^^
これからも、クラッシックを聴き続けたいと思っています。

上にあげたH・Yさんに関しては、これから大変なピアニストになられる方だと思っています。ご本人の許可が得られたら今度ブログ上でもご紹介したいと思っています。

2008/6/13(金) 午後 1:23 ORIGINAL_ZX 返信する

私の感じるクラッシックの面白さは、同じ曲なのに演奏する方や、指揮者によって、さまざまな彩を奏でるところです。
ピアノだと初めて買ったのはやはり中村紘子さんでしたが、今はウラディーミル・アシュケナージが一番好きですね。でも最近TVで視力にハンデのあるピアニストを紹介していましたが、その方の演奏はすっごく音が丸くてすっごく優しいのに最初びっくりして、同時になんだか妙にその音に納得したりしましたね。
そのH・Yさんなんかも、歳を重ねるごとに奏でる彩はきっと変わっていくのだろうともいます。ずっと追いかけてみるのもおもしろいだろうなぁと思います(^^)

2008/6/13(金) 午後 2:50 [ - ] 返信する

アバター

はまりましたね〜(^^)

気に入ったアーティストを見つけた時期がデビューからまだ1年ってラッキーですよ。
これからずっと成長や変化を見ていけるのは楽しいですね♪

2008/6/13(金) 午後 3:22 rie*ikk* 返信する

ショパンは、ぜひ、フジ子へミングも聞いてみてくださ〜い♪

2008/6/13(金) 午後 9:00 [ - ] 返信する

顔アイコン

★KANさん★
はまりました〜〜。なにせ,凝り性のZXですから(笑)
一日平均、クラッシックを2時間以上はかる〜く聞いていると思いますね。クラッシックは本当に聞いてても飽きないし,仕事の邪魔にならないというか,空気みたいなもので・・・いい感じですね。

H・Yさんの成長や変化をリアルタイムで実感できる・・・う〜〜んなかなかいいですよね。本当に彼女には頑張ってもらいたいです^^

2008/6/14(土) 午後 2:04 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★Mariaさん★
フジ子へミングさんの演奏は何度も聞きましたよ^^
うちにはヴァイオリンを小さい頃からやっている男子学生や音大を目指している女子学生もいますので、彼らの推薦で聞くことになりました。それまでお名前も知りませんでしたが^^確かになかなか素敵な演奏ですよね。
あっ、それからYou tubuはクラッシックを検索して指揮者や演奏者別に聞いてみるには最高ですよね。

2008/6/14(土) 午後 2:09 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★hirochikiさん★
<クラッシックの面白さは、同じ曲なのに演奏する方や、指揮者によって、さまざまな彩を奏でるところです。
まさにその通りですよね。特に指揮者でかなり趣きが変わることに驚いている近頃です。はじめは指揮者ってあんまり影響ないんじゃないかと素人考えしていましたが,いろいろなCDで同じ曲を聞いてみると指揮者によってずいぶんと違いますよね。

ウラディーミル・アシュケナージですか・・指揮者だと思ってました(笑)以前はピアノでも有名だったんですね。知りませんでした。こんど彼のピアノCDも聞いてみたいと思っています。私はスタニスラフ・ヴーニンが好きですね。

H・Yさんに関してはこれからもコンサートに出かけてみたいと持っています。楽しみな方だと思っています^^

2008/6/15(日) 午前 1:58 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

く、く、く。
クラシック・・・は眠りにつくための音楽だわ。
書き込みがで、で、出来ない。(T_T)

2008/6/17(火) 午後 2:59 ku: 返信する

顔アイコン

私が中学生のとき、初めて買ったレコードが『悲愴』でした。真空管式のアンプ一体型のステレオで聴きましたが、友人には非常に不評でした。。。

2008/6/17(火) 午後 4:26 toby 返信する

顔アイコン

クラッシックは、コンサートを聴きに行くと、妙に感動しますね。
僕も↑に書かれている中村紘子さんを聴きに言ったことがありますが、やはりCDと違う迫力に感動したことを思い出しました。

2008/6/17(火) 午後 11:24 オラのパパ(vestel) 返信する

顔アイコン

★Kuさん★
<クラシック・・・は眠りにつくための音楽だわ。
そのとおりです。^^だから精神的に和むのだと思いますよ。
Kuさんもクラッシクを試してみてはいかがでしょうか?
ドラマ「のだめカンタービレ」の影響で若者からご老人までいま日本はクラッシックブームだそうですよ^^とっつきにくかったら「のだめカンタービレ」のDVDあたりからもいいかもです。^^

2008/6/18(水) 午後 1:45 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★Tobyさん★
『悲愴』が不評だったとは・・・意外ですね。
私はコンサートで聞くまで『悲愴』ってどんな曲だったっけ?みたいな状態でしたが,聞いたら,あ〜〜これが『悲愴』なんだと気付きました(笑)
『悲愴』というタイトルとベートーベンのいかつい顔が交錯して,重々しくて苦しい感じのする音楽かなと思ったら・・・そうでもないんですよね。どちらかというと楽しい感じがする曲でしたね。私的には^^

2008/6/18(水) 午後 1:51 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★Vestelさん★
クラッシックに限らず,芸術関係は実際に足を運んで本物を見たり聞いたりするのが一番見たいですね。私の場合,車の中でCDを聴くのが主なんですが,空間が狭いせいか音に広がりがないんですよね,実際のコンサートと比較して・・・
これからも,機会があったらコンサートに出かけていきたいと思ってます^^

2008/6/18(水) 午後 1:56 ORIGINAL_ZX 返信する

ご無沙汰しております。お元気になられたようでなによりです。
ピアノの生演奏、いいですよね。悲愴の2楽章は名曲として名高いし、のだめの弾いていたエチュードもそうとう難しいです。しかも、「練習曲」扱いって(^^;
このピアニストの方の経歴を見ると、これらの大曲のほかにももっとたくさんの曲をレパートリーとしてお持ちだと思います。例えば有名なショパンコンクールだと、1次予選、2次予選・・・とショパンの曲を何曲か弾くのですが、彼らはその曲だけを弾きこなせるのではなく、ショパン全曲はもちろんのこと、ベートーヴェンやモーツァルトやバッハや、あまたの曲を弾いてきたに違いないのです。それでも、コンクールやリサイタルのために勉強や研究を惜しまない人たちです。それこそ、毎日一日中練習できる覚悟がなければピアニストにはなれないと私は思います。弾く人によって解釈が違うその部分が、音楽としての核心に触れる部分で最も習ったり教えたりするのが難しいと思います。

2008/8/3(日) 午後 8:19 人魚 返信する

顔アイコン

★人魚さん★
コメントありがとうございます。H・Yさんは来年の春からまた学生に戻られるそうです。ミュンヘン音大・大学院の大変な倍率を勝ち抜いて合格されたそうです。今現在は,日本で精力的にコンサート活動をこなされていますが,明年4月からはドイツへ行ってしまいます。ちょっと寂しいですね。
人魚さんが仰る通りで,毎日大変な練習をこなされているみたいです。レパートリーも沢山あるみたいですね。素人の私にはどのくらいからが尋常でないレパートリー数なのかはわからないのですが・・・

2008/9/2(火) 午後 1:17 ORIGINAL_ZX 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事