ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

TS-130V 修理

TS-130V 修理でお預かりしました。
音は出ず、パワーも出ません。

イメージ 1

各ボリュームの接触不良があります、RFゲイン、AFゲイン
接点洗浄していくと徐々に受信してきました、
VFO内部の2SC460を交換します。

イメージ 2

結果、各ユニットの2SC460、リレーなど交換し、調整。
復活しました。

イメージ 3

ランプもLEDに交換、各所清掃し復活しました。

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-751 受信音ひずみ

TR-751 周波数がずれている、との事でお預かりしました。
周波数のずれはありませんが、FMモードで音が小さく歪んでいます。

イメージ 1

SSBでは問題なく、SGの周波数を数キロずらして聞くと多少良くなります。

イメージ 2

FMディスクリのコイル調整が大幅にずれています、
意図的に回したような感じですね。

イメージ 3

SG入力30dBμ、1kHz、Dev3.5Kにてオーディオ出力最大に調整します。

イメージ 4

PLL再調整

イメージ 5

IF再調整

イメージ 6

照明をLEDに交換しますが、メーター照明はオリジナルのグリーンキャップを使うと赤線表示が見えにくくなるため使用しません、
その他タクトスイッチが接触不良のため交換。

イメージ 7

交換部品

イメージ 8

清掃し完了です。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

TW-4000 S、RF共振れません、薄く点灯している感じです。

イメージ 1

原因はケミコン液漏れで表示ドライバーICのパターンが断線しています、
交換パターン修正。
照明をLEDに交換、メモリー電池は3V以上ありました。

イメージ 2

調整はシンセ部から

イメージ 3

VHFのファイナル

イメージ 4

U/V IF各部再調整。

イメージ 5

変調もきれいです。

イメージ 6

交換部品

イメージ 7

清掃し完了です。

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

TM-741D 修理

TM-741D 操作できないキーがあります。

イメージ 1

内部を確認すると、ケミコンが外れ液漏れでひどい状態

イメージ 2

基板を清掃し、断線しているスルーホールを修正します。

イメージ 4

スイッチにも侵食しています、スイッチ交換しパターン修正。

イメージ 3

受信バンド切り替え用スイッチのLEDが断線していました。

イメージ 5

ボタン止めスポンジ交換。

イメージ 6

時計用メモリー電池交換、バックライトをLEDに交換します。

イメージ 7

各ユニット調整、1200のfずれ、430の受信感度低下で再調整。

イメージ 8

内臓スピーカーのビリつきの為交換、
交換部品

イメージ 9

出力切り替えボタンが欠落、表示が違う物ですが取りつけました。

イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

IC-820M 点検

IC-820M 点検依頼です
ポジ液晶ですね、大きな問題はありませんが各部再調整します。

イメージ 1

使用時間と共にどうしてもずれる、基準周波数。
PLL部から再調整します。

イメージ 2

受信感度再調整中

イメージ 3

照明をLEDに交換しようとすると、照明の1っか所に赤色LEDが入っています。

イメージ 4

送信時、無変調で

イメージ 5

変調をかけると大きさと共に、LEDが明暗します。

イメージ 6

これですね、追加基板

イメージ 7

清掃し完了です。

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事