ここから本文です

大阪府庁職員ブログ

書庫府民文化部

記事検索
検索

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



 「府政学習会」とは??
 大阪府では、府政をご理解いただき、府庁をより身近に感じていただくため、府の庁舎や施設を見学するとともに、府の施策や取組みについて知っていただく「府政学習会」を実施しています。
 今回は、大阪府民の森のひとつである「ちはや園地」で府政学習会を実施しましたので、当日の様子についてご紹介いたします。

 「府政学習会 in ちはや園地」は11月23日(木曜日・祝日)に開催されました。
 当日は大変気温が低く、外は霧がかっていて、あまり景色が見渡せない状況でのスタートとなりましたが、みなさんしっかりと防寒対策をして参加してくださいました。
 まず、テーマ学習「知ろう・伝えよう おおさかの生物多様性〜おおさかの森里川海〜」について、大阪府立環境農林水産総合研究所の職員から、生物多様性についての説明がありました。

 生物多様性とは、「様々な個性を持つたくさんの生物が、ほかの生物や環境とつながり合いながら存在すること」であり、たくさんの生物が、わたしたち人間の豊かな暮らしを支えてくれているというお話を聞きました。
 わたしたちが生物多様性を守るためには、自然や生きものにふれたり、生きものを守るための活動に参加したり、エコマークがついた環境に優しい商品を選んで買うなど、日常でできることがたくさんあるそうです。
 また、家で飼育している生物や別の場所でとってきた生物を放してしまうと、生物多様性を壊してしまう危険があるので、気を付けなければならないということも学びました。
イメージ 1
 
 テーマ学習のあとは星見台太陽観察と自然観察ガイドウォークに出かけました。府政学習会開始直後は霧がかかっており、太陽も雲の中に隠れてしまっていたので、太陽観察はできないかと思われましたが、なんと、見学に出かけるころには青空が見えはじめ、太陽が雲から出てきてくれました!
 直接太陽を見られるように、星見台には2種類の専用フィルターがついており、晴れている日には太陽の黒点やプロミネンスを観察することができるとの説明がありました。今回、黒点は太陽活動が低調で観察できませんでしたが、プロミネンスの様子を観察することができ、太陽が活動しているようすをうかがうことができました。
イメージ 2

▼太陽の黒点・プロミネンスとは?▼
⇒黒点・・・太陽磁場の影響で温度が低くなっているところ
 プロミネンス・・・太陽の表面の濃いガスが噴出しているようす
 太陽の自転やその活動のため、黒点の位置やプロミネンスの形は毎日変化しているため、いつ見ても以前とは違うようすを観察することができます。

 また、別の望遠鏡では、奈良県高取町の壺阪寺観音像(天竺渡来大観音石像)を見ることができました。大阪府の千早赤阪村から、奈良県にある観音像が見えるなんて、驚きですね!(わかりにくいですが、下の写真の赤丸で囲んだ部分に像が見えました!)
イメージ 3
 
 星見台太陽観察が終わったあとは、自然観察ガイドウォークに出かけました。
 ちはや園地には様々な種類の植物が生息しています。今回は、芽をつけたタラの木やしゃくなげのつぼみなど、植物が来年の葉や花の準備をしているようすがうかがえました。あたたかい時期には青々とした木々や鮮やかな花を楽しめますが、寒い時期だからこそ見られる植物の姿も貴重で、参加者のみなさんも興味津々で説明を聞いていました。
 普段はじっくりと観察することの少ない植物も、詳しい説明を聞きながら観察することで新たな発見がたくさんありました。

【左:タラ/右:しゃくなげ】
イメージ 4

  そして、大阪府最高地点(標高1,053メートル)に到着です!
 記念に写真撮影をして、植物を観察しながら会場へ戻り、今回の府政学習会も無事、終了となりました。
イメージ 5

 
 府政学習会に参加してみたいな〜と思ってくださった方々に朗報です!
 平成30年1月26日(金曜日)に「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」を、大阪府庁本館(大阪市中央区)で開催します!
 大阪府が平成29年3月に制定した手話言語条例について学んでみませんか。あいさつなど簡単な手話表現が学べる「ミニ手話講座」も実施します!

