全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

13日の夜から14日の朝にかけて、

僕は「世界一の幸せ者」でした♪(>_<)






今回は、あまりにも感動したので、長文です。







13日の夜、「もりちゃんを囲む会」という忘年会イベントを
開催していただきました。

幹事は、ことだま書家の美空エリカさんです。
http://www.space-ku.com/index.html


最初は、普通の飲み会なんだろうな〜って
思っていたんですけれど、
いざ「囲む会」がはじまってみると、
予想外の展開が待っていました。

僕を喜ばせてくれるために、サプライズの連続だったんです(>_<)


最初の乾杯のときに手渡されたビアマグに
「もりちゃん とりあえず飲んどけ」と
ガラス彫刻がされていたり、

ひもを引っ張ったら写真の書(エリカさんの書です)が
ジャーンと開いたり、

四ツ葉のクローバーの種のプレゼントがあったり、

30名を超える参加者全員からのメッセージと顔写真を
一冊のアルバムにまとめたものをプレゼントしてくれたり……。

そんなサプライズのたびに、涙腺のゆるい僕は
感動のあまり言葉を失って、うるうるしちゃいました(T_T)

驚いた僕の口から出て来た言葉は
「す、すげー、すげー」ばっかり(笑)
もはや作家とは思えないボキャブラリーです(>_<)


途中、エリカさんが
「もうひとつ、すごいプレゼントがあります」
と言って渡してくれたものが、
ホントにすごかったんです!


ナント!


缶ビールの着ぐるみでした(笑)
頭には白いアフロヘアのような泡のかぶりものまで!

正直、このアホアホなプレゼントを見た瞬間、
僕は、思いました……。





































お、おいしすぎる。。。。(笑)







見た目だけで笑いをとれるなんて、おいしすぎです。

さっそくその着ぐるみを着て、白いアフロヘアになって
挨拶をさせてもらいました。
おそらく僕の言葉の説得力はゼロだったでしょう(笑)


友人のミュージシャン、川久保秀一くんと、
明石敏子さん、それと俳優の与座重理久くんが
ノリノリなライブをやってくれました♪
これも盛り上がりました!


僕からの全員プレゼントは、竹で作られたうぐいす笛でした。

日本三大朝市のひとつ、外房の勝浦の朝市で
お店を出している竹細工職人さんにお願いして
35個も特注で作ってもらったのです。

全員に手渡したあと、うぐいす笛講座を
やらせていただきました。

夜の東京の酒場で、しかも大人たちが
まじめな顔で竹笛をくわえて
「ぴ〜ぴ〜♪」って吹いている絵は、
非常にシュールでおもしろかったです(笑)

もうひとつの僕からのプレゼントは、
20日に発売予定の紀行エッセイ本、
「渚の旅人」1〜2巻セットでした。
これは抽選だったのですけれど、見事、長野から
参加してくださった雪風さんがゲットされました。
発売前の本ですので、日本で最初に読んでもらえます(^_-)
雪風さん、おめでとうございます!


集まってくださったみなさんのなかには、
北海道や九州、福井や長野と、すごく遠くから
来てくださった人もいたんです!!

それだけでもう、感動しちゃいました(>_<)


そして、何より「すごいな〜」って感嘆したのは、
参加者すべての人が
ものすご〜〜く素敵な人ばかりだったということです。

あれだけの人数が集まって、
すべてが感じのいい人ばかりだなんて……。

びっくりです。ホント。

知人がほとんどいないまま参加された人も
大勢いたのですが、みなさんまるで旧知の仲のような
気さくさでどんどん仲良くなってくださって、
どこを見ても、

笑顔、笑顔、笑顔、笑顔、笑顔……(^-^)

それを見ている僕まで、あったかい気持ちになってしまいました。


場所は、ポケコさんのお店を
貸し切りにしていただいたのですけれど、
店内にはなんともいえない優しいオーラが
ずっとずっと満ちあふれていました。

いい人ばかりが集うと、
こういう「優しい温度」になるんだなって思って、
僕は何度もシアワセの(酒臭い)ため息をもらしていました(笑)

ポケコさんのお店はFUKUSUKEという国立の酒場です。
なんとも言えず居心地がよくて、美味しくて、
僕の自宅の近くにあったら
絶対に入り浸ってしまいそうなお店でした♪
http://www004.upp.so-net.ne.jp/bar-fukusuke/index.htm

僕は何度もポケコさんに
「2号店を出すときは、うちの近くに!」
と、懇願してしまったほどです(笑)


さて!

美空エリカさんの幹事っぷりは、普通じゃありませんでした。

細部に至るまで、僕と参加者のみなさんを
笑顔にしようという気持ちが行き届いていて、
参加者のみなさんが「エリカさんに感動」するほどだったんです。

なにしろ、今日、僕がいただいたメールのほとんどすべてに
エリカさんの幹事っぷりを賞賛する文章がありましたから!(^_-)

誰かのために、誰かのために、自分よりも誰かのために……。

エリカさんのそういう気持ちでもって「もりちゃんを囲む会」が
作られているということが、ひしひしと伝わる会でした。

おかげで、僕は間違いなく世界一の幸せ者でした♪(^-^)

正直言って、作品を書いてノンフィクション賞を頂いたときよりも、
深いよろこびをもらえた一日でした。

人を世界一幸せにできるなんて、すごいな〜って、
つくづく思います。エリカさん、どんだけ優しいの?って。

本当に、本当に、ありがとうございます♪



一次会が終わって、二次会もやって、
オールナイトに突入したのは11名!

