幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

2011年 12月19日 北朝鮮 朝鮮中央テレビが、「12月17日、金 正日 総書記が、死去した」   と伝える
 
      12月20日、 幸福の科学 総合本部(東京)、大川隆法が、2つの公開霊言をおこなう。
 
              「金 正日 の霊言」            「金 正恩 守護霊の霊言」
 
              質問者; 立木 秀学 (幸福実現党 党首)、 里村 英一 (幸福の科学 広報局長)
 
大川隆法 「金 正日の霊、流れ入る、金 正日の霊、流れ入る。(繰り返し) ...う〜ん、少しだけ、難しい。
 
 牽引を、しないといけない (右手を握りしめ、頭上に掲げる) 牽引!日本まで、来い! えぃ! 来い!」
 
金 正日 (の霊)(大川隆法) 「(苦しそうに) ボホホホホホホ!ゴホッ! ゴホッ!う〜ん。ハァハァ。」
 
立木 「お話は、出来ますか?」
 
金 正日 「 ハァ、ハァ、ハァ。 熱い。 熱い。」
 
立木 「今、どういう状況ですか」
 
金 正日 「熱い。燃えるようだ」
 
立木 「発表によりますと、『12月17日の、朝 8時半に、列車内で、心筋梗塞を起こして、お亡くなりになった』
 
 とのことなのですが、今、そういうご記憶は、おありですか?」
 
金 正日 「...列車?」
 
立木 「はい、『現地指導のために移動中、病に陥られた』とのことなんですが」
 
金 正日 「それは、ウソ、だろうなぁ」
 
立木 「ウソ、ですか」
 
金 正日 「うん、だって具合が悪いのに、なぜ列車にのれるんだ」
 
司会 「いつから病に伏せっていらっしゃったのですか」
 
金 正日 「う〜ん、ちょっと前から具合が悪くてな、病院にいるんだよ」
 
司会 「病院? いつから、体が熱くなりましたか」
 
金 正日 「『いつから』って、それは君ねぇ、何だか、急に熱くなったのよ」
 
司会 「注射を打たれたりしたのでしょうか?」
 
金 正日 「えぇ? 発熱かなぁ」 「いやぁ、でも、違うような気もするなぁ」
 
司会 「何かの薬を飲んだ後でしょうか?」
 
金 正日 「何か、燃えてるんだよなぁ。燃えてる感じがするから、病院が火事かなぁ。
 
 列車になんか、乗っていないよ」
 
 
動画サイト YOU TUBE で、「金 正恩、父、注射」で検索すると、次の動画がでてくる。
 
  ① 「父を、注射で、殺した」  金 正恩 守護霊 インタビュー
 
  ② 金 正恩 守護霊 「北朝鮮 終わりの始まり」
 
これらの動画で、「金 正日 の霊言」 「金 正恩 守護霊の霊言」の、一部を見る事が、出来る。
 
 
大川隆法 「北朝鮮の後継者であるところの三男、金 正恩の守護霊を招霊いたします。
 
 金 正恩の守護霊を、招霊いたします(繰り返し)... 」
 
   (約20秒間の沈黙)
 
