ここから本文です

大阪府庁職員ブログ

 府教育庁では、大阪府教育振興基本計画に基づき、「学校経営推進費」事業を実施していますこの事業は、PDCAサイクルによる高い教育効果が期待できる具体的な事業計画を提案する学校に対して予算配当等を行い、校長マネジメントによる学校経営を支援するものです。
 
 5月17日(木曜日)に、本事業に応募した56校の校長・准校長等による第2次選考会(プレゼンテーション)が実施され、選考の結果、以下の11校を今年度の支援校に決定しましたのでお知らせします

≪支援校
 摂津高等学校・長尾高等学校・牧野高等学校・枚方なぎさ高等学校
 八尾高等学校・長野北高等学校・堺工科高等学校(定時制の課程)
 富田林支援学校・すながわ高等支援学校・堺支援学校・藤井寺支援学校
 
 支援校は今後、事業計画に基づき、備品の導入・施設の整備等を行い、教育実践を進めていきます。

イメージ 3 イメージ 2 イメージ 1
        <第2次選考会(プレゼンテーション)の様子>

※詳しくはこちらをご覧ください。


この記事に

皆さんこんにちは!食の安全推進課です
         今回はHACCP導入講座の7回目です

今回は「食材と調理工程に潜む危害要因(ハザード)〜危険な異物編〜」への対策を考えてみましょう
※危害要因(ハザード)・・・食中毒や危険な異物混入を起こす要因

           危害要因への対策を考えよう
                 〜危険な異物編〜

引き続きハンバーグを例に、【食材】と【調理工程】それぞれの危害要因への対策を考えます

【食材】
牛ひき肉、玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩、こしょう、サラダ油

イメージ 1

<危害要因>
牛ひき肉…骨片などが残っている
卵…殻が残っている

対策
食材の中に混ざっていないか、作業中によく見て確認する

イメージ 2

【調理工程】
① 玉ねぎをみじん切りにする
② ①にサラダ油以外の食材を加えてこねる
③ ②を小判形にする
④ サラダ油をひいたフライパンに③を乗せ、ふたをして蒸し焼きにする
⑤ 皿に盛り付ける
イメージ 3







<危害要因>
すべての調理工程で異物が混入する可能性がある

例)調理人が持ち込んだ装飾品
対策
調理場ではアクセサリーや、装飾のある服を身につけない

イメージ 4







例)調理器具や食器の破損、施設の劣化によるもの
対策
調理器具や食器などを定期的に点検し、破損があれば速やかに修理、交換する
イメージ 5








例)ホッチキスの針など
対策
調理場内は整理整頓し、不要なものを置かない

イメージ 6








ポイントは食品に異物を『入れない』『残さない』方法を考えることです

前回・今回にわたり、危害要因(ハザード)への対策を考えました
次回は、これまでに考えた対策の中でも『特に重要な対策』を決めましょうお楽しみに

この記事に

 「府政学習会」とは??
 大阪府では、府政をご理解いただき、府庁をより身近に感じていただくため、府の庁舎や施設を見学するとともに、府の施策や取組みについて知っていただく「府政学習会」を実施しています。
 今回は、大阪府の治水対策施設のひとつとして建設中の「寝屋川北部地下河川守口調節池」で府政学習会を実施しましたので、当日の様子についてご紹介いたします。

 「府政学習会 in 寝屋川北部地下河川守口調節池」は、工事中でしか見学ができないシールド工法について学んでいただくため、時期の限られた企画となり、6月6日(水曜日)に開催いたしました。当日は近畿地方が梅雨入りし、残念ながら小雨の中の開催となりましたが、多くの方々にご参加いただきました。

