幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

今年、「週間朝日」に、次の様な記事が出ていました (2011年、7/8 号、P176〜)
 
          「幸福の科学が、披露した珍説  『 “バルタン星人” は、信者です』 」
 
記事の内容はーーー
 
 「東北地方のイタコといえば、死者の霊を自らに憑依(ひょうい)させて、話をする巫女(みこ)のことだが、
 
  『幸福の科学』の大川隆法総裁も、イタコのような、“霊言”が出来るという。さすがに、大宗教団体を興した
 
  人物だけあって、呼び出す顔ぶれは、豪華だ。イエス・キリストや、モーセ、日蓮、ベートーベンに坂本竜馬、
 
  そして、今度は,『バルタン星人』を呼び出したというのだ...バルタン星人といえば、ウルトラマンで、
 
  おなじみの宇宙人...5月末、幸福の科学の精舎で、 『宇宙人リーディングーー善悪と礼節を重んじる
 
  バルタン星人編ーー』 と題する霊言が行われた」
 
 
幸福の科学では、宇宙人の魂が、地球人の肉体に宿り、地球人として生まれている、と説明している。
 
「宇宙人との対話」(大川隆法著)には、次の様な言葉が出てくる(P134〜)。
 
         「あぁ、義経なんかも、レプタリアンです。織田信長も、レプタリアンです」
 
幸福の科学では、レプタリアン星人という宇宙人は、実在すると説明している。
 
上記の文章は、レプタリアン星人の魂が、地球人として生まれ、織田信長や、源義経といった人物となっている、
 
という事を意味している。
 
ちなみに、「宇宙人との対話」(大川隆法著)は、2011年度「日本トンデモ本大賞」を受賞している。
 
 ※レプタリアン星人,,,その姿が、トカゲのような、恐竜のティラノザウルスのような、爬虫類(はちゅうるい)
 
  型宇宙人。肉食で、時には、人間をも食べるとされている。地上に現れるときは、別の姿となって、現れる。
 
幸福の科学では、人間の魂は、6つの魂で、1つのグループとなっていると説明している。
 
これを、魂の兄弟と呼んでいる。別の言い方をすると、地上の1人の人間には、霊界に、5人の、魂の兄弟が、
 
いる、という事になる。大川隆法は、自身を、霊能者であると語り、対象者を、霊査(リーディング)することに
 
よって、対象者の魂の兄弟に、宇宙人の魂が存在するか、どうかを、判定することが出来る、としている。
 
大川隆法の、公開霊言で、対象者の魂の兄弟から、宇宙人の魂を呼び出し、大川隆法や対象者の肉体を
 
使って、宇宙人の魂に、『霊言』を語らせる事を、「宇宙人リーディング」と呼んでいる。
 
しかし、バルタン星人は、「ウルトラマン」というフィクションの中に、登場する宇宙人である。
 
「フォッ、フォッ、フォッ、フォッ」と笑い声を上げ、ハサミのような手を持ち、セミのような顔をした宇宙人である。
 
秋になり、私は、幸福の科学の精舎に行き、「バルタン星人の霊言」を収録したDVDを見てきた。
 
 
      「宇宙人リーディングーー善悪と礼節を重んじる、バルタン星人 編ーー」
 
 ※大川隆法の前に、対象者が座っている (対象者...教団職員の「ハタ」さん)
 
大川隆法 「この者の中にいる宇宙人の魂よ、どうか、浮かび上がってきて、その姿、考えを明らかにしたまえ。
 
  (手をかざしながら)宇宙の、何か、を感じますね。 (対象者と、宇宙人の魂に対して) 何か、話が出来る
 
  ようなら、合掌している手を、上に上げてください。難しいようなら、手を下げてください....(30秒経過)
 
  それでは、(宇宙人の魂を)こちらに、移してみます。「ハタ」さんの中にいる宇宙人の魂よ、私の方へ、
 
  入ってみてください」
 
大川隆法(以下 バルタン星人) 「ウフフフフフッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ....ハッハッハッハッハッ、
 
  ハハハ....私の存在に気付くのが、遅かったようですね」
 
質問者(以下 Q) 「どちらの星から、来たのですか?」
 
バルタン星人 「星ねぇ...まぁ、バルタン星人みたいな感じなんだなぁ」
 
 Q 「姿が、ですか?」
 
バルタン星人 「あんな感じなんですよ、私はねぇ、そうなんですよ...ウルトラマンより強いんです...
 