立木 「こんにちは、金 正恩さんの守護霊でいらっしゃいますか」
 
金 正恩 守護霊 (大川隆法) 「う〜ん。時は来たれりだな。いよいよ、わしの時代が来た」
 
立木 「来年(2012年)、『強盛復興の大門を開く』ということで、キャンペーンをされているそうですが、
 
 来年(2012年)には、何かを企画されているのですか」
 
金 正恩 守護霊 「だから、“花火大会”をやらなきゃいけないな」
 
司会 「“花火大会”ですか」
 
立木 「それは、どの方向に、どれくらいの規模で、やるのですか?」
 
金 正恩 守護霊 「私も、西洋の勉強はしてるからね。いちばん、効果的なところで、“花火大会”をやる」
 
司会 「その勉強の成果として、いちばん効果的なところは、どこなのですか」
 
金 正恩 守護霊 「そうだねぇ、今の日本を見れば、東北の大震災で、あれだけ弱って、それで、原子力の
 
 ところで揉めてるからね。まぁ、核ミサイルまで打たなくてもいいかもしらんけど、短距離ミサイルでいいから
 
 原子力発電所の近くに、2,3発、打ち込んでやれば、すごく面白いんじゃないか」
 
司会 「それは、“来年の企画”の中に、入っているのですか」
 
金 正恩 守護霊 「まぁ、“花火大会”としては、いちおう考えてはいる」
 
 
立木 「2人のお兄様は、今、海外にいらっしゃるようですが、今後、どのような関係にしていく予定ですか?」
 
金 正恩 守護霊 「ちょっと、消さなきゃいかんとは思っている」
 
司会 「消さなくては、いけないのですね。では、お父様の妹の、金 敬姫(キム ギョンヒ)さんと、その夫の、
 
 張 成沢(チャン ソンテク)さんについては、どう思われますか」
 
金 正恩 守護霊 「とにかく、私の指導力を確立することが大事だから、邪魔な動きをするようであれば、
 
 こちらにも刺客を送るよ」
 
里村 「実際、いちばん上のお兄さんである、正男さんを、暗殺しようとしたことがあったという話も、
 
 流れていますね」
 
金 正恩 守護霊 「あぁ、あれは、親父で、出来が悪いから、消そうとしたんだ」
 
司会 「次男の方は、どうですか?」
 
金 正恩 守護霊 「次男か、まぁ、う〜ん。もし、傀儡(かいらい)みたいな感じで、使われる可能性が
 
 あるんだったら、何か、“病気”になってもらわないといかんなぁ」
 
司会 「あなたは、お父様が、こんなに早く、亡くなられるとは、思っていなかったのでしょうか?」
 
金 正恩 守護霊 「いやいや、想定内だよ」
 
司会 「想定内ですか」
 
金 正恩 守護霊 「うん、このあたりで、もうそろそろ死んでくれないと、私の活躍の場がなくなるじゃない」
 
里村 「何か、手を加えられたのですか」
 
金 正恩 守護霊 「『手を、加える』っていうのは、どういうことだね?」
 
里村 「お父様の死期が早くなるように、手を加えたのでは、ないですか」
 
金 正恩 守護霊 「それは、やったよ」
 
里村 「やっぱり。そうではないか、と思いました」
 
金 正恩 守護霊 「そらぁ、やったよ。早う、死んでくれんと困るからね」
 
司会 「薬物か何かですか。先ほど、お父様が出てこられた時に、『すごく熱い』とおっしゃっていましたので」
 
金 正恩 守護霊 「注射じゃないの?注射で発熱したんじゃないかな」
 
司会 「ああ、注射で、熱を出させたのですか」
 
金 正恩 守護霊 「『もぅ、やってくれ』とは、言っておいたからね」
 
司会 「『やってくれ』と言ったんですね」
 
金 正恩 守護霊 「うん、注射を打てば、死ぬでしょう?人ぐらい」
 
司会 「それは、あなたの国では、当たり前のことなのでしょうか」
 
金 正恩 守護霊 「当たり前ですよ。暗殺の歴史ですから」
 
司会 「お父様も殺してしまうんですか」 「注射を打った人は、その事実を知っていますよね」
 
金 正恩 守護霊 「もう、死んでるよ」
 
里村 「口を、封じた」
 
金 正恩 守護霊 「当然、死んでるよ。当たり前だろう」
 
司会 「では、その事実を知っている人は、ほとんど、いないわけですね」
 
金 正恩 守護霊 「まぁ、それを知っている人は、みな殺していくから」
 
里村 「それで、発表まで、51時間かかったわけですね」
 
司会 「関係者を殺すのに、ちょっと時間がかかったのですか」
 
金 正恩 守護霊 「いや、すぐ殺せるよ」 「簡単だよ、情報なんか、一切もれないからね」
 
司会 「その人たちは、自分が殺されるのが、分かっていて、やったのですか」
 
金 正恩 守護霊 「いや、分からなかっただろうな、勲章をもらえるのではないか、と思ったかも」
 
立木 「ちょっと余談になりますが、お父様が、亡くなった事実を発表した、女性アナウンサーがいますけれども
 
 その人は、十月ぐらいから、ずっと、姿を見せませんでした。あれは、何か、あったのでしょうか」
 
