人間の死に様、日本聖公会の死に様

人間の死に様を見せる ある医師が書いていました。象は死期を悟ると象の墓場に行く、鮭は産卵を終えると浅瀬で腹を出して死ぬ。しかし、 人間は 生物的には役割を終えても、残された仕事がある。その仕事とは、 死に様を見せる ことである、と。この方は、そういうところから、通常の診療行為だけではなく、研修会をして参加者に棺桶の中に入ってもらう体験をさせるそうです。これは医師としてのそれなりの振る舞いだろうと思います。しかし、棺桶の中に入ることに象徴されるような研修会をして、人間の最後(死、有限性)に対する答えになっているのだろうか、生き方が変わるのだろうか、希望というものが生まれるのだろうか、という疑問は日に日に強くなりました。 昔読んで深く感動した 柴田翔『されど、われらが日々』 という小説がすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事