詳細はコチラをクリックしてください。
●「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」(開催日時:1月26日(金曜日)10時00分から12時15分まで)
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=18470
●その他、府政学習会について
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fumin-gakusyu/

以上、府政学習会レポートでした。 

この記事に

 「府政学習会」とは??
 大阪府では、府政をご理解いただき、府庁をより身近に感じていただくため、府の庁舎や施設を見学するとともに、府の施策や取組みについて知っていただく「府政学習会」を実施しています。
今回は、「府立青少年海洋センター」で府政学習会を実施しましたので、当日の様子についてご紹介いたします。

 「府政学習会 in 府立青少年海洋センター」は11月11日(土曜日)に開催されました。
 参加者のほとんどが府立青少年海洋センターに初めて来られた方で、今回の「府政学習会 in 府立青少年海洋センター」の募集をきっかけに府立の施設だと知ったという方も多くいらっしゃいました。
 まずは、テーマ学習「府立青少年海洋センターについて」では、府立青少年海洋センターが1975(昭和50)年7月20日の「海の記念日」(1996(平成8)年に「海の日」として施行。ただし、「海の日」は2003(平成15)年の祝日法改正により、現在は7月第3月曜日。)に開設され、青少年をはじめとするたくさんの方々に大阪湾のマリン体験の魅力を紹介していること、また、開設から現在までマリン体験中の事故が一件もないことや施設は船に見立てて建てられていることの説明がありました。

イメージ 1

 府立青少年海洋センターの基礎知識を学んだ後は、いよいよエンジン艇「白鳥号」体験クルーズです。
 当日明け方までの雨や風の影響もあり、参加者のみなさんが楽しみにしていたエンジン艇「白鳥号」体験クルーズの実施が危ぶまれましたが、ライフジャケットを装着して停泊場まで移動する頃にはすっかり雨は上がり、青空が見えました!
 大阪府広報担当副知事のもずやんが、子どもたちのライフジャケット装着をお手伝いしましたよ。

イメージ 2

 もずやんは、みなさんより先にエンジン艇「白鳥号」に乗船して、府立青少年海洋センターの魅力を満喫していました。でも、少し風が強かったのかしら?もずやんの名札がひっくり返ってしまいましたね。

イメージ 3

 さあ、もずやんに負けず、みなさんも元気よく出航します!!!府立青少年海洋センターの海のプログラム実施場所は、夏は南風が陸地で遮られて風がないため比較的安全にプログラム実施ができることや、逆に冬は北風が強くなり波が立つので、テトラポット(波消しブロックとも呼ばれる)で波が湾内に侵入するのを遮っていること等の説明がありました。

イメージ 4

 海の上に浮かぶ研修棟は、茶色い錆(さび)だらけ。でもこれは、これ以上錆びないように、わざと錆で皮膜を作るマリン・アロイという特殊な金属を使っているんだそう!また、建物を支える4本の支柱も海上の建築物としては珍しく、建築学科の学生さんが見学に来られることもあるというお話しも聞きました。

イメージ 5

 エンジン艇「白鳥号」の体験クルーズの後は、府立青少年海洋センターの施設見学に出かけます。宿泊施設としては、42部屋あり約300人が宿泊でき、もちろん食堂はその300人を収容できる規模!本当に大きな施設です。最近では、コスプレのイベントや学習塾の合宿でも使用されることがあるそうです。

イメージ 6

 研修棟の屋上からは、六甲山系の山々や淡路島、明石海峡大橋、関西国際空港などが一望できました。大変美しい景色に、参加者のみなさん感動です!