 まず、「大雨からまちを守る取組み」について、寝屋川水系改修工営所の職員から説明がありました。
 北は淀川、南に大和川、東に生駒山地、西には上町台地といった高い地形(淀川や大和川の堤防はまちよりも高い)に囲まれた地域を「寝屋川流域」といい、大阪府の約7分の1の面積にあたります。この地域は約7,000〜8,000年前の縄文時代には河内湾という海の底だったことからもわかるように、土地が低く、雨水が自然に河川に流れ込まない内水域が流域の4分の3を占めています。
内水域では、雨水が直接河川に流れ込む外水域とは異なり、下水道により雨水を集めてポンプで強制的に河川に排水する必要がありますが、「寝屋川流域」では内水域であることに加え、河川の出口が京橋口1箇所しかないことや、また、高度経済成長期に急激に人口が増加して都市化が進み、田畑の減少とともに地面の保水機能が低下したために、雨水の流出が速くなりました。
 現在、大阪府民の約3分の1の約270万人が暮らす「寝屋川流域」では、昔は、川の水位が上昇し、堤防からあふれ出す「外水氾濫」により水害が多く発生していましたが、近年は、排水するポンプの能力以上の雨量となった場合に、地面に雨水があふれ出す「内水氾濫」により水害が多く発生するようになりました。
 そこで、大阪府がまちを浸水から守る施設である地下河川や流域調節池などの整備を進めたところ、20年前の同じ規模の雨量の時と比べて浸水戸数を約30%までに縮小できた事例が紹介され、総合治水対策の効果が表れていることを学びました。

イメージ 1

 学習のあとは、いよいよ守口調節池シールド工事現場の見学に出発しました!

イメージ 2

 まずは、地下40メートル、ビルの12〜13階に相当する高さの守口立坑を工事用エレベーターで降りて行きました。
 守口調節池シールド工事では、昼間・夜間の2交代制で掘削工事を進めることで1日に約20メートル進み、現在は守口立坑から北側の約2.2キロメートルのうち約650メートルほど掘削が進んでいます。北側の工事が完了後、今度は守口立坑から南側に約900メートル掘削するとの説明がありました。
 現在掘削を進めている北側は上流側になるため内径は4.9メートルですが、南側の下流側には守口市の下水道が接続し、たくさんの雨水を流す能力が必要となることから、内径は5.1メートルと上流よりも大きくなるそうです。

イメージ 3

 さて、地下河川の掘削を進めているシールド工法とは、シールドマシンと呼ばれる円筒状の機械の先端にある土を削り取る金属で前方の土砂を削りとりながら、後部で掘った部分が崩れてこないようにトンネルの外壁となるセグメントと呼ばれるブロックを組み立てていく工法です。セグメントは円弧状で6ブロックで1リングができるものが主ですが、トンネルを左右に曲げたりする場合は、左右ちがう大きさのものを使ったり、それでも曲がり切らない場合は短いものを細かく組んでいくそうです。
 シールドマシンで削られた土は、ポンプで送り、地上で排出できるようになっているとの説明がありました。

イメージ 4

 シールドマシンを見学した後は、トンネルをUターンして守口立坑に戻りました。よく見ると、入り口付近にセグメントを運ぶための工事用トロッコが設置されていました。

イメージ 5

 小雨の中でしたが、ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

府政学習会参加してみたいな〜と思ってくださった方々に朗報です!
平成30年7月28日(土曜日)に「府政学習会 in 大阪府中央卸売市場」を開催します!
開場以来40年間にわたり、『府民の台所を支える総合食品供給基地』の役割を果たしてきた大阪府中央卸売市場の雰囲気を味わうことができる機会です。
詳細はコチラをクリックしてください。
●「府政学習会 in 大阪府中央卸売市場」(開催日時:7月28日(土曜日)8時45分から11時15分まで)
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=20222
●その他、府政学習会について
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fumin-gakusyu/
以上、府政学習会レポートでした。 


この記事に


皆さんはじめまして!大阪府北部流域下水道事務所です。


 


 突然ですが426日、高槻市長が高槻スカイランド・トリムコースを訪問されました

イメージ 9
                                トリムコース(散策路)より

イメージ 8

                      高槻スカイランドより



 高槻市では、広報活動の一環で市長自らが市内の魅力あるスポット等を紹介しています。


 

今回、多くの市民に親しまれている「トリムコース(散策」と「高槻スカイランド(屋上庭園)」を紹介するため、撮影に来られました。




 トリムコース(散策路)は、1周約2.2kmの散策路です。緑の溢れ、四季の花々やたくさんの野鳥が観察できます。


 
イメージ 7


                                季節ごとに色づく木々


イメージ 6
            
                    水に親しむ野鳥

 

 


 高槻スカイランドは、建物の屋上(広さ約18,000㎡)を利用し、芝生広場・せせらぎ水路・多目的広場などがあります。


 
イメージ 5

   

                       高槻スカイランド

 
 また、間近に新幹線を見ることができます(運がよければドクターイエローが見えるかも・・ )。


 
イメージ 4


                 高槻スカイランドから見える新幹線 


 高槻市長からは「地元の方から言われて来ましたが、こんな良いところあったんですね。」と大変ビックリされていました。


 


市長が取材に来られた時はたくさんの方が散歩していたり、近所の保育園児が遊びに来ていまして、その来場者の方からは「とても良いところなので、あんまりPRしないでほしい」といった声もありました。(たくさんの方に知ってもらうため、申し訳ないですが、PRさせて頂きます!!)


