東京地形・湧水さんぽ

まちを歩いて記録する、それが楽しみであり、今できること

西武池袋線沿線さんぽ

すべて表示

第18回 東長崎駅〜千川上水落合分水を歩く

皆さん、お元気ですか。
超大型連休、そして平成から令和への改元の時、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、お散歩おじさんの「平成最後のお散歩」レポートを綴りたいと思います。
という割に、地味なコースですけれど(^^)

イメージ 1

スタートは、西武池袋線の東長崎駅です。
ここから、西に向かって数分所沢方向に歩いて行くと、千川通りの標識があります。
「ここから」って書いてありますね。
千川通りは、正式には東京都道439号椎名町上石神井線といって、ここ(豊島区南長崎6丁目)から、練馬区上石神井1丁目までの道路です。

イメージ 12

千川通り沿いには、江戸時代、玉川上水から分水して江戸城の城北地域に上水を送っていた千川上水が流れていました。下の写真で見ると、この交差点で左奥の方から流れてきて、ここで左折していました。

イメージ 2

そして、もう一つ、千川上水の本流とは反対方向に流れていく分水がありました。落合分水です。それでは、落合分水の痕跡をたどりながら歩いてみましょう。
上の写真の交差点から中野通りを南下、南長崎6丁目の交差点から目白通りに入ります。
そして、南長崎はらっぱ公園の前を通って、次の信号まで歩きます。すると、下の写真の場所に出ます。落合分水は、右の細道の方に流れていました。

イメージ 3

通り沿いで見かけた美容室の看板。
古風な感じですねぇ。ミツコさんってどんな方なんだろう?

イメージ 14


通りの両側には、落合ゴルフガーデンとアイテラス落合南長崎(都営大江戸線の落合南長崎駅)があります。よく見ると、この通りの左右は、少し高くなっていて、落合分水が浅い谷の中を流れていたことが分かります。水路に沿って脇道に入ると、グンと細い路地が見えてきました。いかにも水路跡という雰囲気です。今は西落合遊歩道という名前になっています。

イメージ 4

遊歩道は、新青梅街道に出たところでおしまいです。
街道を跨いだ先にちょっぴり細い道があって、そこからは普通の車も通る道路になります。

イメージ 5

ここで、近所にある我が国の鉄道模型のパイオニア、KATOのショールームに立ち寄ります。
お散歩おじさんは子どもの頃から鉄道模型が好きで、今でも楽しんでいるのです。
ショールームの前には、ナント、京急の旧型電車が保存展示されています。

イメージ 15

1時間くらいKATOのショールームで過ごして、お散歩再開です!
落合分水が流れていた頃の古い地図を頼りに歩いて行くと、道路が急に狭くなる場所に出ました。落合分水はここで左に屈曲していました。

イメージ 6

こちらがその道です。

イメージ 7

この蛇行した感じが水路っぽくていいですね。

イメージ 8 イメージ 9

とうとう、妙正寺川との合流点に到着しました!

イメージ 10

妙正寺川の反対側に回り込んで合流部を眺めます。
普段は水が流れていないのですね。

イメージ 11

妙正寺川、春の風景です。
それでは、皆さん、よい連休を!

イメージ 13

その他の最新記事

すべて表示

ボクの朝ごはん!

2019/5/18(土) 午後 5:20

うまい!団子ドッグ!

2019/5/4(土) 午前 9:07

関越道高坂SA(下り線)の新発想グルメ。 コッペパンにホイップクリームを流し入れ、その上に、ドン!とみたらし団子をトッピング。クリームと甘辛い醤油だれが合う。ぜひお試しを。

新宿・戸山公園、桜満開へ!

2019/4/3(水) 午後 8:59

皆さん、こんにちは。 お花見はされましたか? 今日は新宿の戸山公園に出かけてみました。 まさに桜満開直前!とても綺麗でした。 公園内にある箱根山は築山。 てっぺんの標高は44.6メートルで山手線の内側のいちばん高いところです。 桜を斜め上から見下ろす眺めは格別です。 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事