「平和憲法」 九条の会

病気と戦う免疫は軍事力であります。

全体表示

[ リスト ]

 奴隷が帝政ロシア側のモスクワ民族と一緒にやってきました。
 この佐々木族は、牧系です。
 アイヌ顔はアフリカ時代も、野人であり食糧を自給しませんので、現代でも狩の延長本能で、議会山賊(対軍鶏)や利権強盗団(黒い瞳なのに先住民族)や、市民生活でも、大和民族に罪悪感を持たず逆恨み泥棒やヤクザや、大和民族を恨むカルト教団や政治政党の支持者や構成員も多いです。
 不思議とアイヌには、朝鮮の白丁奴隷(アイヌよりは商品価値があったので朝鮮へ売られた) のように下着泥棒のニュースを北海道も聞いたことがありません。
 その時の産廃奴隷がアイヌ民族という、旧土人保護法での対象民族でした(和人は南京大虐殺や従軍慰安婦や日帝がコリアンに赤紙を朝鮮で配った事件状態)。
 オホーツクでは、アフリカから誘拐をされて、人を喰ったり、ジャングルの土人のように近くの者をいじめたり、戦争したり殺したり、隣の集落と戦争をすることなど、世界共通のアフリカ系産廃狩猟人種知能で、頭が悪いので、マサイ系を選んだ後に捨てられた奴隷の産廃奴隷を運んでいた白人を、皆殺しにしたパルチザンを結成しました。 アイヌ顔(トケビ、ヒスパニック顔、ロマ顔、ヤガーばあさん)でなければヒトを食べないと思います。
 それ以前にフェロモンが、大陸の奴隷の混血をしていない時代に日本へ来た大陸からの縄文仲間なので、イザナミの国である日本へ自ら同化をし、愛国心も認められ武家(軍馬の牧から出世?)も多く、多くの佐々木族が全国的に大和民族であります(北海道ではアイヌも多い)。
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-ainu/ItaOmachiPu.html
 マサイ族など背が高く、オランダや、露助(ロシア人)の身長がアイヌ顔なのにロシアで言うとスラブ奴隷やロマ顔(同化拒絶のロシアンアイヌ?)だったので、「背が高い現象」がわかりやすいでしょう (ロシアの「ガモア」選手)。
 英国も奴隷保有の貴族以外は背が低いそうです。 北欧は奴隷を持っていませんので和人のようにチビ助です。
 オランダの高身長や、ロシアのアイヌ顔が背が高いように食糧を自給するので帝政ロシアなどに優遇差別をされたようです。 マサイ系は、乳製品を食べ、人喰い人種のように肉を好んで食べないようです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事