ここから本文です
ttlのブログ
今日も^^ご訪問頂き ありがとう^^♪ ^^ ♪

書庫一風変わったttlの考え方

すべて表示

小石川植物園は 元々は東京大学が開設した施設ではなく、 江戸幕府 によって開園された 小石川御薬園 (こいしかわおやくえん)であった。幕府は、人口が増加しつつあった江戸で暮らす人々の薬になる植物( 薬草 )を育てる目的で、 1638年 ( 寛永 15年)に 麻布 と 大塚 に南北の薬園を設置したが、やがて大塚の薬園は廃止され、 1684年 ( 貞享 元年)、麻布の薬園を5代 将軍 徳川綱吉 の小石川にあった別邸に移設したものがこの御薬園である [1] 。その後、8代 徳川吉宗 の時代になり敷地全部が薬草園として使われるようになる。 素晴らしく満喫できたお出かけでした。^^♪ すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事