  ハサミ、持ってます....二本足で、立ってます...身長は、3mくらい。
 
  強いけれど、性格は、温和で、芯は、強い、です」
 
 Q 「惑星の名前は?」
 
バルタン星人 「惑星の名前は...地球的には....デネブという星の近くで...私たちは、ガガールと
 
  呼んでいる星から来ました。星の特徴は、善悪の心がとても強くて、礼節を重んじる傾向があります。
 
  私たちの特徴は、ベガ星人のように、器用に、姿(体)を変えることは出来ないが、カメレオンみたいに、
 
  周りの景色に同化して、変色することができる。保護色(ほごしょく)型宇宙人であり、発見されにくい。
 
  こういうかたちを取るのは、レプタリアン系のものたちが、攻撃してくることがあるため」
 
 ※ベガ星人....「宇宙人との対話」(大川隆法著)の、第4章に登場する。こと座のベガ星人は、何にでも、
 
             姿が変えられる(トランスフォーム出来る)、液状型(えきじょうがた)宇宙人。
 
バルタン星人 「ハサミは、持っているが、自分より、弱いものを攻撃するために、使う。人間も食べられない
 
  わけではないが、私たちは、善悪の心と、礼節の心があるので、自分たちよりも、知能や徳が高い、と思う
 
  ものに対しては、手は出さない。これが、レプタリアンと根本的に違うところ」
 
 「ハサミを持っているのは、男、勇者の、特徴。女性のハサミは、小さく、あまりハサミには見えない。
 
  食料を獲るのは、基本的に、男性の仕事。女性は、野菜をつくったり、家の中の作業をしている。
 
  男性は、ハサミで、木材をはさんで、クレーン車のように、運んだりする」
 
 「原始人ではなく、一応、文明がある。指が、たくさんないので、宇宙船は、自分たちではつくれない。
 
  オリオンの星から、レンタルした宇宙船で、地球に来た。オリオンから、技術供与を受け、戦略的提携を
 
  している。我々は、学問をする種族で、宇宙の儒教を教えている。孔子様は、たまに、講師で来る(笑)。
 
  孔子様も、姿が変化して、大鳳(たいほうーー大きな鳥)のような姿で、空を飛んでいる場合もある。
 
  地上では、人間の姿になったり、他の変化身(へんげしん)もあると聞いている。」
 
 「私の一族は、代々、ガガールの宗教的指導者である。ガガールでは、長子相続制であり、私は、長男では
 
  なかったので、宇宙の冒険に出た。誰か、違う種族の人に誘われて、地球に来た。
 
  遊覧船のような宇宙船で、色々な星を回って、希望者を募って、乗り合い宇宙船で来た。
 
  私は、“トド”に、エサをやっていた( “トド”の、調教係をしていた)(笑い)」
 
 ※ “トド”....「宇宙からの使者」(大川隆法著)の第1章には、「木星の衛星エウロパにいる宇宙人」が
 
            登場する。その姿は、ゴリラと、トドを合わせたような姿で、対象者となった教団職員は、
 
            “トド”と呼ばれることになる。内輪受けをする場面。
 
 「宇宙船のなかには、人魚のような、大きなものもいた。宇宙船のリーダーは、ベガ星人の方々。
 
  “ケンタウルス α” の人は、現場監督で、(宇宙船内の)危機管理が、主な仕事。宇宙人は、お互いに
 