金 正恩 守護霊 「そうなんだ。あれは、もう消そうと思っていたんだけど」 
 
 「もうすぐ、“心筋梗塞”を起こすんじゃねぇか。悲しみのあまり、“心筋梗塞”を起こすだろう」
 
金 正恩 守護霊 「われらの国はねぇ、パーティを開くのよ。パーティを開いて、非常にフレンドリーに、
 
 非常に発展的に、始末をつけるからね」
 
司会 「パーティの最中にですか」
 
金 正恩守護霊 「お呼びして、パーティを開いて、帰りに、みな、"心筋梗塞”を起こすのよ。アハハ、分かる?」
 
司会 「それは、伝統ですか?」
 
金 正恩 守護霊 「伝統です。家に帰り着く前に、死ぬことになっているんです」
 
 「パーティに来て、指導者から頂いたものは、飲んだり、食べたりしなきゃいけないことになってるので、みな、
 
 帰り着く前に、ピリピリといくことになっとる」 「日本人の料理人が、教えてくれた」
 
 「フグの毒とか、ああいうもので、殺す方法を教えてくれたからね」
 
里村 「いや、それは、『フグの毒で、殺す方法』ではなくて、『フグの毒で、死んでしまう』ということを、
 
 注意してくれたのではないですか」
 
金 正恩 守護霊 「みな、食べてる時は、『おいしい、おいしい』って、言ってるんだよ。でも、食べた後、
 
 30分か、1時間ぐらいで、ピリピリッと、体が、けいれんして、死ぬんだ。
 
 これは、心筋梗塞に非常に、よく似てるんだよ。分かる?」
 
里村 「とにかく、そういう知識を得られたわけですね」
 
金 正恩 守護霊 「うん、あれは、死に方が、心筋梗塞によく似てんだよ」
 
            「だから、うちは、“心筋梗塞”が、多いよ」
 
 
幸福の科学の月刊誌、「ザ・リバティ」は、「The Liberty Web」という、ホームページを作っている。
 
The Liberty Web の、2011年12月25日の記事より (Daily News Clip をクリックして見る) −−
 
        “弊紙の号外、金 正恩 守護霊 「父を、注射で、殺した」が、全国で話題”
 
        “この号外は、12月23日以降、全国の駅頭や、報道機関周辺で、領布を開始”
 
           (動画サイト YOU TUBEで、「暗殺、金 正日」で検索すると出てくる、
 
            動画 「幸福実現党 『暗殺された、金 正日!...」 を参照)
 
「ザ・リバティ」は、「父を、注射で、殺した」という大きな見出しの号外を発行し、
 
幸福の科学・幸福実現党の人たちは、そのビラを、全国で撒(ま)いた。
 
私は、以前、このブログで、「大川隆法 大統領と、神霊政治」 という文章を書いた。
 
そのなかで、幸福実現党は、大川隆法の霊言内容を、真実と考えて、政治活動をするだろう、と予測した。
 
それが、現実となりつつある、と思う。
 
 
        2012年 1月下旬、 「金 正日の霊言」 「金 正恩 守護霊の霊言」は、
 
        「北朝鮮 終わりの始まり」(大川隆法著)として、出版された。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

? だから何?
幸福の科学をどうしたいの?
疑問があれば 直接電話でも いいし いろいろな建物たってるから 聞きに行けば?
宗教を信じていないなら、別にいいじゃない?
信じているひとは 信じてるんだから
あなた1人で ブログでたたいて 宗教団体が なくなるわけないし。
コメント見ても あなたのブログに 賛同しているコメントないし…
幸福の科学をどうしたいわけ?
他の団体は 別にいいの?
宗教が 嫌いなだけなの? 削除

2012/5/22(火) 午後 1:04 [ はてな ] 返信する

そうですね。私も最近の霊言は品性がないし、怪しいね。とにかくありとあらゆる書籍を読んできたものとして感じるものがある。

2012/9/11(火) 午前 11:55 [ エカ ] 返信する

顔アイコン

ダイコクテンさん;大川隆法本、および幸福の科学が真実だと説明
する内容のなかに、「本当だろうか」「ウソではないだろうか」と
思う内容があるので、ブログで取り上げて、問題提起しています。
よければ、また御覧ください。

2012/9/15(土) 午前 8:29 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

霊言は本来内容からしか確認できないものだし、嘘っぽい霊言が多く、怪しいですね。
死後の霊社会があることだけは、確かですけど。 削除

2015/7/21(火) 午後 4:20 [ 散歩人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事