最後の最後まで、あったかい会でした♪

三次会も終えて、朝の5時過ぎに電車に乗り、
みなさんと別れてひとりになったとき、
ふいに淋しさと感動の波が押し寄せてきて
僕はかぶっていた帽子のツバをぐっとさげました。

帰宅したあと、布団にもぐりこんで、
みなさんにいただいたアルバムをめくりました。
一人一人の顔とメッセージが愛おしく思えて、
静かに幸せを噛み締めました。

ビアマグも、アルバムも、思い出もすべて、
僕の一生ものの宝物になりました。




作家になって、ホントによかった♪



「囲む会」を催していただいて、
僕はこのひとことに尽きました。



いま、この日記を書きながらも、
しみじみ思っています。


みなさんに頂いたこの感動は、僕の血肉になりました。


今後、もしも僕がいい作品を書けたとしたら
少なくともその作品の一部は、みなさんから頂いた「パワー」が
反映されているはずです。

僕の作品のなかで「心」が上手に表現されていたら、
その「心」の成分の一部は、みなさんの「心」です。

僕の作品のなかで、みなさんが息づいています!


原稿を書くのに疲れたら、アルバムをめくって
アフロのかぶりものをして、癒されることにします。
ビールの着ぐるみはすごく暑いのでパスしますけど(笑)


最後に、みなさんにひとこと、いいですか?






みんな、めっちゃ、愛してるぜぃ〜〜〜!!!!!!!(T_T)



感謝MAX!

アディオース\(^O^)/
森沢明夫

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

もりちゃん、お仲間に囲まれて幸せな時を
過ごされたのですね。(美人さん揃い♪)

『ともだちのたね 出版“ありがとう”』にも
もりちゃんを思っているお友達の熱い気持ちが
ヒシヒシと伝わった来ました。素敵な言葉です♪

『驚きのプレゼント』の洪水に目を丸くする
もりちゃんの顔や姿も想像出来ます。(^。^)h

また、もりちゃんからの『プレゼント』も
何とも微笑ましくて素敵でしたネ!(^。^)v

『誰かのために、誰かのために、自分よりも
誰かのために……。』う〜ん、これも素敵過ぎる!

最後になりましたが、『ともだちのたね』が
実は、今日、我家にも到着しました。\(^o^)/
たねまるくんと素敵な仲間の出会いに、ホント
大人もうるるとさせられました。(T_T)うるる
また、絵がいい!特に見開きの山下公園の絵は
鳥肌が立ちそうでした。大好きな「氷川丸」や
「赤い靴号」まで登場してるではありませんか!
加藤さんの描く「子供達の笑顔」も最高でした!

もりちゃん、素敵な本をありがとう♪(*^。^*) 削除

2008/12/15(月) 午後 10:27 [ non♪ ] 返信する

顔アイコン

>non♪さま
「もりちゃんを囲む会」は
ファンの皆様のおかげで、本当に幸せな時間を
すごさせていただきました(>_<)
絵本、ありがとうございます!
見開きの絵は、ちょっとこだわってもらったんです。
あのページに言葉はいらないと思ったので(^-^)
加藤さんの絵、最高ですよね〜♪
non♪さんに喜んでもらえて、嬉しいです!

2008/12/15(月) 午後 10:51 [ 森沢明夫 ] 返信する

顔アイコン

森沢さーん!
お忙しい中、
朝までおつきあいいただいて
ほんとうにありがとうございました!

みんなが、これから森沢さんが書かれる本の
一成分になれただなんて、
さいっこうに幸せです!

実は、囲む会も、
細部に至るまで、
森沢さんが届けてくださっている本に
ぎゅぎゅっと込められた
あったかーい愛情が成分だったんです。

みんながみんな、
森沢さんが大好きで、
森沢さんに喜んでもらいたくて、
ほんとにほんとに
世界で一番幸せな飲み会でした!

これからも、森沢さんが、本を通して
たくさんの人に愛を送ってくれるたびに、
その愛は、森沢さんのところに
かえってくるんだと思います!

「ともだちのたね」
ほんとうに素敵な本ですね☆
子どもたちに、ともだちを作るのは、
実は簡単で、ものすごく幸せなことなんだよって、
言葉で伝えるより、この絵本で伝えたいです!

森沢さん、これからも、
ずーっと応援してまーす!!!

森沢さんありがとう!

エリカ

2008/12/16(火) 午前 2:22 [ lac*da3*9 ] 返信する

顔アイコン

>エリカさま
もう、本当にありがとうございました。
エリカさんが幹事をやってくれたおかげで
僕は一生モノの宝物を手にできました♪
こんなに素敵な読者のみなさんがいると分かった以上、
これからも手を抜けないな、って痛感しました!
仕事のモチベーション、激上がりです!
がんばりますので、これからもヨロシクです♪(^^)v

2008/12/16(火) 午前 2:56 [ 森沢明夫 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事