 


 高槻スカイランド・トリムコースの所在地は、高槻市番田2--1です。また、その利用案内が以下のホームページに掲載されていますので、ぜひご覧いただき、ご利用ください。


 


高槻スカイランド・トリムコース利用案内(無料駐車場あり



 


市長が取材に来られた模様は、610日〜619日に、J:COMチャンネル「情報BOXワイドたかつき」で放送されます!こちらもご覧ください。


 


 ところで、お気づきの方もいるかと思いますが、高槻スカイランド・トリムコースは、高槻水みらいセンター(下水処理場)と合わせて整備されたものです。


 


 高槻水みらいセンターは、高槻市・茨木市・島本町の約37万人分の汚れた水をきれいにしており、その敷地面積は約320,000㎡で、甲子園球場の14個部分と広大です。


 


トリムコースは、この高槻水みらいセンターの外周にあります。以下の写真の緑色で囲ったところです。

イメージ 3
 


高槻スカイランドは、「下水を処理する施設が入っている建物」の屋上を、公園として整備し、一般に開放したものです。この施設では、24時間絶え間なく汚れた水をきれいにしています。


 
イメージ 2


             下水を処理する施設(その1)


 
イメージ 1


        下水を処理する施設(その2)


 


高槻水みらいセンターでは、毎年2月ごろ施設見学会を実施しており、一般の方が下水処理のしくみを学んだり、普段見ることのできない施設を見学することができます。


 


この見学会は、平成30年度も実施予定ですが、詳細が決まりましたら、改めてお知らせさせていただきます。なお、平成29年度に実施した見学会を以下のホームページに掲載しています。



平成29年度(平成302月)開催の高槻水みらいセンター施設見学会(終了)

http://www.pref.osaka.lg.jp/hokubugesui/event/index.html

この記事に

薬務課医薬品流通グループです!
今年もあの「薬と健康の週間」のポスター原画、川柳の募集が始まりましたよ〜!
えっ、「薬と健康の週間」って何!?という方のために簡単に説明しますと、
毎年10月17日〜10月23日の1週間を「薬と健康の週間」として、大阪府が(一般社団法人)大阪府薬剤師会や政令市(大阪市、堺市)、中核市(東大阪市、高槻市、豊中市、枚方市、八尾市)と協力して、医薬品の適正使用が大切であることを理解していただく啓発週間のことです!
その啓発の中で、医薬品や薬剤師をテーマとしたポスターの原画や川柳(5・7・5)を募集しています!!
応募は1人1作品で、未発表のものに限ります!
締切はポスター、川柳ともに平成30年9月5日(水曜日)必着ですので、きっちり守ってくださいね!
ポスターは大阪府内の小学生・中学生限定となっていますが、川柳は大阪府に在住または勤務している方ならどなたでも応募可能です!
ちなみに昨年はポスター原画が236作品、川柳が239作品の応募がありました!
もちろん優秀な作品には賞も用意されていますよ!

イメージ 1
イメージ 2

















応募方法など、詳しくは薬務課のホームページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/kusurito/kusurito30.htmlや、
一般社団法人大阪府薬剤師会のホームページ
http://www.osakafuyaku.or.jpをご覧くださいね!
たくさんのご応募お待ちしてます!

