全体表示

[ リスト ]

原発推進・原発反対に関する意見はほぼ決まっている。
 
① あなたの住む地域(都道府県)に原発がすでに存在しているのならば、原発推進であろうが、原発反対であろうが一向にかまいません。堂々と胸を張って自己主張して下さい。
 
② あなたの住む地域(都道府県)に原発が一基も存在していないのならば、原発反対は主張できますが、原発推進は簡単には主張することは許されません。
  そのときは、自分が住む地域に原発を立地することを前提に物事は語られなければ筋が通りません。
 
③ ゆえに首都圏近郊・大阪府などに住む方々は原発推進論に立つときには、『どうぞ私の家の近所に原発を誘致して下さい。』と述べるのが筋であろうと思うのです。
 
 その点、大阪府知事の橋下さんが福井県敦賀などの脱原発を
 主張しているのは筋が通っている。
 
 それに比較して、東京都知事の石原と内閣総理大臣の菅は完全に失格としかいいようがない。
 
 石原ときたら『原発なしでやっていけるわけないだろう。』ときたものだ。そんなに原発がないと弱るのなら東京都庁の隣に原発を誘致すればいい。それも怖くてできないならフザケタことを云うんじゃありませんよ。
 
 菅にいたっては『浜岡原発は、より安全性を高めたうえで、万全を期して2年後に運転を再開したい。』とこれまたフザケタことを言っている。どこまで腐っているのか・・・この男は。それだけ言ううんなら、東京湾に16メートルとは言わず160ートル位の光も差し込まないような防波堤を建造してM9どころかM900にも耐えられるような要塞みたいな原発でも作ったらいい。
 
 また、涼しい顔をして石原や菅などの意見に耳をかしている特に首都圏に住んでいらっしゃる一般市民の皆さんの感覚も疑いたくなります。いつまで地方の方々の犠牲の上に胡座をかけば気が済むのでしょうか?そんなに電気が欲しければ、自分の所に原発を立地しようと、デモでも市民運動でも起こしてみたらいかがでしょうか?ニュースをどれだけ見ていても、そんなデモも市民運動も起きる気配もありませんネ。地方に点在する既存の原発を動かせば何とかなる。私達には関係ない、犠牲になるのは顔も知らない田舎者だと思っているんでしょう。そう言われたって仕方ないでしょう。
 

閉じる コメント(13)

ZXさん、厳しいことを言いますが、情報や論理性に乏しい気持ちだけの記事は誰でも書けるし、実際似た記事をたくさん見ました。
でも科学政策やリスク学はそういうレベルで語る話でないと私は考えています。

そしてこの手の記事は批判ばかりで未成熟な代替エネルギーくらいしか提案が無いのですが、とりあえず反対すれば科学者や政治家が解決してくれると思っていますか?

私は何十年も原発由来の電気を使って研究をしてきたので、今さら善人面しても・・という心境です。
それより本当に人が死なないエネルギー政策について考えたいです。

私は関東にいますが、退避範囲になっている30キロくらい離れていれば原発は概ねOKです。そろそろ近所に出来るかな・・とも思っていたし。
今回は数キロ圏内に人が住んでいることや、避難システムが十分でないことを知らなかった点は自分の考えが浅かったです。10キロ圏内くらいは土地を買い取ってしまう方が良いですね。

また、歴史の浅い技術なので日々リスクの見直しが必要だと考えています。

2011/5/24(火) 午後 11:13 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
‐霾鵑簣斥性に乏しい気持ちだけの記事は誰でも書ける・・科学政策やリスク学はそういうレベルで語る話でない

もちろん、分かっています。ただ、昨今の東電・政府関係者・原子力専門研究者達から与えられ情報は錯そうしていて、どれも信じがたいものになっています。そんな情報をもとに論理的であれと言う方が無理な話だと思います。ましてや私たちは原子力および原発に対してはずぶの素人なんですよ。日本全国探しても本当に危険性・安全性を
分かっている人が何人いるのでしょうか?指で数えられるくらいしか
いないのではないでしょうか?

