Orihimeだより「とんからり」

手織りと、手作りと、日々のこと、いろいろ…

雪が降る前に

寒波到来で雪のニュースがあちこちから・・・
幸い我が家の辺りにまだ雪は来ない
昨日はとっても寒かったけれど
ほんの少しちらりと舞った程度で済んで初雪というほどではなかった

そして今日は昨日の寒さがうそのような上天気
でも明日にはまたマーク
そんななか畑の葱を掘り上げた

イメージ 1

土寄せをさぼったのでちょっと寸足らず
軽く干した後段ボール箱に詰めて保管
冬の間の大事な食糧

雪が降る前に
と思っていた家の外や畑の片付けはなんとかできた
今日頑張ったご褒美は・・・

イメージ 2

老舗の青果店の一角に昨年できたスイーツの店
地元産の紅玉を使った人気のアップルパイ
遠い場所ではないのに
なんかきっかけがなくて食べたいと思っていながら寄れずにいた

一仕事で汗をかいたあと
ひとりまったりといただいた
紅玉の酸味がきいてさっぱりと美味しい

さてまたあれこれがんばって
次のご褒美はなににしようかな

この記事に

開く コメント(0)

ブックカバー三昧

あ〜もうほんとに
なんで時間の経つのはこんなに速いんだろう
カレンダーは最後の一枚になった

あと10日でまたひとつ年が増える日がくるし
相変わらずなんだかんだと諸々のことに追いかけられてるし・・・

イベントが一段落して次のシーズンまでの間に
やりたいこともやらねばならないことも山盛り

注文品がいくつかあるのを作らなきゃ
裂き織りのために着物をほどいて裂き布をつくる準備をしておきたい
ストールやバッグ用の布やいろいろ織っておきたい
高機用に整経してある経糸を機にかけて織り始めなきゃ
読みたくて買った本何冊も積んである
あぁその前に家のこと
庭や畑を片付けて多少は年末の掃除もして・・・

頭の中はごっちゃごちゃ
でもまぁとにかく一歩ずつ優先順位を決めてとりかからないとね

という訳で頭の中とやるべきことを整理
休日の午前中は家のこと
あとはOrihime仕事に徹する と決めた
そしてそのOrihime仕事でまず優先しなきゃいけないのはブックカバー

まずは注文をもらっていたもの

イメージ 1

イメージ 2

文芸書サイズのカバーの注文だったけど
ついでに文庫サイズもお揃いで親子みたいに
上は裂き織り布とのコラボ
下は市販の招き猫柄で子供も二人(?)

今日届けたら
文芸書サイズは両方お買い上げ
一緒にいた友人が文庫サイズをお買い上げ
更に文庫サイズのカバーの注文がひとつ

今作業部屋は作りかけのブックカバーが山盛り
書店に納品するものを一枚でも多く作っておくつもりなので
しばらくはブックカバーに埋もれる日が続きそうだ

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

教室のKさんにタータンチェックのマフラーを教えるついでに
リジット機の幅いっぱいを使った大判のストールの経糸をかけた


イメージ 1

5色使いのタータンチェック
なんだか赤系で織りたくなってこんな色
でも全く私らしくない色合いで
織っていてもなんだか落ち着かない・・・
始めちゃったんだから織るしかないんだけど

        

速いもので11月もあと1週間ほどになってしまった
またアレもコレもやってないよ〜
とならないようにしなけりゃと少しずつ行動を

花の終えた庭のシュウメイギクやフジバカマ
立ち枯れた花たちを片付けた

何年か前に思いきり刈り込んで以来
ずっと実をつけていない柿も枯葉だけは毎年大量に落とす
家の脇の道路に落ちてしまうので掃くのだけれど
数時間後にはまた元通り 
マンガみたいで笑える

イメージ 2

生垣や庭木あちこちに絡み付くコレ
地味な花で 「へくそかずら」 なんてなんだか不名誉な名前までつけられているけど
刈り取っても刈り取っても毎年必ずはびこってきて
こうして実をつける生命力には脱帽する

イメージ 3

ようやくつぼみが膨らみ始めてきた山茶花にスズメバチが巣を作っていた
ここにも逞しい生命があった
ここまで大きくするのにどれだけかかったんだろう
でも危険なので駆除をお願いした

収穫後の畑も片付けないといけないのだけれど
それは来週の宿題にして
久しぶりに身体を動かして汗をかいたので
途中の公園の景色に思わず

イメージ 4

文字通り黄金色の絨毯
きれいだったなぁ

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

9月末から先週まで約一か月半の間に4つのクラフトフェアが続いた
ひと区切りついたところでまた次のことを

まずはしばらくほっぽらかしだった
ボックスショップの棚の入れ替え
(イベントで売れなかったものを持って行っただけなのだけれど・・・

イメージ 1

イメージ 2

私は参加できなかったけれど
少し前に棚の位置などを見直して並べ替えてもらった
以前の奥まった場所から入り口近くに移してもらって
棚も目線の高さでありがたい

少しでも目にとめてもらえたらいいな


イベントが終わるまで・・・と先延ばしにしていたことを今日はもうひとつ片付けた

居間のカーペットの交換
痛みや汚れがかなり目立っていたのだけれど
ソファをどかしたりと半日仕事になると思うと
イベント前の時間が惜しくてなかなかできずにいたこと

そんななか
家族みんなが携帯を持つようになって
ほぼ鳴ることのない電話機の下に敷いてある布にふと目がいった

イメージ 3

ずいぶんと色褪せてしまったけれど
実はこれ正真正銘わたしの最初の織り布

20数年前に家族旅行で行った佐渡
伝統工芸館のような所で
子供たちは夫と陶芸を体験
わたしは興味のあったぼろ織りを体験したときのもの

楽しくて楽しくてひとりもくもくと織っていた思い出がある

それから10年ほどたって
子供たちが手を離れてからようやく機を習い始めて今に至っている
いわば原点

あのときの織り上がった布を見たときの嬉しさを
これからも忘れずにいたいなと思う

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

びんずる市

先週土曜日 (10日)
今年最後の善光寺の 「びんずる市」 が終わった
(びんずる市は4〜11月に開催)
Orihimeも屋外のイベントへの参加は今年はこれが最後の予定

イメージ 1

イメージ 2

当日朝、受付時にくじ引きで場所が決まる
前回はくじ運が悪くてかなり奥まった場所になってしまった
今回は山門前、六地蔵さんの広場を引き当てた
う〜ん…でも良かったのかどうか微妙
確かに人通りは多いのだけれどね

まぁほとんどのみなさんは善光寺に参拝に来ているのであって
クラフト市が目的ではないんだからしかたない

イメージ 3

店はいつもと変わりばえなくこんな感じで


すぐ近くに設置されていたステージではいろいろなパフォーマンスがあった
その中で地元の高校生、書道ガールたちのパフォーマンス
書道パフォーマンスというのを初めて直に見たけどなかなかカッコよかった

イメージ 4

イメージ 5


善光寺の周りの紅葉はそろそろおしまいかな
でもきれいだった

イメージ 6

イメージ 7


イベントが一段落したところで
冬籠り中になにを織って作るかしっかり考えないと
まただらだらしたままで次のイベントシーズンになってしまう

まずは注文のものから、だね

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事