全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全540ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日、9月20日

じつは、ぼくの誕生日なのですが、

ナント、まさにこの日が、

ぼくの子供のような2作品の誕生日となりました!


\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/



まず、ひとつ目の作品は、



イメージ 1

漫画家の天沼琴未さんが、もうほんと、

原作を大事に大事に愛しながら

最高の漫画に仕上げてくれました。

原作の小説は、あの吉永小百合さんが絶賛してくださり

みずからプロデューサーと主役をこなすという

奇跡のような展開をもって

映画「ふしぎな岬に物語」となりました。

この映画ではモントリオール世界映画祭で2冠という

快挙を成し遂げたんですよ。

原作は韓国でもベストセラーになりました。

まさに、ぼくの代表作といえる作品です。

そんな大事な作品を、

原作者のぼくがうっかり落涙してしまうレベルの

漫画にしてくれたんです。

もう、最高に嬉しいです(T_T)

小説を読むのが苦手な人も、漫画ならイケますよね!

ぜひぜひ読んで、じ〜んと心をあったかくして落涙してください。

プレゼントにしてもらえても嬉しいです。

いま、潮Webで第1話の

「アメイジンググレイス」を最後まで試し読みできますので、

さっそくここから飛んで読んでみてください。
 ↓ ↓ ↓


この単行本には連載にはない

特別なショートストーリー漫画があります。

これだけでも、ウルっときちゃいます(T_T)

絵を描いていないぼくが言うのも、

ちょっと変かも知れませんが、

め〜っちゃくちゃ自信作です!

ハンカチを用意して読んでくださいネ(^_-)



そして、もうひとつは、


イメージ 2


お待たせしました。

久しぶりの小説の新作です!


恋に破れた人たちが、とことん落ち込み、

そして最後に復活するための

おもしろバスツアーの物語です♫

それぞれワケありの「愛すべき濃いキャラ」たちが

おんぼろバスに乗り込んで、出発進行!\(^O^)/

このツアー、主役の添乗員♂と同乗の心理カウンセラー♀が、

つい先日、別れたばかりの失恋ホヤホヤという、

修羅場でもあります(笑)

濃いキャラたちが巻き起こす事件と謎の数々。

もちろん、最後にはどんでん返しが待っています(^_-)

ほっこり、げらげら、うるうる……なミステリーです!

ぜひぜひ、楽しんでくださいネ♫

※書店によっては発売日が遅れることがあります。

アディオース\(^o^)/
森沢明夫






この記事に

開く コメント(10)[NEW]


韓国語版になりました。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 1

パステル調のかわいらしい装丁になりましたね。

韓国の皆さんにも、清々しい気持ちで

読了してもらえたら嬉しいなぁ。

日本語版は、こちら!
↓ ↓ ↓



そして、いよいよ映画「きらきら眼鏡」

脚本が出来上がりました。

よく見ると「決定稿」と印字されているでしょ。

これが完成の証です。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 2

前回、ぼくが読んだ脚本が第10稿だったので、

決定稿になるまで、どんだけ書き直したんだ〜!

ということですよ、はい。

映画制作チームの気合いが伝わってきますよね。


じつは、10稿を読んだ時点で、

ぼくはこの映画が最高に素晴らしい作品に

なることを確信してしまいました。

すご〜〜〜〜く、よかったんです。脚本が。

クランクインは、今月の下旬です。

いやあ、楽しみだな〜♫


映画.comさんでも紹介されています!(要チェック!)
 ↓ ↓ ↓
イメージ 4



あ、そうそう。映画の公開は来年ですが、

その前に、原作を、ぜひ読んでおいて下さいね!
 ↓ ↓ ↓
イメージ 3


アディオース\(^o^)/
森沢明夫





この記事に

開く コメント(0)

今年、初となる新刊小説が

刷り上がってきました〜!


イメージ 1


帯の裏側には、こう書いてあります。

……………………………………………………………

悲しみだって幸せのうち。


添乗員まで“失恋ホカホカ”の

せつなくておかしくてグッとくる

ミステリアス&ヒューマン感動作!

……………………………………………………………


まさに、上記のとおりの小説だと思います。

最初から最後まで事件がいっぱい!

ページを開いたらすぐに、奇跡のツアーに同乗できます♫


すでに予約がはじまっている

Amazonを見ると、発売は9/20。

もうすぐですね。

早く皆さんに読んで頂きたい〜!!!


