ここから本文です
Ham Radio 修理日記
修理のご依頼はメールアドレスを内緒で投稿してください、現在3か月以上お待ちいただいています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全221ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

TS-60V 修理

TS-60V 表示部のケミコン液漏れしています。
清掃し交換、ご希望で照明はLED黄色(暖色系)に交換。

イメージ 1

メモリ―電池は3Vを下回っていましたので、ホルダー式に交換しました。

イメージ 2

オーディオのケミコンも交換しました。
各部再調整。

イメージ 3

up、downのキーが逆についているとの指摘、一度スポンジ交換の為
開けられたようですね、キーは正常位置へ、スポンジは交換されていましたので
そのままにしておきました。

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-850S 修理

TS-850S 修理でお預かりしました。

イメージ 1

DDSユニット、一見よさそうですが、

イメージ 2

ケミコンの液漏れが始まっています。

イメージ 3

全数交換、
後期型のDDS ICでした。
イメージ 4

ボイスメモリーユニットのメモリー電池。

イメージ 6

電圧低下の為、ホルダーに交換。
イメージ 5

表示ユニット、ここのケミコンも液漏れがあり交換。

イメージ 7

オーディオのケミコンも交換。
各部再調整。

イメージ 8

交換部品

イメージ 9

清掃し完了です。

イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-120S 修理

TS-120S 21Mより上がアンロックになったり、不安定です。

イメージ 1

PLLユニットの2SC460、劣化のため交換。

イメージ 2

VFOのオーバーホール

イメージ 3

RX切り替えリレー交換

イメージ 4

固定用CHのクリスタル、3.5M帯の場合2Pのコネクター(緑線の入った方)
をこの位置にします、元の位置ですと28M帯と判断してしまいます、
3.5と28のソケットが共通の為です。

イメージ 5

煙草のヤニで汚れたつまみ類を洗います。

イメージ 6

交換部品

イメージ 8

完了です

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

IC-736 修理

IC-736 アンロック送受信しません。

イメージ 1

VCOの動作が全くしていません、
CPUからのデーターがフラットケーブルの接触不良で途切れていた為でした。
腐食もあり清掃し手直したところ、動作するようになりました。

イメージ 2

再調整

イメージ 3

電源部のケミコン液漏れ

イメージ 4

全数交換

イメージ 5

ファイナルのケミコンの液漏れは特にひどいですね

イメージ 6

清掃し交換しました。

イメージ 12

各スイッチがチャッタリング、全数交換

イメージ 7

手直しした後が多数ありましたが、触らずそのままにしてあります。

イメージ 10

各部再調整

イメージ 8

交換部品

イメージ 9

メーター照明はLED化しました。

イメージ 11


この記事に

開くトラックバック(0)

FT-757GX 修理

FT-757GX 修理でお預かりしました。
電源を入れる度に7MHz、メモリーが駄目ですね。

イメージ 1

お持ちの方、注意してください!
取っ手が劣化して破損します、持った途端この通り…

イメージ 8

メモリ―電池同じものの新品が手に入りました、

イメージ 2

メーター照明をLEDに、ヒートシュリンクで取り付けました。

イメージ 3

周波数再調

イメージ 4

受信感度再調整

イメージ 5

交換部品

イメージ 6

清掃し完了です。

イメージ 7


この記事に

開くトラックバック(0)

全221ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事