雪冤闘争宣言

世間に知られていない冤罪事件がたくさんあります。私の事件もその一つ。どうぞ知ってください。応援してください。

全体表示

[ リスト ]

1、 1985年7月16日未明、渋谷区円山町で経営していたパブから出た私が、車に乗ろうとしていたところを、警視庁捜査4課(組織暴力団担当)の5人の刑事に急襲されて、逮捕された。

2、 5年前から所在不明になっている、佐藤松雄(私のビジネス相手だった)を殺害して、彼の所有していた田園調布の自宅等の、財産を乗っ取ったという容疑である。

3. 始めから私は殺人容疑を否認。警視庁は事件を立証するためには、私の自白を得る以外には無いので、厳しい取調べを開始した。

4、 警視庁はそのときまでに、佐藤の身元を特定するに足る、すべてのデータを持っていて、警視庁鑑識課、そして警察庁の鑑識課にも委託して、過去に発見された身元不明死体との照合を済ませていた。
 その結果、佐藤の死体はまだ発見されていないと判断していたのである。

5、 私が佐藤の自宅の処分や、預金の解約等の手続きをしたことを認めたから(もちろん佐藤の了解の下にである)、その行為に私文書偽造やら、公正証書原本不実記載などの理由をつけて、別件逮捕を繰り返した。
 結局、私は警視庁の留置場に136日間収容され続け、朝から晩まで、佐藤殺しを自白するようにと責められた。

6、 警視庁では当初、佐藤殺害は1980年の7月半ばだというシナリオを立てていた。「ちょうど5年ぶりのお盆の期間だ。今のうちに死体を出してやれ。成仏させてやれ」と繰り返して私を責める。

7、 これに対して私は、逮捕翌日にはもう「佐藤と一緒に7月25日に、福岡へ担保の土地を見に行っているので、調べてくれ」とアリバイを述べている。
 その後も佐藤と会った記憶は沢山あるのだけど、いくら弁明しても、証拠がはっきりしていないと、刑事たちはまるで相手にしてくれない。
 福岡旅行なら、航空搭乗券、レンタカーの借り出し記録、ホテルの宿泊記録などの痕跡が沢山残っているはずだと思った。

8、 その後の調べで、犯行日は24、5日だろうということになった。23日に佐藤から電話があった記録が見つかったこと、25日の店の従業員給料日に遅配なく私が支払っている(約70万円ほどの計算になる)が、これは佐藤から奪った金に違いない、という理由からだ。
 私が金に困って殺したというのが、警察の作ったシナリオだから、私に金があっては困る。

9、 24、25日に絞って私の行動を逐一詳細に説明させられるのだが、何しろ5年前の平凡な一日のことだ。はっきり出来るわけがない。
 結局25日の話に戻ってしまう。
 私の福岡旅行のアリバイ申し立てに対し、一度は警視庁もしぶしぶ捜査官を福岡へ派遣して調査したようだが、何も証拠が見つからなかったという。


 続きは次の記事に進んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/orisen0706/3146722.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事