アディオース\(^o^)/
森沢明夫





この記事に

開く コメント(6)

刷り上がったばかりの

コミック版「虹の岬の喫茶店」の

見本が届いたぞ〜!

イメージ 1


いやあ、嬉しいなぁ。

生まれたてホヤホヤの本……

なでなでしたり、匂いを嗅いだりして、

夜は枕元に置いて一緒に寝ます(笑)


カバーの感じもいいなぁ。

ふわっと吹いた岬の風を感じさせてくれますね。


読んで頂ければ分かると思いますが、

漫画家の天沼琴未さんは天才です。

表現のクオリティーがですね、

もんのすごぉ〜〜〜く高いんですよ。

すでに、ぼくの原作ファンからも

絶賛の嵐となっております。


ウェブで、第1話と最新の連載回を

試し読みができますので、以下からぜひ!
 ↓ ↓ ↓


Amazonでの予約もはじまっています(^^)v
 ↓ ↓ ↓


発行日は9月20日となっております。

早くみなさんに読んでもらいたい〜!!!


はっきり言って、超自信作です!

描いたのは天沼琴未さんだけど(笑)

皆さんも可愛がってやって下さいネ。


アディオース\(^o^)/
森沢明夫






この記事に

開く コメント(2)

今日は映画「きらきら眼鏡」

市民オーディションだったので、

ぼくも午後からお邪魔して、

現場を見学させて頂きました。


オーディション会場には、

手作り感あふれるイベントスペースが設けられていて、

そこで子供も大人も一緒に

「リアルきらきら眼鏡」の工作を楽しんでいました。


オーディションに来てくれたかわいい姉妹が、

ぼくにリアルきらきら眼鏡を作って

プレゼントしてくれました。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 1

大先生、癒されまくりです♫


オーディションを終えた人たちは、こんな感じで

代わる代わる「きらきら眼鏡」や映画のうちわをもって

サインをもらいに来てくれました。
↓ ↓ ↓
イメージ 2

老若男女たくさんの方々とお話ができて、

楽しかったな〜。


イベントスペースの一角には、

参加者や関係者による寄せ書きコーナーも!
 ↓ ↓ ↓
イメージ 3


よく見ると、犬童監督のものや、
 ↓ ↓ ↓
イメージ 4



前田プロデューサーのものもあります。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 5



ぼくの寄せ書きは……

どこかでこの寄せ書きと出会って、

見つけてくださいネ(^_-)


壁を見ると、映画を応援してくれている人たちの写真がずらり!
 ↓ ↓ ↓
イメージ 6


ほんと、ありがたいなぁ……。

なんてあったかい会場なんだろう。


こんなに可愛いサポーターもいるんですよ。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 7


この子が手に持っている画用紙、

よ〜〜〜く見てください。

これです!!!
 ↓ ↓ ↓
イメージ 8

ぼくの絵本「虹の森のミミっち」と「ともだちのたね」まで

描いてくれています♫

釣りをしているぼくは、貼り絵です。

いやあ、これはすごいナ。

きらきら森ちゃん、大喜びだ〜!!!


裏面には、メッセージがありました☆
 ↓ ↓ ↓
イメージ 9


はい。

宝物がひとつ増えました。

大先生、とっても幸せです。

かなちゃん、ありがとうね(^-^) 



じつは昨日、脚本の10稿目が上がってきて、

一気に読んだんですけど、

すごくいいんですよ、これが。

脚本の段階でこのクオリティーってことは、

映像化されたら、もう間違いなく泣くと思います。

じつに映画らしい、しみじみいいストーリーになっています。



オーディション会場に、船橋市の山崎副市長が

ふらりと立ち寄ってくださいました。

下の写真、左から山崎副市長、犬童監督、

ぼく、前田プロデューサーです。
 ↓ ↓ ↓
イメージ 10

200人の募集に800人も応募してくださった

市民オーディションの初日は、

こうして無事に終了しました。


明日もまだオーディションは続きます。

合否はともかく、皆さんに楽しんで頂けたら嬉しいな。


スタッフの皆さん、心のこもったオーディション会場に

してくださって、本当にありがとうございます!

イメージ 11

とにかく、ひたすら癒されまくった

きらきら森ちゃんなのでした(^_-)

感謝、感謝♫


アディオース\(^o^)/
森沢明夫







この記事に

開く コメント(4)

全540ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事