ここから本文です
四季*おり*オリ*の散歩道で♪
長きにわたってお世話になり、誠にありがとうございました。m(_ _)m

書庫全体表示

記事検索
検索
----- Saturday, January 27, 2018 ----------
我が家の「大寒」までのアレやコレやが無事に片付き、雪遊びを楽しみにしている関東勢に連絡してみると、もうすでに今年初の雪遊び会が計画されているところ!我が家も急遽、そのメンバーに加えていただきました。

。。。ところが!皆さんもご存じのとおり、この週は日本列島が大寒波に包まれた時。我が家地方は連日のように「暴風雪警報」が発表になり、台風並みの強風に目口開かず、日々の散歩もままならない状態。
連日気温はマイナスの凍てつく寒さで、種火の無い屋内水道は、4〜5日凍って出ないままでした。
すっかりメゲているところに、オフ会前日になってまだ「猛烈な寒さと雪のため、極力外出を控えて!」というエリアメールが届き、行き先の状況が気になって調べてみると、あまりの大雪のため営業を中止されている様子。電話で直に問い合わせてみると「1.5mほどの積雪があって除雪もできない状態なので、現在はお休みしています。」との回答。
我が家周辺の道路状況も最悪な時だったため、雪に慣れない関東方面の方々にもしもの事があっては!と、急遽、関東からお越しのお友達が谷川岳を越えず遊べる場所に変更しての、2018初オフ会となりました。
イメージ 1
前日夕方、関越道上りは通行止め区間がありましたが、それもその日遅くに解除に!
ところが。。。当日は朝から下り線で大きな事故があり、目的地へ向かう一部区間が通行止めになってしまうというハプニング‼関東方面からお越しの面々は、途中、下道経由で目的地へと集まって来られました。(お疲れ様でした)

さて、この日の「雪遊び会」メンバー。
まずは同胎・弟(次男)のテオくん!
イメージ 2
同じく、同胎・弟(4男/末っ子)のレオンくん!
イメージ 3
同胎さんなので、3頭それぞれによく似た部分を持ち合わせています。
テオくんとは色違いですが、レオンくんとは着用の「ダブルフルドッグガード」までお揃いなので、後ろから見るとホントそっくり!尻尾毛の茶色な感じまで似てるでしょ!走る姿もよく似ているので、飼い主の私たちでも間違いそうでした。
イメージ 4
首輪が赤なのまで一緒なのですが、レオンくんは「ユリウスK9」のハーネスを着けているので、その辺で見分けて下さいね。
イメージ 5
我らが三兄弟の他に、今回は、もう1組の同胎さんが参加しています!
先日2歳になったばかりの、ルッツちゃんとルークくんです。
イメージ 6
男の子、女の子の組み合わせの違いもあるかも知れませんが、Dawn太三兄弟の関わり方とは、また違った遊び方をする仲良し同胎さん!気が付けばルークくんがナイトのように、いつもルッツちゃんを守るように遊んでいる姿がほのぼのします。

その2頭の中に上手に入って追いかけっこしているのが、間もなく2歳のお誕生日を迎える、年齢の近いロイくん。
イメージ 7
実は今回参加の6頭。。。みんな父犬が同じカレンくんなんです。
同胎さん同士の関係が、他の子以上に特別な様子はどこも同じようですが、片親だけが同じ子同士も、喧嘩も無く和気藹々と楽しそうで、見守る飼い主さんもみんな笑顔で楽しいひと時となりました。
私自身、ずっと辛いだけだった雪が、久しぶりに楽しいと感じられた時間でした。



2018 1 27 カレンっ子雪遊び会

テオ家提案のこの場所。とても良い環境で、2時間みっちり遊びました!
ご一緒した皆様、どうもありがとうございました。
イメージ 8
今回参加できなかったお友達もいるので、今年の冬はあと何回集まる事になるかな⁈

飼い主たちのお腹も空いたので切り上げて来ると、駐車場に2頭のボーダーさんの姿があり、これから雪遊びに向かうため支度中でした。
すれ違う際、「あれ?あの子、Dawn太くんに似てる。」と言われ。。。お話を伺えば、2016年7月に1度いっしょに遊んだことのある、ユリアンくんご家族。。。なんと、こんなところで素敵過ぎる偶然!
イメージ 9
■茨城初上陸関連記事■
https://blogs.yahoo.co.jp/orion_chelsea/64591579.html
https://blogs.yahoo.co.jp/orion_chelsea/64591585.html
当時まだパピーだったユリアンくん。ずっとインスタの写真では拝見していたけど、実際に会うとすっかり若者の貫禄。しかも、フェリックスくんという弟までいるし!
ユリフェリ家、お声掛けいただきありがとうございました。

ランチ編へつづく。。。


----- Dawn太 2歳11ヶ月(生後1069日)-----


© 2005-2018 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.

