大阪歴史科学協議会 公式ウェブサイト

ご入会、会誌『歴史科学』ご購入などのお問い合わせはosaka_rekkakyo@yahoo.co.jpへ。

全体表示

[ リスト ]

 大阪府の「君が代」起立条例に関して、当会では大阪歴史学会・日本史研究会と連名で抗議声明を作成しました。以下、その全文を掲載します。

大阪府議会における「日の丸」常時掲揚・「君が代」斉唱時起立条例の強行可決に抗議する声明 


    
2011年6月3日、橋下徹大阪府知事が代表を務める「大阪維新の会」府議団は、「大阪府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱に関する条例」の、大阪府議会本会議における単独採決を強行した。府の施設に「日の丸」を常時掲揚するともに、府立学校など府内の公立学校での「君が代」斉唱時に教職員の起立を義務付ける本条例は、憲法と民主主義を蹂躙し、また「日の丸」「君が代」をめぐる歴史を顧みないものであり、到底容認できるものではない。
 「日の丸」は「大日本帝国」の侵略戦争のシンボルとして使用された歴史があり、「君が代」は天皇が統治する国家を賛美する歌であり、いずれも平和主義・国民主権を基本原則とする日本国憲法に照らして相応しいものではない。従って、1999年に国旗・国歌法が制定された際にも、こうした「日の丸」「君が代」をめぐる歴史的経緯に配慮せざるをえず、その義務付けは適当でない旨の政府答弁がなされ、尊重義務規定は盛り込まれなかった。実際に国民・府民の間には現在も「日の丸」「君が代」に対する多様な考え方・感じ方があり、抵抗感や疑問を抱く人々も少なからず存在する。
 日本国憲法の規定する思想・良心の自由(憲法19条)は、内心の自由そのものが侵害されることが少なくなかった旧憲法下の歴史を想起すれば、その意義は非常に大きい。「府民、とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資する」(条例第1条)と称して「日の丸」「君が代」を強制する本条例は、教師や児童・生徒をはじめ府民の思想・良心の自由を犯す憲法違反のものである。
以上のように、本条例は歴史を無視し、日本国憲法とは相容れない。とりわけ、本条例によって、入学式や卒業式など学校教育の場において「君が代」を強制することは、教師や児童・生徒に多大の精神的負担を強いる人権侵害であり、絶対に許されるものではない。しかも、大阪府議会での十分な審議も経ず、教育委員も反対する中で、府が教職員への義務づけを条例化して処分への法的整備を図ることは、学校教育に悪影響を及ぼすばかりである。強く抗議するとともに、本条例のすみやかな廃止を求める。あわせて、橋下知事は、9月議会において、本条例に違反した場合の、教職員の免職をも視野に入れた罰則規定を定めようとの意向を表明しており、これにも断固反対する。
2011年 8月 5日
大阪歴史科学協議会 (委員長 塚田孝)
大阪歴史学会 (代表委員 小田康徳)
日本史研究会 (代表委員 高橋昌明)

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事