  風習が違うので、トラブルがないように、見張る仕事をしていたのではないか」
 
 ※ “ケンタウルス α”....「宇宙からの使者」(大川隆法著)の第2章に登場する、ケンタウルス座α星人
 
                    その外見は、映画「猿の惑星」に出てくる、猿に似ている。
 
 「遊覧船(UFO)は、何度も、行ったり来たりしている。色々なところから、新しい宇宙人を仕入れている。
 
  創造は、バラエティから生まれるので。珍道中だった。 (地球に来て)最初に降りたのは、中国とインドの
 
  境目。イエティ(雪男)たちの集落で、一緒に生活していた。 イエティは、体が大きく、毛むくじゃら。
 
  彼らも、元は宇宙人。私は、まだ、その時は、バルタン星人型だった。生まれ変わって、学問的な職業、先生
 
  の仕事に就いた。得意なのは、農業経済。農作物を豊かにする方法を教えた」
 
 Q 「エル・カンターレとのご縁は?」
 
 バルタン星人 「エル・カンターレは、ラ・ムー様よりも前の時代に、インドに生まれたことがあり、“燃灯仏”と
 
  いわれていた。それが、今から8万年前。私は、式次第をつくり、お供え物の係をしていた。
 
  ヘルメス時代は、水の管理人。つぼに水をどのくらいためたら、何日飲めるか?を考えていた。
 
  ワインの貯蔵もしていた。お釈迦様の時代は、僧侶で、お経の編纂にも加わった。祇園精舎で、説法の
 
  セッティングをしていた。3万年前、イランの方で、エルという名前で、光の教えを説かれた。その時も、
 
  お手伝いした。お釈迦様は、分身として、(地上に)よく出ている。偉いんです。
 
  ベガ星人とプレアデス星人は、神様の元、原型と思っている。私たちは、真似をしただけ」
 
 Q 「直前の過去世は?」
 
 バルタン星人 「江戸時代かなぁ...儒学者 木下順庵かなぁ...私、浪人してて、私塾で弟子をとり、
 
  弟子を仕官させていた。有名な弟子は....熊沢蕃山は、中江藤樹の方だったかなぁ.....
 
  有名な人はいないかなぁ。弟子は仕官させ、自分は浪人し、弟子たちの仕送りで食ってた。
 
  働き者では、なかった。お仕えが好きでない、勉強が好きだった。
 
  人生を貫くのは、学徳からくる信用、が人生のテーマ」
 
 
ガガール星人も、バルタン星人のように、よく笑うのでしょうか?大川隆法は、しばらく笑い声を上げて、
 
両手で、ハサミをつくって見せて、霊言を始めた。ネットで、「ガガール」を検索すると、インドの「ガガール空港」
 
というのが、でてくる。まさか、ガガール星の、名前の由来は、「ガガール空港」ではないでしょうね?
 
こと座のベガも、ケンタウルスも、太陽と同じ、恒星である。宇宙人が、生活を営むのは、不可能なのでは?
 
「イエティ」を、ウィキペディアで調べてみた。
 
 「エベレスト登山には、最低でも、一人あたり、10000ドルという、高額な費用が必要である。
 
  登山の費用を捻出するため、イエティという存在が、“でっちあげられた”事が、証明されている」
 
つまり、「イエティ探検」などの名目で、登山隊が、スポンサーを募り、資金を調達した、ということだろうか?
 
