起業の目

起業に向けての案内役をしています

高齢者向けイベントが少ないために

 以前、わたしの水泳仲間で80代のKさんが、「歳を取ると、お金を使うことがなくなるから、困るんだよ」と話していました。この場合の困るは、お金が溜まって困ると言うことと理解しました。若い人は羨ましいかも知れませんが、お年寄りのこのような発言には切実なものがあります。  政府は、若い人への資産移転を狙って、高齢者から子どもや孫への贈与税を軽減する方針を固めています。これまで手付かずだった高齢者の資産に対し、このような仕組みを作ることで、多くの人に関心をもってもらうことはよいことです。資金を溜め込んだまま認知症などになっては悲劇です。  ところで、第一生命経済研究所の試算では、高齢者による消費の総額は101兆円にも上るといいます。この金額は、日本の個人消費全体の4割強にあたるそうです。逆に若い人の消費額は年々減少しています。9すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 安倍首相が主張していた、日銀による大幅の金融緩和が実行され、対ドルの円相場は98円から99円と就任以来円安が続いています。この円安によって、輸出企業の業績好転が期待され、日経平均株価も1万3千円台と大幅に上昇しました。安倍首相としては、当初の目論見通りで万々歳でしょうが、このままでは終わらないのが経済です。 今日も読んで戴きましてありがとうござい ...すべて表示すべて表示

馬鹿げた厚労省の助成金の話

2013/4/14(日) 午後 8:20

 これから起業する人の中には、人から聞いた話として、起業すると国から助成金が受けられると信じている人がいます。また、起業支援や会社設立の手助けを行う社労士や行政書士にも、助成金をエサに会社設立を勧める人がいるようです。起業するだけでそこそこの金額の助成金がもらえるなら、そんなおいしい話はありません。  確かに、厚労省が行っている助成の中に、「受給資 ...すべて表示すべて表示

 現代は、利便性が売り物のコンビニ店が、商品を宅配までしてくれる時代です。多くのお客さんの希望に沿って、サービスはますますエスカレートしています。2000年にいち早く、寿司の宅配サービスを思いついた経営者が首都圏にいました。その昔は、寿司は宅配が主流でしたが、回転寿司が増えてからは、宅配サービスはあまりみなくなりました。  このビジネスアイデアは ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事