ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

TM-942S 修理

TM-942S プリアンプ取り外し依頼です。
430と1200MHz用の外付けプリアンプが付いています、
取り外し、各部再調整します。
イメージ 1

表示部はLED化し、ケミコンを交換しました。

イメージ 2

ファンが回りません、22Ωが破損していました。

イメージ 3

バックアップ電池ホルダーへ

イメージ 4

ビス交換、清掃し完了です。

イメージ 6
イメージ 5

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-751D TR-851D 修理

TR-751D、851D 
エンコーダーがスリップしています。

イメージ 1

こちらは音が出ません

イメージ 2

ボリューム接点外れの為、手直し。

イメージ 3

エンコーダーもばらして清掃

イメージ 4

SSB、BFOが不安定、トリマー不良で交換。

イメージ 5

メモリ―電池交換します。

イメージ 6

ホルダータイプへ。

イメージ 7

各部再調整、LED化し完了です。

イメージ 8

こちらも同じくLED化、完了です。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-811D TS-711D 修理

TS-811D、711D お預かりしました。
ボリュームのガリ、スイッチの接触不良があります、
接点洗浄、タクトスイッチ交換しました。

イメージ 1

電圧はありますが、交換します。

イメージ 2

ホルダー式に

イメージ 3

各部再調整。
イメージ 4

サイドのゴム足、取れやすいですね。
パーツ取りで頂いたリグから移植しました。

イメージ 5

LEDに交換、清掃し完了です。

イメージ 6
 

この記事に

開くトラックバック(0)

FT-4800 メモリー出来ず

FT-4800 周波数飛びでお預かりしました。

イメージ 1

エンコーダーの接触が悪いので、分解清掃。

イメージ 2

メモリーが保持できなく、電源を入れる度初期状態でした。
ご希望の電池ホルダーへの交換ですが、この機種は取り付けスペースが無く、
ケーブルも取り出せません、ですが電圧は3.2Vと電池に問題ありません?

イメージ 3

電池の出力が4.7Kを通った後、断線しています。

イメージ 4

補修したところメモリ―保持できるようになりました。

イメージ 5

各部再調整

イメージ 6

バックライトをLEDに交換、清掃し完了です。

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-780 動作不安定

TS-780 電源を入れしばらく使えないとの事です。

イメージ 1

電源部の13.8V、TX9Vが安定していません、温まると電圧が正常になります
調整用半固定ボリュームの不良の為でした。

イメージ 2

交換し調整、動作安定しました。

イメージ 12

CWでセミブレークインが出来ず、送信が切れないとの事です、
VOXモードに切り替えるだけで送信してしまいます。

イメージ 4

何故かQ60が常に働いたまま、トランジスターは正常ですがコントロール電圧が
低いのでコレクターが"H"のままです、追いかけるとここから繋がっています、
DELAY調整用のボリュームが220Kのところ1MΩあります、
この為Q60のベース電圧が十分に上がらず、VOXスイッチを入れただけで
送信した状態になっていたんですね。

イメージ 3

どちらのトラブルもAVR基板、この電池の液漏れが悪さしたのかもしれません。

イメージ 7

電圧があっても使用期限は守った方がよさそうです、液漏れしています。

イメージ 8

電池ホルダー入れ替えました。

イメージ 9

スクリーンがずれています。

イメージ 5

貼り直し

イメージ 6

2mのパワーが時間が経つと低下、ドライブ段の離調でした、
再調したところ安定、その他すべて再調整。

イメージ 10

安定しました、完了です。

イメージ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

全230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事