2011/5/26(木) 午前 0:06 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
また、原発は本来1度たりとも、問題を起こしてはならない代物でしょう。(特に、今回のようなレベル7ならなおさらです。)今回の福島の問題で、もうすでに科学政策やリスク学など語る資格は原発には存在しないと私は考えています。福島の方々も同じ思いだと思います。

考えようによっては、故意はなかったにしろ、日本人が同じ日本人の住む福島県に原爆を投下したと言ってもいいのではないでしょうか?少なくとも、東電や原子力保安院、1950年代末から今日至る歴代の内閣、それから私を含めた日本人全体に、そう言った『未必の故意』が存在したと私は思っています。

2011/5/26(木) 午前 0:15 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
△海亮蠅竜事は批判ばかりで未成熟な代替エネルギーくらいしか提案が無いのですが、とりあえず反対すれば科学者や政治家が解決してくれると思っていますか?

花咲さんは、代替エネルギーが無いから、原発を継続すべきだとお考えみたいですが、本当に電気は足りなくなるのでしょうか?私が情報収集したところ、どうもそれも疑わしいみたいです。そう『言っていた(過去形)』のは電力会社だけです。3月11日時点で全国の原発をすべて停止した場合の総発電量は1985年あたりの電力需要量に等しいそうです。しかも,3月11日時点での火力発電・天然ガスによる発電などは可能発電量の40%にも満たない発電量に抑えて運転していたらしいです。

2011/5/26(木) 午前 0:30 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
そして,火力・天然ガスなどによる発電量を上げれば、実際には電力は充分足りるどころか、あまるらしいです。こういった情報を全国の電力会社が公開するわけありませんよね。ところが、あるマスコミがこの事実をスクープして東電に問いただしたところ、なんと東電は『その情報をどこから入手したのですか?』とマスコミに執拗に探りを入れてきたそうです。そして先日、東電の社長が変わりましたが、その記者会見場では夏場の電力は十分確保できますと公言するにいたったのです。スクープを知らされてから『電力が足りない』が3日間くらいで『夏場の電力は確保しました』に変更されました。(お笑いですよ)要は、原発の必要性を日本国民に感じ取っていただいて、原発を温存するために、一芝居も二芝居も打っていたにすぎないのです。

2011/5/26(木) 午前 0:40 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
だいたいが、電力会社の言うことなど、端っから信用してはいけません。これは私の実体験から言えます。私はある時期、ある高名な方と反原発の運動をやっておりました。大地震の起きる確率などは私がいろいろな資料を分析し、その道の専門家たちとともに算出したこともあります。地質調査として多大な出費を顧みずボーリング調査などもしました。その調査結果たるや惨憺たるもので、いつ大惨事が起きても仕方のないような内容で、電力会社や地方自治体の調査と大きくかけ離れた内容となったのです。私は今でも、電力会社の調査や地方自治体の調査は捏造された内容だと確信しています。ハッキリ言えば彼らは自分たちの利益のためには人の命なんかなんとも思っていない連中なんですよ。特に、トップの連中ですがね。(下の人たちは封建時代の単なるしもべのように従順にトップのいうことに従うだけでした。)

2011/5/26(木) 午後 11:43 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
ただ、政府や電力会社だけに問題があるわけではありません。現在、原発が存在する地方は原発振興法のおかげで財政的に潤い、そういった金に依存しなければならない体質になってしまっています。原発一基につき各市町村に毎年、何億もの金額がばらまかれるわけですから、そして、この金額は原発を設置してから10年間1年ごとに減少していき最後には補助金がなくなってしまう仕組みになっています。すると2基目・3基目と順次、原発を容認していかなければ地方の財政は破綻するようになっています。ですから、原発がある地域の人々はまるで麻薬中毒患者のように、次から次へと原発の増設を容認していくのです。私の参加した反原発運動もこういった事情で、大多数の住民に受け入れられなかった次第です。危険性をどれだけ主張して説得しても駄目でした。

2011/5/27(金) 午前 0:00 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
といっても、住民の方々を責めるつもりは毛頭ありません。住民の方々は上で述べたように、ある意味麻薬患者とそう変りないのですから、麻薬患者が自分の身体より目先の快楽を優先するように、命の危険性より、お金を優先するのも仕方のないことだと思っています。責めらるべきは、住民を麻薬漬けにしたヤツでしょう。張本人は田中角栄です。彼がこのシステムを考案したと言われています。
話は戻りますが、広島・長崎に原爆が投下されて間もない1950年代末から現在に至るまで、現状の日本に導いた政治家達に何の期待もできません。いない方が日本のためだと考えています。
ただ、学者の方々には頑張ってもらいたいものだと正直思っていますよ。

