ここから本文です
Ham Radio 修理日記
修理依頼はメールアドレスを内緒で投稿してください。現在3か月待ちです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

TS-780 送受信不良

TS-780 周波数が大幅にずれ、パワー低下しています。

イメージ 1

周波数ずれはIFの41.560MHzのずれでした、
パワーの低下、感度不足も離調によるもので、再調整。

イメージ 2

PLLの97.293MHzここも大幅にずれ、再調整。

イメージ 3

RF、CARユニットすべて再調整します。

イメージ 4

IFの2SC460全数交換及び再調整。

イメージ 5

電池カバーのナイラッチ破損で交換。

イメージ 6

電池ケース破損、交換

イメージ 7

メーター照明をLEDに、外部スピーカーが使用できず
イヤホンジャック破損、交換しました。

イメージ 8

ビス類交換、清掃し完了です。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

FT-690 送受信不良

FT-690 時々受信できますが不安定で、
送信時リレー音はしますがon airランプが点灯しません。
電源を切り替えるリレーが不良で、密閉式のDSリレーに交換しました。
ピンが合わないので線を引き出し処理、電源の切り替えなので
問題なしです。

イメージ 1

バックアップ電池交換

イメージ 2

ケミコンの液漏れ全数交換、メーター照明LED化、
電池押さえスポンジの交換をしました。

イメージ 3

調整中

イメージ 4

ビス類も交換し完了です。

イメージ 5

この記事に

開くトラックバック(0)

FT-290MK供〜受信不良

FT-290MKⅡ ブースター部からのパワーが出ず、感度も極端に悪い状態です。
前面からのANTコネクターからは3W、感度も良好です、

イメージ 6

本来ブースター部を取り付けRCAを差し込んだ状態では、前面のANTコネクターからの信号はここに出力されるよう切り替わるはずです。

イメージ 1

パーツを外し分解してみるとここが破損し切り替わらない状態でした、

イメージ 2

ボンドでは上手くいかず、交換しか手がありませんが手に入りません
接点を外しRCA側に切り替わった状態に固定しました、

イメージ 7

各部再調整

イメージ 3

周波数は大幅にずれ、再調整しました。

イメージ 4

MODE切り替えスイッチが不調、タクトスイッチ交換しました。

イメージ 5


この記事に

開くトラックバック(0)

IC-736 電源入らず

IC-736 電源が入りません、
電源スイッチを入れると一瞬リレー音がします、電源ユニットのケミコン液漏れ容量抜けと思われます。

イメージ 1

ケミコン全数交換、電源が入りました、
28V、13.8V再調整。

PA部の電解も液漏れ…

イメージ 2

清掃し交換

イメージ 3

各部再調整

イメージ 4

ATUが動作せず、調べるとモーターが回っていません。

イメージ 5

内部分解し確認

イメージ 9

回転部分の一部が外れています、今回は手直ししましたが、
ステッピングモーターはIC-7600用が流用出来ます、一緒にケーブルも必要です。
ステッピングモータ MP-24ZA(271000800)
ケーブル OPC-1630(8900015420)
在庫はICOMさんに確認してください。

イメージ 6

交換パーツ

イメージ 7

メーター照明をLEDに交換し、清掃完了です。

イメージ 8


この記事に

開くトラックバック(0)

TS-670 感度が悪い

TS-670 年季が入っていますね。

イメージ 1

先ずはエアーで埃を飛ばします。

イメージ 2

受信感度が悪いのはBPF、T/R、50Mアンテナ切り替え各リレーの接点不良、

イメージ 3

オーナーさんに手配していただいたDSリレー密閉型に交換しました。

イメージ 12

電源を逆接して煙が出たとの事で中古基板を一緒にお預かり、交換します。
逆接防止ダイオードが溶けてしまっています、本来電源を逆接すると
このダイオードでヒューズを切り保護するようになっていますが、
ヒューズが入っていなかったか、大きなアンペア―ヒューズが入っていた為
溶けてしまったと思われます。

イメージ 4

各部再調整、IF部受信感度再調整。
FMユニット再調整

イメージ 10

VCO、RF再調整、
O.PのゼネカバユニットのVCOも再調整。

イメージ 11

SSB f特性

イメージ 5

このディップスイッチで調整

イメージ 6

300Hzと2700Hzの2トーン、クロスするポイントに調整

イメージ 7

メモリ―電池の電圧はありましたが、腐食していた為、ホルダーに交換しました、
基準周波数再調整。

イメージ 8

その他、
メーター照明をLEDに交換、BANDスイッチ接触不良の為、
タクトスイッチ交換しました、清掃し完了です。

イメージ 9



この記事に

開くトラックバック(0)

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事