イメージ 7

 府立青少年海洋センターのお隣りの淡輪ときめきビーチから大阪を望む景色をバックに、大阪をアピールするもずやん!ちょっと興奮気味ですね。
 この景色をご覧になりたい方は、府立青少年海洋センターを利用する機会を作ってくださいねとのことでした。

イメージ 8

 府政学習会参加してみたいな〜と思ってくださった方々に朗報です!
平成30年1月26日(金曜日)に「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」を、大阪府庁本館(大阪市中央区)で開催します!
 大阪府が平成29年3月に制定した手話言語条例について学んでみませんか。あいさつなど簡単な手話表現が学べる「ミニ手話講座」も実施します!

 詳細はコチラをクリックしてください。
●「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」(開催日時:1月26日(金曜日)10時00分から12時15分まで)
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=18470
●その他、府政学習会について
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fumin-gakusyu/

 以上、府政学習会レポートでした。 

この記事に

 「府政学習会」とは??
 大阪府では、府政をご理解いただき、府庁をより身近に感じていただくため、府の庁舎や施設を見学するとともに、府の施策や取組みについて知っていただく「府政学習会」を実施しています。
 今回は、「大阪府営深北緑地」で府政学習会を実施しましたので、当日の様子についてご紹介いたします。

 「府政学習会 in 深北緑地」は、前日までの雨の影響もあり開催が危ぶまれましたが、10月14日(土曜日)に無事開催されました。
 まずは、テーマ学習「知ろう・伝えよう おおさかの生物多様性(大阪の森里川海)」で大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センター職員から、「様々な個性をもつたくさんの生きものが、ほかの生きものや環境とつながり合いながら存在することを示すこと」を生物多様性といい、「たくさんの生きものからの恵みは生物多様性の恵みともいえること」の説明がありました。

イメージ 1

 また、森林を切り拓いたり、山を切り崩すなどの人間の活動は、生きものの生息場所を壊して、生態系を崩してしまうことがある一方で、森林は放置すると荒れてしまうことから、枝打ちをするなど人間の手により整備することで守られている側面もあることを学びました。
 外国や国内の他の地域から持ち込まれた生きものを外来種と言い、地域古来の生態系を壊す可能性があることの説明があり、私たちができることとして、「飼っている生きものや、他所から持ち込んだ生きものを放さないことが大事」ということについて理解を深めました。

 生物多様性について学んだ後は、深北緑地の生物を観察するための自然体験プログラムを行いました。
 天気に恵まれれば「どんぐりラリー」と「バッタをつかまえ隊」の2班に分かれてフィールドワークに出かける予定でしたが、前日の雨で草が濡れていたことからバッタが出てこないとの判断となり、参加者全員で「どんぐりラリー」に出かけました。

イメージ 2

 ところが、深北緑地内を移動中にバッタが現れました!子どもたちは大はしゃぎ!!!さっそくバッタをつかまえて、深北緑地スタッフに翅(はね)や脚の仕組みを聞いて観察を行っていました。バッタは虫かごに入れる時に、むしった草を少し入れてあげることで虫かごの壁に当たらなくなり、元気なままいることができることも教えてもらいました。

イメージ 3

 ナンキンハゼやエノキといった木々の観察を行いながら移動される方は、深北緑地スタッフから季節によって変わる木々の特徴の説明を受けていました。

イメージ 4

 さて、やっとどんぐりラリーのスタート地点に着きました。深北緑地に植えられているどんぐりのうち、アラカシ、コナラ、クヌギのそれぞれの特徴の説明を聞いた後、ラリー開始です!

イメージ 7

 ラリー中は、拾ったどんぐりが間違えていないか深北緑地スタッフが確認します。正しければ台紙に貼りつけて…どんぐりラリー完走!
 結果的には、「どんぐりラリー」「バッタをつかまえ隊」の両方の自然体験プログラムを体験することができたほか、深北緑地の木々や生きものなどの観察を行うなど、参加者のみなさんにとって充実した内容の府政学習会となりました。

イメージ 5

 実は、当日、大阪府広報担当副知事のもずやんが、広報の仕事のために深北緑地に来ていました。『府政学習会in深北緑地』の参加者にも挨拶をして、大阪府のアピールを行う中で和やかな雰囲気のまま終了となりました。

イメージ 6

 府政学習会参加してみたいな〜と思ってくださった方々に朗報です!
 平成30年1月26日(金曜日)に「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」を、大阪府庁本館(大阪市中央区)で開催します!
 大阪府が平成29年3月に制定した手話言語条例について学んでみませんか。あいさつなど簡単な手話表現が学べる「ミニ手話講座」も実施します!