安福亭本店♪

-----  Saturday, January 20, 2018 ----------
三週続けて週末になると「背脂ラーメン」の旅。。。前週からのご縁で、その味を忘れないうちにと、この度はお兄さんが営むという本店へ!
創業昭和47年(1972年)の安福亭 本店
イメージ 1
燕市にあり、2007年7月に惜しまれつつ閉店した「背脂ラーメン」の老舗・福来亭(本店)。若い頃のご店主はそこで修行をされ、のちに長岡市内に独立。福来亭白山町店、関屋福来亭、まつや食堂、大むら食堂と共に、福来亭暖簾分けのお店の1つです。
現在の店舗は建て替えられていますが、すでに半世紀近くにも渡り、長岡市内で背脂ラーメンの味を守り抜く老舗店です。
イメージ 2
入り口に置かれた券売機。本店・神田店で、微妙にメニュー構成が違っています。
イメージ 3
前日、仕事の関係で市内に出たという旦那が、昼時に安福亭駐車場がいっぱいになっていた!と言っていたので、昼時を大きく外し、お店到着は午後2時少し前。
小上がり、カウンター、テーブルと、神田店以上に広々とした店内にも関わらず、この時間、その半分以上が埋まる様子からも、人気店ぶりが伺えました。
イメージ 4
我が家が案内されたのは、ゆったりと座れる窓際テーブル席。
イメージ 5
やはり卓上には、無料でトッピングし放題のネギが存在感あります。本店では「小口切り」「太め白髪ネギ」と2種類が用意されていました。
醤油やラー油、酢、炒ニンニク、すりおろしニンニク、コショウなどの充実した卓上調味料の中。。。ラーメンのタレが置かれ、「こんなに好き勝手して良いの?」と思うほど、味の濃さまで自分好みに調節できるようです。
イメージ 6
箸入れにあったハーレーのイラストは、スタッフ着用のTシャツ背中にも見られました。店内いたるところにバイク関係が見られ、ご兄弟揃ってバイク好きなのかも知れませんね。
本店は若いスタッフさんが多めでキビキビし、目配りもしっかりしていますね。
6分ほどで供される
イメージ 7
老麺(¥750)
本店・神田店で、若干違うことが見た目からもわかります。
本店の方が背脂しっかり乗っていて、食べ慣れた燕三条系に近い気がしました。スープの味は本店の方がマイルドなんですね。私はこの程度でも十分ですが、力仕事の人やご飯と一緒の時など、タレ増しで濃くして食べると美味しいのかも。
イメージ 8
薄切りだけど、チャーシュー3枚のせでした。
スープの味とは対照的に、本店の志那竹の方が味付けが濃いめ。これで一杯やったら絶対に美味いはず!
イメージ 9
本店も小麦の味のする美味しい極太麺です。こちらは若干平打ちっぽくなっていました。ツルみは本店の方があるかなぁ?
イメージ 10
そしてご店主の、お店に来てくれた人への感謝の気持ちというネギ。遠慮なくかけ放題の盛り盛りでいただきました!そして、さらにクライマックスには、炒ニンニクもパラパラとトッピング!いやぁ〜、辛かったけど美味しかった。背脂系には玉ねぎトッピングが定説な私ですが、たまに辛味の強いネギで目覚めるのも、また乙なものですね。
実際に2店食べ比べてみて、どちらにも熱狂的なリピーターがいるという事、何だか妙に納得する部分がありました。
我が家の場合、「少し生醤油味を感じるスープの味が、食べ慣れた店にも似ていて神田店の方が好きだ。」という旦那と、「お店の開放的な雰囲気、麺の少し平打ちっぽさが、嫁に来て知ったお店に似ていて本店の方が好き。」と思う私。。。どちらも違ってどちらも美味い!
写真見ながら、また食べたくなってしまいます。
イメージ 11
背脂ラーメンの店に来て「背脂抜きで!」と注文しているお客さんがいるのも、ちょっとしたカルチャーショックでした。「おめぇ〜さん、もぅぞこいてんでねぇてば!」(笑)県央で背脂ラーメンを食べる人の中に「脂少なめで」までは言う人はあっても、「0」の選択肢はないでしょ。
背脂ラーメンは全国的にも有名になったけど、安福亭さんは老舗店だけど、長岡という立地ゆえ、理解できないこんな現状もあるわけですね。
ご馳走様でした。


© 2005-2018 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.