この記事に

 府教育委員会は、大阪府立学校及び府内市町村(政令市及び豊能地区を除く。)の公立小学校の校長として、マネジメント能力やリーダーシップ等に秀でた熱意・情熱のある人材を公募しています。 
 また、公募説明会、座談会を以下のとおり実施しますので、あわせてお知らせします。
 
《大阪府立学校校長の公募の概要》
 ○ 募集人数  40名程度

 ○
 採用形態  大阪府職員以外:一般職の任期付職員(任期:平成3141日から3年間)
           大阪府職員:任期を付さない職員

 ○ 
募集期間   平成30613日(水曜日)まで
 下記の大阪府公立小学校任期付校長選考との重複申込みはできません。

 ○
 選考方法  一次選考(書類選考)
           二次選考(面接選考)

           選考日(予定) 平成30723,24,25,26,30,31日のいずれか1
           三次選考(面接選考)

           選考日(予定) 平成30820,21,23,24,27日のいずれか1
 
上記選考日は予告なく変更することがあります。また、応募者が選考日を指定することはできません。
 
《大阪府公立小学校任期付校長の公募の概要》
 ○  配置予定の学校
     寝屋川市、門真市、東大阪市内の公立小学校

 ○  
採用予定人数 各市1名 計3

 ○ 
採用形態   一般職の任期付職員(任期:平成3141日から3年間)

 ○ 
募集期間   平成30613日(水曜日)まで
 受験申込みには、希望市を第3希望まで記入していただきます。
   なお、必ずしも第1希望市に採用されるとは限りません。
 上記の大阪府立学校校長選考との重複申込みはできません。

 ○
 選考方法  一次選考(書類選考)
           二次選考(面接選考)
           面接日 平成30714,15日のうちいずれか1
           三次選考(面接選考)
           面接日 平成30819
 
《公募説明会・座談会の概要》 
 【説明会】
 ○  とき   平成30525日(金曜日) 19時から21時まで

 ○  
ところ  グロービス経営大学院・大阪校(大阪市淀川区宮原1-1-1新大阪阪急ビル4階)

 ○
 定員   100名程度  事前申込不要

 ○
 内容  
募集要項の説明、個別相談会
         パネルディスカッション:教育監及び校長(民間人校長を含む)

【座談会】
 ○  とき   平成3062日(土曜日) 13時から15時まで

 ○  
ところ 
 府立大手前高等学校(大阪市中央区大手前2-1-11

 ○
 定員   20名程度  参加希望の方は、下記問合せ先までご連絡ください。

 ○
 内容   募集要項の説明
         座談会形式で参加者の方々からの質問に校長がお答えします。
 
 
【問合せ先】
 大阪府教育庁教職員室教職員人事課
  (府立学校長の選考に関すること)
    参事 和田 文孝
    府庁内線 3450 直通 06-6944-7148
  
  (小学校長の選考に関すること)
    参事 足立 多惠、松井 敏和
    府庁内線 3496 直通 06-6944-1659
 

募集要項は、関連ホームページに掲載しています。

イメージ 1

この記事に

皆さんこんにちは!食の安全推進課です
今回はHACCP導入講座の6回目です

今回と次回は「危害要因(ハザード)※への対策を考える」ことについてお話しします
まずはその4で見つけ出した、「食材と調理工程に潜む危害要因(ハザード)※〜食中毒菌・ウイルス編」への対策を考えてみましょう
※危害要因(ハザード)…食中毒や危険な異物混入を起こす要因。


危害要因への対策を考えよう
〜食中毒菌・ウイルス編〜

引き続きハンバーグについて考えていきます

【食材】
牛ひき肉、玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩、こしょう、サラダ油
危害要因
牛ひき肉…腸管出血性大腸菌などがついている
卵…サルモネラがついている

【調理工程】
① 玉ねぎをみじん切りにする
② ①にサラダ油以外の食材を加えてこねる
③ ②を小判形にする
④ サラダ油をひいたフライパンに③を乗せ、ふたをして蒸し焼きにする
⑤ 皿に盛り付ける

次に各工程に潜む危害要因とその対策を考えていきましょう

危害要因
調理工程①…調理器具から玉ねぎに食中毒菌やウイルス(以下「菌等」という)をつけてしまう
調理工程②…手から食品に菌等をつけてしまう
調理工程⑤…手や調理器具から食品に菌等をつけてしまう

対策
 洗浄・消毒した調理器具や清潔な手で食品を扱う(菌等をつけない)

 


危害要因
調理工程②③…食品の室温放置で菌が増えてしまう

対策
 食品の温度が上がらないよう手早く作業する。保管する、または次の作業まで時間が空く場合は冷蔵庫に入れる(菌を増やさない)