詳細はコチラをクリックしてください。
●「もっと知ろう!手話のことを学ぼう at 府政学習会」(開催日時:1月26日(金曜日)10時00分から12時15分まで)
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=18470
●その他、府政学習会について
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fumin-gakusyu/

 以上、府政学習会レポートでした。 

この記事に

 こんにちは、公文書館です。
 公文書館では、もっと広く公文書館を知っていただくために『歴史講座』を開催しました。
イメージ 4




 







イメージ 3
【歴史講座の様子】

 大阪は、かつて「浪華八百八橋」と呼ばれた橋の多い街です。その橋も街の変遷とともに姿を変えていきました。
今回は、「おおさかの橋〜いま・むかし〜」をテーマに歴史講座を開催し、橋にまつわる大阪の歴史を振り返りました。
また、講座終了後、「正庁の間」展示室と公文書館の見学を行いました。
ご参加ありがとうございました!

 日  時 : 平成29年11月2日(木曜日)午後2時 から 午後3時30分 
 場  所 :
大阪府庁  本館5階 「正庁の間」


イメージ 1


「正庁の間」展示室見学説明の様子】

イメージ 2
公文書館見学説明の様子】


公文書館は、歴史的文化的価値のある資料を約17
万点所蔵し、広く皆様に
ご利用していただく施設です。

公文書館に興味を持っていただいた方は、是非お越しください。
皆様のお越しを、お待ちしております!





この記事に

 こんにちは、公文書館です。
 公文書館では、広く公文書館を知っていただくために、見学を随時受付けています。
         
 10月25日(水曜日)に、和歌山県立古佐田丘中学校2年生の皆さんが、府政学習会で府庁に来られ、公文書館を見学されました。
 当館の専門員が、公文書館の仕組みや役割を説明し、今回は専門員の仕事についても説明しました。
イメージ 1
 大正時代の公文書や、古文書等を観ていただきながら、資料の整理や閲覧業務、展示や講座、レファレンス等の調査研究といった専門員の仕事について説明しました。皆さん資料を観ながら、熱心に説明を聴いておられました。

 公文書館は、広く皆様にご利用いただく施設です。見学を希望される方は、ご連絡下さい。皆様のお越しをお待ちしております!

         大阪府公文ホームページ


 ところで公文書館では「one and only」-吹田書庫の貴重資料を中心に- をテーマに、唯一、大阪府公文書館にだけ残る貴重資料を中心にした展示を開催中です。府庁本館の近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください!
  
      テーマ  「one and only -吹田書庫の貴重資料を中心に-
      日時  平日9時〜1715
      場所  府庁本館5階 大阪府公文書館展示スペース
      
チラシ
     展示資料
           
『帝国憲法改正案審査委員会開催通知』(枢密院書記官長)
       『日本国憲法草案』
                   『帝国憲法改正案を帝国議会の議に付するの件審査報告
                         (審査委員長・枢密院副議長)
       『新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)』
       『帝国議会に於ける憲法改正案審議経過』 
                   
                 
川中新田五人組御改帳』
                   『河内扇〔大和川新旧水路絵図入り〕』 
                   『河内扇の記〔河内扇の由来〕』 
                   『和泉名所図会』
                   『河内名所図会』
     
イメージ 1

 
 また、府庁本館5階「正庁の間」の隣接展示室にも、公文書館が所蔵する本館が建てられた当時の写真や資料を出展しています。隣接展示室は、平日の水曜日・金曜日の「正庁の間」の 一般公開(利用時間:10時〜17時)にあわせて公開していますので、こちらも是非ご覧ください!
イメージ 2

この記事に

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事