開くトラックバック(1)

塞の神2018♪

----- Sunday, January 14, 2018 ----------
今年もDawn太を連れ、注連縄や門松をお焚きあげし、「五穀豊穣」や「無病息災」を願う伝統的な旧正月行事「塞の神」に行って来ました。
イメージ 1
こちらの塞の神が現在のかたちで開催されるようになって、今年で13回目になるそうです。「書初めの書き損じをお焚き上げすると字が上達する。」という話を聞きつけ、ちび子を連れて初めてお邪魔したのが平成24年(2012年)のこと。
我が家にとっては7回目。Dawn太にとっては3回目になる塞の神。
イメージ 2
今年も10m以上にもなる見事な塞の神が、地元有志の手によって完成していました。
イメージ 3
最強寒波が列島を襲っていた時でしたが、気温は低いものの、午前中は少し日も差すような天候の日になったので、例年に比べて参加者も2割増し程度あったと思います。
イメージ 4
甘酒の振る舞いや、販売ブースもありました。
イメージ 5
我が家購入の豚汁は、盛の良さにまずビックリ!野菜高騰のこのおり、惜しげもなく地元野菜がたっぷりと入った熱々の一杯。これで200円はお得過ぎでした。
イメージ 6
ちょうど豚汁を食べ終えて温まった頃、いよいよ式典開始時刻になりました。
イメージ 19
来賓のあいさつのあと、ご住職による御祈祷。
イメージ 7
今年は初めての試みで、地元の子どもたちの手によって塞の神に点火されました。
イメージ 8
点火直後から良い勢いで燃え、風も殆ど無い状態だったので、煙も炎も上へ上へと。
イメージ 9
モックモクの大きな煙が立ち上り。。。
イメージ 10
煙の中に龍神出現!
イメージ 11
炎はあっという間にてっぺんまで達し
イメージ 12
真っ黒な灰がたくさん舞い落ちてきます。
イメージ 13
塞の神の火にあたると、この1年も無病息災といいます。
良い頃合いになったところで、車待機だったDawn太を降ろして記念撮影。ちびっ子の時には全く平気だったのに、大人になって今年は、塞の神が燃える途中で出す破裂音が怖いらしくて、尻尾in、お耳もペッタンコの記念写真でした。
何を隠そう、私も竹の破裂音は苦手なんです。(臨場感ある動画に証拠が!)

塞の神2018

イメージ 14
大きく、真っ直ぐに燃え上がった炎が落ち着いてくると
イメージ 15
関係者からの合図と共に、皆さん手にしたスルメを炙りに、塞の神に輪ができます。
イメージ 16
塞の神で炙ったモノを食べても、無病息災につながります。
イメージ 17
顔を赤くし、無心に炙る。。。
イメージ 18
福ダルマ、火ダルマ。(毎年シュールな絵です。)

皆様にもご利益がありますように。

----- Dawn太 2歳10ヶ月(生後1056日)-----

≪これまでの 塞の神 記事≫
2017年
2016年 Dawn太はじめての塞の神
2015年(動画付き)
2014年   ■2013年(動画付き)  ■2012年

© 2005-2018 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.