危害要因 
調理工程④…加熱不十分で菌等が残ってしまう

対策
 食品の中まで十分に火が通るよう加熱する(菌等をやっつける

 

ポイントは食材や調理器具等に潜む菌等を「つけない・増やさない・やっつける」手段を考えることです

次回は「危害要因の対策を考えよう〜危険な異物編〜」をお送りします。お楽しみに

この記事に

 「府政学習会」とは??
 大阪府では、府政をご理解いただき、府庁をより身近に感じていただくため、府の庁舎や施設を見学するとともに、府の施策や取組みについて知っていただく「府政学習会」を実施しています。
 今回は、河内長野市の府立花の文化園で府政学習会を実施しましたので、当日の様子についてご紹介いたします。

 「府政学習会 in府立花の文化園」は3月17日(土曜日)に開催されました。
 当日は大変心地の良い晴れの天候に恵まれ、たくさんの方にご参加いただきました。

 まずはじめに、テーマ学習「森林環境税を活用した森林保全の取組み」について、大阪府環境農林水産部みどり推進室森づくり課の職員より説明がありました。
 大阪府の森林面積は、府全体の面積の約3分の1を占めており、土砂災害防止、水源かん養機能、地球環境保全機能を果たすなど、私たちの暮らしを支える貴重な環境資源となっています。
 大阪府の山々は一見すると緑豊かですが、実際に山中に入っていくと地面にはあまり草が生えておらず、木々が倒れたままになっている場合があるそうです。そのような山がそのまま管理されずに放置される状態が続くと、森林の荒廃が進み、流木や森林の火災が発生した際に市街地において被害が出る可能性があるのだそうです。
 そこで、森林保全対策の実施のため、平成28年度から平成31年度までの4年間、森林環境税(年額300円)を府民のみなさまに納めていただくことになりました。
 森林環境税は、危険渓流の流木対策や主要道路沿いの倒木対策など、自然災害から暮らしを守る取組みや、森林整備や林業活動のための基盤づくり、おおさか材の利用を促進する取組みなど、健全な森林を次世代へつなぐ取組みに使われるとのことでした。
 
イメージ 1

 次に、花の文化園の園長より、花の文化園の目的や取組みの紹介がありました。
 花の文化園は、1990年4月1日から9月30日に大阪市の鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」の理念である「花と人との関わり合いを理解する場所」として設置され、1990年9月に開園しました。
 園内には、6,500種類、53,000株もの植物があるそうです。一年を通してたくさんの植物を楽しんでもらえる施設であると同時に、希少価値の高いものや絶滅のおそれのある植物の保全もしており、年間を通して様々なイベントも行っているとのお話がありました。興味のある方は、花の文化園のホームページでイベント情報やお知らせをチェックしてみてくださいね。

 学習のあとは、3班に分かれて花の文化園の園内見学ツアーに出発しました!
 まずは、今回の特別企画として参加者のみなさまを園のバックヤードへご案内しました。バックヤードには、園内の見学施設で栽培する前の植物など、たくさんの植物が大切に栽培されていました。
 
イメージ 2

 次に、園のシンボル的な施設であるピラミッド型の大温室へ向かいました。
 大温室では、サボテンなどの多肉植物やウツボカズラなどの食虫植物、その他にも世界の様々な花を楽しむことができ、特に印象深いのは洋ランの種類の多さでした。諸説ありますが、地球上の植物の種数の約1割ほどがランだと言われているそうで、大温室にも貴重な洋ランが多数栽培されており、その様子は大変美しいものでした。
 
イメージ 3

 続いて、梅園に向かいました。花の文化園の梅園には様々な品種の梅があり、品種によって早咲きのもの、遅咲きのものがあります。今季は、気温の影響で開花の時期がずれたそうで、早咲き・遅咲きの梅がほぼ同時に開花したおかげで、色鮮やかな梅を楽しむことができました。
 
イメージ 4

 最後に、クリスマスローズなどがあるエリアに向かいました。
 下の写真のようなものもいくつか観察することができました。実はこのクリスマスローズ、花のように見える白い部分は、花弁ではなく萼(がく)なんだそうです。植物によって異なる特徴に注目すると、より一層興味深く観察することができました。
 