木下順庵についても、検索して調べてみる。
 
木下順庵は、40歳のとき、加賀藩 前田綱紀(つなのり)に、仕官している。
 
62歳の時には、幕府の儒官(じゅかん)になっている。
 
そして、弟子には、新井白石という、超有名な人物が、いる(新井白石は、徳川幕府で、“正徳の冶”を行った)。
 
霊言の内容と、かなり違う、という印象を受ける。
 
 
「バルタン星人の霊言」を収録したDVDは、40分くらいなのだが、私は、奉納目安の、3000円を支払って、見た
 
11月以降に開示される、大川隆法の法話・公開霊言(を収録したDVD)を見るためには、
 
数万円以上のお金が、必要らしい。 (ネット掲示板の情報より)
 
 「イイ女の法」 「イケメンの法」 .....それぞれ、 5万円
 
 「マインド・セットを変えよ」 「リーダーの条件」 .....それぞれ、 10万円
 
 「未来科学リーディング」 ..... 20万円
 
 「無限の富を宿す瞑想法」 「社運向上祈願」 .....それぞれ、 30万円
 
                                                    他 多数
 
1995年、幸福の科学は、「創価学会 ドラキュラ論」という本を出版した。
 
私は、いつか、「幸福の科学 ドラキュラ論」という文章を書こうと、思っている。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

Q31B4669
二次元も悪くはないんだけど・・・
やっぱ、三次元っしょ
ttp://a8eLY5Ef.www.ma3ji.mobi/a8eLY5Ef/ 削除

2012/1/5(木) 午後 0:56 [ 二次元も悪くないけど・・・ ] 返信する

顔アイコン

89C4U9C2
全国のチビに朗報www
俺みたいなチビでもwww
需 要 っ て あ る ん で す ね !
ttp://Fo770akT.ua.4wfyf.com/Fo770akT/ 削除

2012/1/8(日) 午前 2:36 [ チビでもwww ] 返信する

顔アイコン

源義経はジンギスカンそしてレプタリアンはうなずけます。
けれどもバルタン星人はフィクションでしょう。
ウルトラマンはフィクション中の爬虫類星人だと思います。

2013/11/26(火) 午後 11:25 [ 現在状況 ] 返信する

顔アイコン

源 義経が、チンギス・ハーンになった、というのは、一般の俗説
でしょう。それも、信ぴょう性が、低い話ですよね。
「幸福の科学 過去世」で検索すると、大川隆法の霊言・本で出てきた過去世情報を知ることができます。

2013/12/13(金) 午前 2:39 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

元 幸福実現党 党首 ついき 秀学 の過去世ーーー

周瑜(しゅうゆ・三国志)、源 義経、

トマス・ジェファーソン(第3代合衆国大統領)

現 幸福実現党 党首 釈 量子 の過去世ーーー

持統天皇・源 頼朝・伊藤博文

あえば 直道 の過去世ーーー

平 清盛

習近平(中国)の過去世ーーー

チンギス・ハーン

2013/12/13(金) 午前 2:52 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川隆法本には、源 義経の魂は、レプタリアンの魂と書かれていますから、ついき 秀学さんの魂は、レプタリアンの魂ということになりますね。
尚、バルタン星人の霊言は、バルタン星人のように、ハサミを持った
「ガガ−ル星人の霊言」という説明になっています。

2013/12/13(金) 午前 3:00 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

こいつ本当に馬鹿だね こんなのに騙される奴って、いろんな者に騙されてるんだろうな

2017/2/18(土) 午後 2:26 [ art* ] 返信する

顔アイコン

こいつ、とは、誰のことですかね?
清水富美加さんのことですかね。

大川隆法は、「バルタン星人の霊言」のほかにも、色々な「宇宙人
リーディング」を行っています。最近の「宇宙人リーディング」には

「ウナギイヌ型宇宙人」とか、「仮面ライダー型宇宙人」

「(セミのハネを持つ)クワガタ型宇宙人」「アリ型宇宙人」

「イセエビ型宇宙人」 などが登場しています。

(当ブログ「HSUテキストを読んで、大川隆法の霊言について考え てみた」を参照)

幸福の科学は、「宇宙人リーディング」に登場する宇宙人は、
『実在する宇宙人』であると説明しています。
これらの情報が、真実か、ウソかを、問い続けてゆくことが大事だと考えています。

2017/2/23(木) 午前 6:53 [ orn**so ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事