安福亭神田店♪

-----  Saturday, January 13, 2018  ----------
最強寒波が列島を襲ったこの週末、どうにか買い物には出て来たものの、大きく時間を外してしまい昼食難民。
たまたま車で店前を通過の際、「ここも背脂ラーメンの店だ!」と言った旦那の一言が決めてとなり、買い物帰りにお邪魔してみました。
イメージ 1
場所は、長岡駅から車で5分ほど走った辺り。目の前の道路は「旧三国街道」という、商店などが建ち並ぶアーケード街の一角にあります。
創業昭和55年(1980年)の安福亭 神田店
イメージ 2
この時旦那は「安福亭」が2軒あることを知らず、当然のようにこちらのお店に連れて来られましたが、後になって知ると、こちらは弟さんが営む兄弟店とか。
神田店の店主は東京の中華店で修業の後、燕市にあった「福来亭」(今は無き本店)で修行を積んだ兄が営む「安福亭」を一緒に切り盛りし、その後こちらへ独立したという経緯の持ち主。
独立から間もなく40年を迎えようとする「兄弟店」もまた、有名老舗店に違いありません。
時刻は午後3時40分。通し営業で助かりました!しかも、店内にはまだポツポツとお客さんの姿があります。
イメージ 3入り口に置かれた券売機。バイク好きなのか?フィギュアが置かれています。
イメージ 4
入ってすぐは、L字型のカウンターが15席ほどでしょうか?さらに奥には小上がりも見られました。
ランチ時はさぞ混むのでしょう。この時間帯にいたのは、地元高校生やサラリーマンなど。
イメージ 5
卓上にはコショウ、醤油、酢、ラー油、炒ニンニク、紅ショウガなど。割り箸の前にある缶の中には、小口切りのネギがたっぷり入って入れ放題のようでした。ネギ好きには嬉しいサービスです。
食券を出すとすぐ調理に取り掛かってもらえたので、厨房内の動きを拝見しつつ、5分ほどで供される
イメージ 6
老麺(¥750)
この状態で提供されたので、こちらが正面なはず。かなり大盛りでビックリ!
イメージ 7
エッジの効いた極太麺。最初に噛むと小麦の風味まで感じられて、ん!これは。
少し生醤油っぽい風味も残しつつ、煮干しダシの良く効いたスープ。燕三条で食べるより、背脂の量は少し控えめに感じました。後から来た常連さんなどは、食券を渡す際「脂多めで!」と一言添えていました。
そして、脇役のように思う志那筍が抜群に美味しい!チャーシューも美味しいけれど、それ以上に志那筍が印象的で、これだけツマミに酒が飲めそうです。
実は、前週には「杭州飯店」でも背脂ラーメンを食べています。そちらともまた違う個性を持ちつつ、しっかりと「燕三条系」の流れを守り、1つ1つの素材に丁寧な仕事がされている様子が伺えます。さすが老舗ですね。
「邪道だ!」と思いつつも、サービスの良い大盛り麺の最後の方は、卓上にあった「炒ニンニク」がどうしても気になり、上からパラパラしていただいています。カリカリで香ばしく、良い味変になって美味しかったので、次回があったなら、味噌老麺にたっぷり入れて食べてみたいと思ったり、美味しかった志那筍たぷりな志那筍麺をネギまみれで食べてみたいと思ったり。。。
お兄さんの営む本店にも行ってみないと!
イメージ 8
あんなに寒くて凍えていたのに、食べ終えるとポカポカ。ご馳走様でした。



© 2005-2018 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.

開くトラックバック(1)

ピンク メドレー♪

2018年の最初を飾るスタバの新ビバレッジが、1月10日(水)より発売開始になっています。
Pink Medley Tea Latte
イメージ 1
HOT only / Tall ¥470 /  size Short〜 Venti
販売期間  2018年1月10日(水)〜2月14日(水) ※無くなり次第終了

今年最初のビバレッジは、エスプレッソではなく、ティーベースなんです。
泡までピンク色に染まった春を感じさせるラテは、TEAVANA「JOYFUL MEDLEY(ジョイフルメドレー)」に、ホットミルク、スチームドミルクを合わせたもの。
「JOYFUL MEDLEY」は、ブラックティー、ジャスミンティー、ウーロン茶の3種類のブレンドティーに、アプリコットの風味を加えたもの。お店のメニューにもあるので、「JOYFUL MEDLEY」だけいただくことも可能です。
そこに、マンゴー、アップル、ピーチ、ストロベリー、オレンジなど、様々なフルーツがブレンドされたピンクのシロップのようなものを加えたミルクが使われているので、この可愛い色合いになっています。
イメージ 2
シンプルで綺麗なラテ。ティーのほのかな渋みも良くて、飲みながらもテンション上がります。かなり複雑で形容しがたい味わいですが、飲みながらも何かの味に似ているなぁ〜と。
あっ、紫芋のジェラートの味!

ようやく一緒に購入できたのは、2017年最後のプロモから登場している
フルーツ&ヨーグルト ストロベリー(¥380)
イメージ 3
すっかりお馴染みになった「プリン」商品と同じくらいの大きさですが、カップ容器のヨーグルトは、初めての販売になると思います。
粘度があり、僅かに甘みを加えたヨーグルトに、甘酸っぱいイチゴソースがたっぷりのって、こちらも可愛いく、春らしい印象です。
プラスチック容器はペラペラですが、これもコレクションの1つに!



© 2005-2018 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事