イメージ 5
 
 また、日本の植物は約7,500種類あると言われていますが、そのうちなんと約4分の1が絶滅危惧種となっているそうです。
 花の文化園では、絶滅するおそれのある植物を安全な施設に保護して、それらを育てて増やすことにより絶滅を回避する「生息域外保全」という取組みを行っており、例えば、河内長野を含む一部の地域で生息するカワチスズシロソウも絶滅危惧種の1つで、園内で大事に栽培されていました。
 
イメージ 6

 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 府政学習会に参加してみたいな〜と思ってくださった方々に朗報です!
 平成30年6月6日(水曜日)に、「府政学習会in寝屋川北部地下河川守口調節池◇シールド工事現場を見よう!◇」を開催します!
 寝屋川北部地下河川守口調節池(守口市)においてシールド工事現場(掘削工事の現場)を見学します。
 大阪府が行う寝屋川流域総合治水対策における寝屋川北部地下河川の役割や仕組みなどを学べるほか、大阪府職員の解説付きで守口調節池の工事現場を見学できる貴重な機会です。
 
詳細はコチラをクリックしてください。
●「府政学習会in寝屋川北部地下河川守口調節池◇シールド工事現場を見よう!
◇」(開催日時:6月6日(水曜日)【1班】13時30分から15時30分まで【2
班】14時15分〜16時15分まで)

●府政学習会について
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fumin-gakusyu/

以上、府政学習会レポートでした。 

この記事に

イメージ 1

















 こんにちは、交通安全啓発隊長 イメージ 2 です。

 4月6日(金曜日)から15日(日曜日)までの間、
  ○子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  ○自転車の安全利用の推進
  ○全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  ○飲酒運転の根絶
  ○二輪車の交通事故防止
を運動の重点に、春の全国交通安全運動が行われました。

 運動期間中の大阪府内の交通事故は・・・
件数が 813件(-201件)
死者数が 2人(-1人)
負傷者数が 972人(-249人)
※速報値、大阪府警察調べ、カッコ内は前年運動期間内比です。
でした。

 運動期間中、府内各地で交通安全の街頭活動やイベントが行われ、ポスターやリーフレットをご覧になった方もいらっしゃると思います。
 一人ひとりが交通ルールを守るという意識を持つことで、交通事故防止につながっていきます。

 さて、4月6日(金曜日)大阪城公園天守閣北詰広場にて開催しました春の全国交通安全運動初日キャンペーンの様子をご報告します。

 大阪府警察音楽隊のファンファーレで開会し、主催者を代表し、松井一郎大阪府知事が「『春の全国交通安全運動』が『安全で安心なまち・大阪』につながることを心から願います」と挨拶しました。

イメージ 3
















 また、平成30年春の全国交通安全運動広報啓発モデルとしてご協力いただきました
女優の伊原六花さん
を特別ゲストにお迎えし、あいにくの雨の中、交通安全教室に参加していただき、信号の役割や横断歩道の渡り方について、園児と一緒に学んでいただきました。

イメージ 4
















 その後、伊原さんは白バイ隊の出発式を指揮されました。

 以上、交通安全啓発隊長イメージ 5でした。

 伊原さん、当日はお忙しいスケジュールの中、キャンペーンにご参加いただき、本当にありがとうございました。これからのご活躍をお祈りしております


この記事に

こんにちは、守衛室です。
気候もすっかり春めいてきましたが、まだ朝晩の寒暖の差が激しい時期ですので、皆さまにおかれましては体調管理にくれぐれもお気を付け下さい。
大阪府庁に隣接する大阪府公館も桜からつつじに様変わりし、また彩り豊かな花たちが満開です。毎週金曜日に一般公開していますのでお立ち寄り頂ければ幸いです。
さて、4月2日より大阪府庁本館の新通用口の使用を開始しましたのでお知らせします。場所は、紹介しました大阪府公館の東隣にあり、スロープも設置されていますので、府庁本館にお越しの際はご利用ください。下記の写真をご参照の上、ご確認いただきますよう、よろしくお願いします。なお現在、通用口付近西側(下記写真左側)は、府庁西館撤去工事が施工中で、ご迷惑をおかけしていますことをお詫び申し上げます。

イメージ 1

(通用口とスロープ正面)

イメージ 2

(スロープ出入り口側)

  また、下記写真の入口を入られてすぐ左に守衛室がありますので、来庁いただいた際にはお気軽にお声かけ下さい。


イメージ 3

(通用口入り口側)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事