日々の淡淡(あわあわ)

すべて表示

残花に乾杯

イメージ 1

花冷え、と云うにもほどのあるこのところの寒さ。

とは言え庭の植物群は次々と蕾を掲げています。

そして、桜は、終わってしまった。
花の間から柔らかな葉の緑がのぞきます。それはそれで風情ある色彩です。

外は風が寒いので窓から眺めながら散りゆく花に乾杯。

ちょうど空輸されたばかりの、イタリア、ヴェネト州の名産白アスパラが手に入ったので、ブイヨンで茹でました。熱い茹で卵があうのよねー。  

アスパラは好きな野菜です。なかでもヴェネトの白アスパラは格別ですね。丹精の質が違う。

ワインもヴェネトの、モンテ・デル・フラ。桜色のバルドリーノです。

さようなら今年の桜。あまりきれいだったから、これは末期の眼じゃないかと思ってしまった。毎年、性懲りもなくこれで死ぬんじゃないかと思ってるんですけど、まだ死なない。病気上手の死に下手ってやつですかね。

その他の最新記事

すべて表示

三月の連句会

2019/3/30(土) 午後 2:04

歌仙「「御代の春」の巻も初折の裏にはいりました。 表の最後は 時代まつりの笛の音かすか  梶 さて初折裏の一句目は  読みふける「水底の歌」秋時雨  平井 「「水底の歌」は梅原武 ...すべて表示すべて表示

歌仙「御代の春」の巻

2019/2/27(水) 午前 10:03

山中温泉は文字通り山の中。例年は雪も多いところですが、それでも春が近く感じられる暖かな火曜日、あらたな歌仙が始まりました。平成という時代ももうすぐ終わりというところで発句は 平成が畳まれてゆく御代の春  正藤 ...すべて表示すべて表示

12月の連句 歌仙満尾

2019/1/1(火) 午前 1:02

12月の歌仙、すでに去年のことになってしまいました。いつも写真を添えていますのに、カメラが上手く作動しなくて焦っている間に日が経ってしまって。新年になっちゃいました。とりあえずおめでとうございます。 さて十一月は名残の表十一句目 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事