2011/5/27(金) 午前 0:13 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

★花咲さん★
私は関東にいますが、退避範囲になっている30キロくらい離れていれば原発は概ねOKです。

これに関しては、失礼かもしれませんが、少々放射能を甘く考えていらっしゃいませんか?反原発運動を行っていた頃の私の知識では、今回の福島の原発事故で、これは憶測ですが半径200〜250劼糧楼呂任なりのダメージがあると思っています。もちろん長期的に被害を予測した場合ですが。具体的にいえば、これから20年間〜30年間の間に被曝が原因であるがん患者が飛躍的に増加すると思われます。多分、何十万人の単位だと思われます。それも、福島レベルの通常の原発だと仮定しての話です。高速増殖炉タイプで今回のような事故が起こればさらに致命的な被曝地域が拡大することでしょう。もちろん、そうならないことを祈っておりますが。

2011/5/27(金) 午前 0:40 ORIGINAL_ZX 返信する

顔アイコン

「辛きことを蓼の葉に習い臭きことをかわやに忘る善言を聞いて悪言と思い云云」という言葉がありますが、ZXさんの熱い発言で、私もこの言葉を思い起こしました。何が正しくて、何が邪悪なのかを大きな声で発してゆくことは、まさに青年の真価であり、ZXさんは(おそらく私と同年代であられると思いますが)まさしく青年の気概を持ち続けていらっしゃいます。現状の生活水準に満足して、それが、多くの人の犠牲の上になりたっている事実から目をそむけるだけでなく、その変革を妨げようとする邪悪な思想・風潮は駆逐していかなくてはいけないと思います。☆★☆ポチ☆★☆

2011/6/3(金) 午後 3:06 toby 返信する

顔アイコン

★Tobyさん★
ありがとうございます。
『何が正しくて、何が邪悪なのかを大きな声で、発してゆくことは、まさに青年の真価であり・・・』まさにtobyさんの仰せの通りだと思います。今回の事故が起きてからというもの、反原発運動を途中で断念した自分を恥じ入る毎日です。確かに、当時は孤立無援といった状態での運動でしたが、誰も聞く耳を持たなくとも自己主張を続けるべきであったと思っています。
No More Fukushima は永遠に主張していかなければいけないと今は考えています。

2011/6/6(月) 午前 0:57 ORIGINAL_ZX 返信する

ZXさんの感情が高ぶっているうちは何かコメントしてもあまり良い話し合いにならないと感じたので放置していました。

>ある高名な方と反原発の運動

これは誰でしょうね・・小出先生や武田先生ではなく安斎先生ならいいな・・と思っています。

>これから20年間〜30年間の間に被曝が原因であるがん患者が飛躍的に増加する

これは可能性としてかなり低いでしょう。

>ハッキリ言えば彼らは自分たちの利益のためには人の命なんかなんとも思っていない連中

狂った反原発団体も似たようなものだと思います。
どちらの側にも話の通じる人と手の付けようの無い人がいますよ。

理想は行動の芯となるのでとても大切だと思います。
同時に正しい科学的知識も客観的な対策を考える上で大切だと考えています。

2011/10/16(日) 午後 9:35 [ bloom@花咲く小径 ] 返信する

顔アイコン

中国の原発大事故による放射能修復バブルはいつごろですか?
その放射能は、日本にもやってくるのですか?
中国原発事故による日本の除染対策の費用は中国が負担するのでしょうね!

日本の原発は大地震や津波大事故を起こしましたが、中国の原発は作り方が悪く、基準もマチマチで、さらに内戦やヒューマンエラーで大事故を起こしそうで心配です。
中国の原発は度々事故を起こしていますが、その情報は公開されていません。

中国原発が事故を起こせば、偏西風に乗って西日本は壊滅です。
日本列島に逃げる場所がなくなります。

2012/10/21(日) 午後 11:52 [ エネルギーを考える ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事